事件関連の情報

草加市金明町、女子高生集団暴行の犯人は誰?名前や顔画像、学校はどこ?犯行動機がヤバイ!

埼玉県で少年少女らが信じられない事件を起こしていました。

県内に住む少年少女ら6人が、私立高校1年の女子生徒(16)に殴る蹴るの暴行を加え、脚や顔に全治約2週間のけがを負わせていたものです。

なぜそのような行為を行ったのか?今回はこの事件について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク


草加市金明町で女子高生1人を集団リンチで殺人未遂か

事件があったのは、2020年4月19日(火)の午後7時~8時ごろのこと。

草加市金明町の広場で、県内の高校1年の女子生徒(16)に殴る蹴るの暴行を加え、脚や顔に全治約2週間の怪我を負わせる事件が発生!

この事件で傷害の疑いで逮捕されたのは、吉川市に住む塗装工の少年(15)、草加市に住む専門学校生の少女(15)、その他、高校生を含む15~18歳の少年少女ら合計6人。

一人を集団で暴行するという非常に悪質な行為、集団での暴行はエスカレートする可能性が高く、また怪我の度合いもひどくなる場合があり、殺人未遂と言ってもよい犯行です。

なぜこのような悪質な犯罪を行ったのか?

女子高生集団暴行事件の動機は?

今回の事件を起こした犯人6人と、被害にあった女子生徒は同じグループの仲間であったとされています。

その暴行のきっかけとなったのは、「彼氏と仲良くした」「うそをついた」など女子同士のトラブルから、集団による女子生徒への暴行に発展したとされています。

現在判明している情報からはまだ詳しい背景はわからないものの、集団で暴行して良い理由とはならず、非常に悪質な犯罪であることは確かです。

スポンサーリンク

女子生徒、集団暴行の事件現場はどこ?

集団暴行の犯行が行われた現場ですが、詳しい情報は出ていないものの、「草加市金明町の広場」であるとされています。

金明町に「ふれあい広場」といった広場が3つほどあり、いずれも民家から近い場所にもありますが、その中でも人目につきにくい「第二ふれあい広場」で犯行が行われたのではないかと考えられます。
※あくまで推測です。

スポンサーリンク




女子高生集団暴行の犯は誰?名前や顔画像・学校は?

今回の事件を起こしたのは、いずれも未成年の高校生や専門学校生など6人。

犯罪を犯しても未成年ということで少年法のくくりに入るため、名前や顔画像の公開がされていません。

ただ、実質「殺人未遂」にもなる犯行を行っている悪質な集団であるため、学校や職場は、退学や解雇などの対応、罰則も懲役刑が妥当なところかと思われます。

名前:不明
年齢:15歳
職業:塗装工少年
住所:吉川市

名前:不明
年齢:15歳
職業:専門学校生
住所:草加市

他、高校生を含む15~18歳の少年少女4人

▼罪状:傷害罪

スポンサーリンク




女子高生集団暴行の犯は誰?名前や顔画像・学校は?

どんな事情があっても暴力は認められない。少年法なんていらない塀の中で後悔しろ。

昔広島でもリンチされて殺されて山に捨てられた事件があって震えたけど、こういう時代遅れな事する子っているんだね。

最近ツイッターなどで女子高校生への集団リンチの様子が度々挙がってますね。
男子ですら女子高生を殴る蹴る。見ていられない状況です。
サイバー警察はこういう案件も精査して被害届が無い暴力にも対応して欲しい。

私は20代の頃に、会社で一番のイケメンと友達になったが為に意地悪女数人から嫌がらせされました。
因みにその中の一人の元カレでした。何時の時代にも、彼氏や彼女と仲良くしたとか横取りする気か?といった性質の問題は無くなりませんね。
そんな嫌がらせや暴力沙汰を起こしたら、彼氏や彼女に嫌われるだけなのに。

とんでもない話だ。突発的衝動的な暴力なのか、コロナ禍のストレスなのか、また別の原因があるのか。いずれにしても暴力に訴えるのはよろしくないだろう。
コルク事件もそうだが、そろそろ少年犯罪の刑罰も見直す時期に来ているのではないだろうか。

昔から女子のグループが嫌いで、中学の頃は1人でいましたが、男子とは仲良くて休み時間はよく話してましたが、それが良くなかったのか、女子から省かれたり、変な噂を流されたりしましたね。いつの時代も女子は、めんどくさい。

スポンサーリンク




最後に

今回の集団暴行事件、加害者である人物たちが悪いのは大前提ですが、元々そうした犯行を起こすグループであったことは明らかで、あまり良い集まりではなかったと思われます。

こうした犯罪グループは基本的には一人では何もできず群れることで、気が大きくなり事件を起こす傾向にあります。

集まりを防ぐといったことは難しいですが、犯罪を犯せば罰せられるということを教えるためにも厳しい処罰で同様の犯罪が起こるのを防止していく必要があると思われます。

~こちらも読まれています~