×
その他のニュース

明石市、ミイラ化遺体発見の現場どこか判明!旧明石市市立図書館の屋上で成人男性死亡か?高校生が発見、身元は誰で死因は何?

9月26日(日)の夕方、兵庫県明石市にある市立図書館の屋上で、ミイラ化した遺体が発見されました。

遺体は死後数カ月は経過しているとみられますが、その身元は誰なのか?

旧明石市市立図書館の屋上にミイラ化した遺体発見

この出来事が明らかになったのは、2021年9月26日(日)の午後5時ごろのこと。

兵庫県明石市にある、旧明石市市立図書館の屋上に、息抜きのために夜景を見ようと訪れたとされる、市内に住む男子高校生3人が男性のミイラ化した遺体を発見しました。

遺体はあお向けに倒れていて目立った傷はなく、服を着て靴も履いており、成人とみられていますがミイラ化していて年齢などは不明の状態。

死後数か月は経過しているとみられています。

スポンサーリンク




明石市、ミイラ化遺体の現場屋上とはどこ?

遺体が見つかった現場は、明石市明石公園内にある「明石市市立図書館」の屋上部分とされていますが、詳しい場所は不明ですが現場の状況から南東側の屋上であると考えられます。

また、発見されたと思われる屋上部分には外からの階段が、直接続いているのが見えるため、こちらの建物の屋上であれば簡単に登れたと考えられます。

※2020年3月末から立ち入り禁止であったようですが、ロープを張られているくらいで入ることは容易であったようです。

明石市市立図書館(地図では県立表記)
兵庫県明石市明石公園

スポンサーリンク




遺体の身元や死因は何?

発見された遺体について、身元を確かめるものを所持していなかったのか、現時点では誰であるのか?といった情報は判明していません。

ただ、ミイラ化しているといったこと、死後数カ月といったことから、死亡したのは冬場であった可能性が考えられます。

また、リュックサックやペットボトルなどを持っていたようで、他の所持品については明らかにされていませんが、その状況であれば休憩中に体調の急変でそのまま気絶(もしくは寝てしまった)ことにより凍死したといったことも考えられます。

事件性の有無については現状ではまだ不明なものの、現場となったのは人も多く訪れる公園、とはいえ3年前から閉館されおり、2020年には立ち入り禁止ともなっていた場所であったことから、なかなか見つからなかったようです。

スポンサーリンク




公園のど真ん中の施設にミイラ化遺体、、ネットの声は

これは……高校生たちのモラルの問題もあるが、ずっと見つからなかった遺体も問題だな。なんだこれ……?

そうだよね。発見して良かったけれど、それ以前に不法侵入だよね。けど、ホントビックリしたでしょうね。亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

不法侵入はそれはそれできっちり叱られるとして、仏さんは見つかって良かったんじゃないかな。しぬつもりで入り込んだかはわからないけど、逃走中の犯人とかだったら嫌だな…

廃墟探索で本当に怖いのは死体よりも生きた人間に出くわす方だったりする。そんな所にいる人間は大抵ろくなもんじゃないし、もし襲われても誰にも助けて貰えないからね…

高校生の不法侵入を咎めるべきか、それとも発見して通報したことをほめてあげるべきかだけど、少なくとも高校生が発見して通報しなかったらこの先ズーっと発見されなかったことを考えると、一応注意してほめてあげるべきかな。これが立ち入る禁止場所でなかったら表彰ものだったのにね。

利用されていない施設や廃屋等で白骨化した死体が見付かる例は全国で多々ある。今回はホームレス状態にある者が居住している内に病没したケースなのかとも思うが、建造物を曰く付き物件化し資産価値などを低下させるので、公共の建物は兎も角も私有物件については定期的な見回り監督が必須だろう。年間の死者数は100万人程度だがその内の01%即ち1000人はこの手の寂しい亡くなり方をするのかなどと思って居る。実際にはもっと多い様にも思うのだが。

 
※こちらはまだ不明点も多いので引き続き調査中