×
MENU
その他のニュース

【特定】カシオペア緊急停止 迷惑撮り鉄男3人の名前だれか正体判明か? モザイクなし顔画像流出で矢板市どこか特定

カシオペア緊急停止の迷惑撮り鉄

6月3日の午後、栃木県矢板市の踏切で「寝台特急カシオペア」が緊急停止する事態が発生しました。

当時、現場では3人の男が敷地内に侵入して線路脇で危険な撮影をしており、その一部始終の犯行が映像に残されていました。

様々な場所で迷惑や違反行為を繰り返している「迷惑撮り鉄」と呼ばれる一部の人物、今回の行動をおこした男たちの正体とは。

矢板市で迷惑撮り鉄がカシオペアを緊急停止させる

この騒動がおきたのは2023年6月3日(土)の午後6時ごろとされていて、現場となったのは栃木県矢板市にある踏切近くの事でした。

当時、鉄道ファンらに人気の「寝台特急カシオペア」がこの踏切付近を通過している最中に事件は発生。

3人の男が線路付近の敷地に入り込み、通過中だった寝台特急カシオペアにあわや接触か?といった近くまで接近する事態を起こしました。

これによって寝台特急カシオペアが緊急停止し、現場は混乱状態になりましたが男らは現場から走って逃走を続けています。

この場所には他にも撮影をしに来ていた方がおり、犯行時の一部始終の映像が残されていました。

参照:接触スレスレ 危険な“撮り鉄” カシオペア緊急停止で逃走 「撮影されてる!」と叫び猛ダッシュ

スポンサーリンク


迷惑撮り鉄による線路敷地内侵入の一部始終映像

当時の様子が収められた映像がSNSを中心に拡散されています。

現場は栃木県矢板市の人気鉄道撮影スポット

今回の騒動が起きたのは栃木県矢板市の線路上で、蒲須坂駅と片岡駅の間で周囲には田園が広がる「鉄道撮影スポット」の1つでおこなわれていたようです。

寝台特急であるカシオペアは7年ほど前に定期運行を終えているようで、この時期は週に1度しか運転する姿を見ることができないとされています。

栃木県矢板市

スポンサーリンク




迷惑撮り鉄のモザイクなし顔画像から名前や身元だれか特定?

今回の騒動がおきた日、現場には50人ほどの撮り鉄が集まっていたとされていますが、マナーを守る人がいる中でこうした自分勝手な迷惑行為をする撮り鉄が一部出てきて大きな問題となっています。

これによって規制や決まり事などもどんどん増えており、自らの首を絞める行為を嬉々としてする理由とは?

また、この事態に対して警察は防犯メールで「悪質な鉄道写真撮影者を見たら通報を」とした呼びかけを行っています。

 
3人の情報を求める声がSNSを中心に上がっており、警察や鉄道会社の動きは現時点では不明ですが、特定までは時間の問題と考えられます。

こうした行為によって故意に電車を止めた場合には損害賠償を請求されることもあり、今回の事例とは別ですが下記のような例で損害賠償の請求がおきたことがあるようです。

・お酒を飲んで線路へ転落して電車を止めた際に300万円ほどの損害賠償
・事故で電車を止めてしまった際に800万円の損害賠償

また、今回の場合はどの罰則となるかは不明ですが、「往来妨害罪」なら「2年以下の懲役または20万円以下の罰金」、「威力業務妨害罪」なれば「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」、鉄道営業法違反だと1万円未満の科料が課されるされています。

鉄道ファンも一般人も怒りの声

民事で損害賠償はもちろんだけど、刑事でも裁きを受けてもらってそれをしっかり報道してほしいです。少しは抑止力になるかもしれませんよね。刑事事件となればしっかり名前と写真も公表したらいいと思います。

同じ鉄道カメラマンですが、これは言語道断以前の迷惑行為です!そこまでして撮りたいか!せっかくの旅行を楽しんでいるお客さんにも迷惑ですし、逆に他のカメラマンの皆さんも、良い気分がする訳が無いと思います!これは犯人がもし逮捕されたなら、賠償責任を請求すべきです!

うっかりホームの黄色い線を超えた程度(これも駄目だが)と違って、線路内に直接進入している。これは酷い。今まで厳重注意で済ませてきた事も多かったが、悪質なケースはしっかり摘発して再発防止に努めてほしい。

鉄道会社はこの件を訴えるべきだと思います。撮り鉄問題は何度も起きているのに、彼らが問題行為をやめないのはどうせ逮捕されないと思っているからです。見せしめでもいいので逮捕することで抑止力になる。つけあがらせている状態が一番だめ。いつもどおり注意喚起ぐらいで終わるのなら、結局ここまでの行為では何もされないということになってしまいます。