その他のニュース

三堀真由子さん死亡原因は?画像:新雪転倒、スノーボードの脱出方法は。湯沢町で平年の7倍の降雪

12月16日頃から日本上空に強い寒気が流れ込み、日本海側や山沿いの広い範囲で断続的に雪が降り続き、新潟の関越道でトラックなどの車、約1100台が雪で立ち往生し、自衛隊に災害派遣が要請されるほどの事態となっています。

各地域で例年以上の積雪の影響が出ていますが、そうした中で賑わうのはスキー場。

しかし、本来は楽しい場所であるスキー場で悲しい事故がおきてしまいました。

日吉健浩さん死亡原因は?湯沢パークスキー場、新雪転倒時のスノーボードの脱出方法。新潟県湯沢町土樽12月26日(土)、新潟県湯沢町土樽の湯沢パークスキー場で、スノーボードをしていた男性が雪に埋もれる事故が発生し、死亡が確認されました。...

スポンサーリンク

新潟県湯沢町、かぐらスキー場で死亡事故

この事故がおきたのは、2020年12月16日(水)の午後1時40分頃のこと。

新潟県湯沢町にある「かぐらスキー場」でスノーボードをしていた東京都江戸川区在住の女性、三堀真由子さん(33)が転倒し、新雪に埋もれる事故が発生しました。

三堀さんは一緒にスキー場に来ていた友人2人に救出され、病院に搬送されましたが、病院で死亡が確認されました。死因は窒息死。

楽しいはずのスキー場でなぜこのような事故がおきてしまったのか。

スポンサーリンク


スキー場での死亡事故、原因は何?

死亡した三堀さんは12月15日(火)から湯沢町を訪れていたようで、事故当時は上級者向けのジャイアントコースで友人とスノーボードをしていました。

コースを降りている途中で、三堀さんはぐれてしまい行方がわからなくなっており、友人がコースに戻ったところ、コース内の雪の中に頭から埋まっている三堀さんを発見。

友人2人はすぐに掘り起こし、そのまま病院に搬送しましたが死亡が確認されました。

 
事故当時の天候は吹雪で視界が悪く、警察は三堀さんがスノーボード中に誤って新雪にはまり転倒し、雪に埋まったとみて、詳しい事故の状況を調べています。
※転倒していたのはゲレンデ脇に新雪が1メートルほど積もった場所。

スポンサーリンク




新雪での転倒、スノーボードで脱出する方法は

事故当時、雪はまだ降ったばかりで新雪(パウダースノー)と呼ばれる状態であったようです。

この状態の雪に転倒してしまうと、どんどん埋まってしまい、そのまま沈んで身動きが取れなくなってしまうことがあり、かなり危険な状態です。

死亡した三堀さんは頭から逆さになる状態であったため、出ようともがいた際に口に雪が入って窒息となってしまったと思われます。

こうした場合の脱出方法として、参考になりそうな動画がありました。

 
一番危険なのは、パニックになってしまうことで、焦らずに対処することが重要のようです。

スポンサーリンク




かぐらスキー場とはどんな場所?

かぐらスキー場は、新潟県南魚沼郡湯沢町三俣にあるスキー場で、口コミなども多く、初心者から上級者まで楽しめる人気のスポットのようです。

▼公式HP

スポンサーリンク




事故で死亡した三堀 真由子さんについて

名前:三堀 真由子
年齢:33歳
性別:女性
職業:会社員
住所:東京都江戸川区西瑞江3丁目
死因:窒息死

三堀さんの同姓同名の方がFacebook上でみつかりますが、本人であるかは不明です。

スポンサーリンク




スキー場での死亡事故、哀悼と危険を訴える声

この日はこの方以外にも、もう一名このスキー場で亡くなっておられます。原因は違うかと思いますが。
私も当日このスキー場にいましたが、一本滑って危険と判断して帰りました。まともに滑れる状況ではなかったです。

雪に顔が埋まる前に、顔に手を近づけて口の周りにできるだけ大きな空洞を作る。
雪崩に巻き込まれた時もそうです。窒息時間を遅らせることができ助かる可能性も高くなります。

自分は当日同じかぐらスキー場のゴンドラコースにいて、
救急スノーモービルで心臓マッサージされながら搬送されているのを目撃した。
下山するまでに大分時間かかるしやはり助からなかったのか・・。御冥福をお祈りします。

深い新雪に埋まると、もがけばもがくほど沈みこんでいくし、パニックになると上下左右の方向感覚まで失われてしまう。
頭までずっぽりはまった時は、一度動きを止めて、体の前の雪を押して空間を作って、落ち着いてから動き出す。
上下の方向をしっかりと確認して、どう動けば足場が出来るか考えてから動いた方が早く抜け出せる。

新雪は「ふかふか」です。深いところに落ち込んでしまったら
「手掛かりが」ないので誰かの手助けがないと這い上がってこられないそうです。
以前スキー場で新雪に落ち込んで出られなくなっている上級者をインストラクターさんが慌てて救助していました。
やはり「窒息するかと思った!」をおっしゃってました。

スキー場でパトロールの経験もありますが、今回は非常なドカ雪。
また、スノボ・スキヤーに関係なく、ネットやロープ等で規制していても滑走禁止の場所にどんどん入りこんできます。
規制している場所はそういう危険があるからこそ規制している訳で、ボーダー、
スキヤーももっとモラルをもってスノーシーズンを楽しんでいただけたらと思います。
今回の件は非常に残念ででお悔やみを申し上げます。

日吉健浩さん死亡原因は?湯沢パークスキー場、新雪転倒時のスノーボードの脱出方法。新潟県湯沢町土樽12月26日(土)、新潟県湯沢町土樽の湯沢パークスキー場で、スノーボードをしていた男性が雪に埋もれる事故が発生し、死亡が確認されました。...
~こちらも読まれています~
×