×
その他のニュース

御殿場南小学校懲戒免職教諭の名前誰か公表!田代英秋、飲酒運転の常習犯か?

2022年4月に、静岡県御殿場市立の小学校教諭が飲酒運転で事故を起こし事件で、静岡県教育委員会が8月3日付で懲戒免職処分を下したことを明らかにしました。

なくならない飲酒運転、、悪質な犯行にくだされた処罰ですが、免許をはく奪されても逮捕されても、その時は反省の意を述べても何度も繰り返しているのが飲酒運転。

公務員であり小学校の教諭といった立場での犯行、その人物の正体は。

御殿場南小学校の教諭が飲酒運転で逮捕

この事件は、2022年4月1日(金)の午前0時半頃におきていたもので、静岡県御殿場市東田中で酒を飲んだ状態で車を運転した男が、民家のシャッターに衝突する事故を起こしました。

事故後に受けた検査で男の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出され、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。

飲酒運転で逮捕されたのは御殿場市立南小学校の教師を務めていた男、田代英秋 容疑者(64)で、その後に沼津簡裁から罰金40万円の略式命令がくだされていますが、その悪質さから考えると刑事罰としては甘い処分。

田代英秋は「取り返しのつかない失敗をしてしまった」と反省の意を示しているとしています。

参考:コンビニ店員に飲酒運転注意されるも…再び運転し事故 64歳小学校教諭を懲戒免職ー静岡県教委

スポンサーリンク


田代英秋、飲酒運転で懲戒免職処分

御殿場市立御殿場南小学校の元教諭である田代英秋は、静岡県教育委員会が2022年8月3日付で懲戒免職処分を発表しています。

この公表に関して、静岡県の教育委員会が教諭の不祥事が相次いでいることを受けて、一部非公表としてきた免職処分の対象者の名前や所属を8月から原則、公表するとしています。

教師によるわいせつ事件、飲酒事件、体罰事件など、不祥事は全国でも多発しており、その中でも人の命に係わる重大なものも多いです。

教師の質の低下が叫ばれてもいますが、人手不足でもある教師という職業、人を育て人を介護する現場の人員補強を望む声が増えています。

 

田代英秋がヤバイ!コンビニ店員の制止振り切り飲酒運転

元教諭となった、田代英秋は当時、自宅で飲酒をしていてコンビニに行くために自家用車を運転してコンビニを訪れ、その様子を見た店員や客などから、車を運転しないように制止をされていました。

しかし、その制止の一切を無視して車を発進させ、見通しの良い直線道路をはさんだ向かいにある住宅のシャッターに衝突させています。

田代容疑者は再任用の職員として小学校で教師をつとめていて、新年度も低学年の担任をする予定でした。

 
破損被害を受けた住民

「普通に走っていればぶつかることないですよ。初めて聞いた、こんな所ぶつかったなんて。酔っぱらっていたんだね」

スポンサーリンク




田代英秋の顔画像や経歴、勤務学校はどこ?

飲酒運転で逮捕された、学校を懲戒免職となった田代英秋について顔画像などの詳しい情報までは公開がされていません。

ただ、お酒がなくなったからといって車でコンビニまで出るといった行動から考えると、飲酒運転の常習犯でたまたまそのときは見つかって逮捕された、と考えるのが自然。

名前:田代 英秋
年齢:64歳
性別:男
職業:教師(元)
学校:御殿場南小学校
住所:不明
罪状:飲酒運転(酒気帯び運転:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金)

 

続く教師の不祥事による懲戒免職にネットの反応

64歳ということは60歳で退職金支給されてその後、再任用職員として現役時の6割強の給料貰ってます。ボーナスもひと月分ちょい貰えます。65歳の3月が任期満了なので残り約半年。懲戒免職といっても金銭的にはどうってことないでしょ。名前が公表された方が取り返しのつかないことと思います。

取り返しのつかないことをしてしまったというのは飲酒運転をしたことではなく、いつも飲酒運転していたのにたまたま事故を起こしてしまったという意味。自制心あればそもそも飲酒運転などしない、退職金はなくて良い。相当後悔させないと無免プラス飲酒運転で人身事故起こすだけ。

先生の倫理観がなくなっている。御殿場の市教委は不登校児童がいても重大事案にせずまた、校長先生と市教委の職員が生徒を虐めて不登校にさせておいてそれも問題視していなかった。だからこんな問題も続けて起こる。御殿場市はそんな市であると言っているようなものだ。問題があれば積極的に情報公開をして重大な事案になる前に対策を打つべきである。

「逮捕」の段階で懲戒処分を下すのは、推定無罪の原則に反する。会社や役所の職務規定により異なるが、裁判で有罪確定して初めて懲戒処分を下すところもあれば、起訴の段階で懲戒処分とするところもある。我々が理解しておかないといけないのは、「逮捕」はあくまで刑事訴訟手続き上のイチ手段であって、有罪が確定したわけではないということ。昔の刑事ドラマのノリで、逮捕が犯罪解決や懲戒処分だザマーミロと思ってはいけないということ。

有罪ならもちろん公表でいいけど、裁判だって数年かかるだろうに、のちに無罪となったらどうするのさ?しれに、誤認逮捕でも公表されちゃうの?

静岡県教委は最近あまりに不祥事が多いから思いきったことしますね。いいんじゃないんでしょうか。犯罪レベルのことやらなければ懲戒免職になりませんし、自業自得でしょう。他の県も見習ってほしいです。

不起訴=無罪と勘違いしている人物が多いね。刑法上では罰せられはしないけれど、現行犯逮捕など実際に犯行を行っている場合もある。それでも本当に「無罪」なのだろうか?それであれば例えば殺人未遂などの犯罪を犯してなぜか不起訴などになった人物を集めた住まいを作って、隣室などにぜひ暮らしてほしいものだ。問題がないはず。