その他のニュース

愛川町田代バイク事故で死亡の女子高生は誰?事故原因は何?バイク事故多発、、気を付けるべきことは。

痛ましい事故が発生してしまいました。。

9月8日(火)の夜、神奈川県愛川町田代を通る国道412号線で、県立高校に通う女子生徒(16)がバイク事故によって亡くなりました。

まだ16歳という若い年齢で閉ざされたしまった人生、、事故当時何がおきていたのか。

スポンサーリンク


女子高生が夜間ツーリング中に事故死

この事故がおきてしまったのは、2020年9月8日(火)の午後8時頃のこと。

神奈川県愛川町田代を通る国道412号線でバイクを運転していた16歳の少女が事故で死亡しました。

バイク事故で死亡したのは平塚市黒部丘に住む、県立高校1年の女子生徒(16)で、当時はSNSを通じて知り合ったバイク仲間とツーリングを行っていた最中でした。

楽しいツーリングが悲劇に変わってしまった瞬間、、現場では何が起きていたのか。。

スポンサーリンク

事故の原因は何?死亡はなぜ?

事故があった場所は、片側1車線の上り坂であったようです。

事故の原因はカーブの手前でバイクが転倒したとのことで、うまくカーブを曲がれなかったか、スリップしての転倒だったと思われます。

バイクは転倒したままガードレールに衝突し、そのまま道路から約5m下にある民家の敷地に転落。

この転倒と落下した際に、少女は全身を強く打ったことが要因で間もなく死亡しています。

※詳しい事故原因については警察がさらに調査中

少女は1カ月ほど前にバイクの免許を取得したばかりでした。

スポンサーリンク




バイク事故がおきた場所はどこ

現状では、事故が起きた場所については詳細がでていませんが、愛川町田代の412号線で上り坂にあるカーブ(下に民家)ということで、下記の2か所のどちらかではないかと思われます。

 
※現場付近の映像を見ると、ガードレールの設置状況などから上記が高いと思われる。

スポンサーリンク




死亡の女子高生は誰?学校はどこ?

死亡した女子高生については情報は出ておらず、未成年であることからこれ以上の情報は出ないと思われます。

学校については県立高校であるとのことですが、住んでいる近隣には学校が多数あるためどこの学校であったかは不明です。

名前:不明
年齢:16歳
職業:高校生
学校:県立高校
住所:平塚市黒部丘

 
バイクの免許は16歳から取得できますが、その範囲は原付から普通自動二輪(400CC以下)まで取得可能なようです。

運転をしていたバイクがどのタイプであったかは不明ですが、バイクのツーリングは原付などでも気軽に行われています。

スポンサーリンク




バイク死亡事故、危惧する声と悲しみの声

免許取って1か月、それでベテラン連中とともに夜間走行ですか?他のメンバーはちゃんと初心者に気を配って走っていたのかな?
夜間など限られた視界の中で走るには経験が必要です、正直時間やルートの組み立てが不適切のように思います。

こういう場合バイク経験の長い方が初心者を気遣ったペース配分を考えて休憩ポイントを多めに取る事。
ツーリングは物凄い全身疲労に襲われて帰り道睡魔に襲われて事故るパターンが多いから声がけするなどよく注意してあげて欲しかった。

バイクに乗り始めて1000kmは単独で「自身の慣らし運転」をするべきだと思う。
一緒に走るとどうしても「付いて行こう」とういう気が焦って無理してしまう。お若い方の事故は哀しいです。ご冥福をお祈りします。

今はSNSですぐに仲間ができるけど、免許を取って1ヶ月くらいの経験の浅い人がいきなりツーリングとかに参加しないで欲しいな。
(オフ会レベルだったのかもしれないけど)
バイク乗りは多かれ少なかれ事故の経験があってそれを糧にしていろいろなことを学んでいくのに、最初の事故で死んでしまうのはあまりにも悲しい。
免許を取ることを許した親御さんも激しく後悔していることと思う。

免許取って1ヶ月程度じゃ何もわからないだろうな。必死にSNSで知り合った集団についていこうとしてムリしたんだろなと思う。
バイクに乗って自分の行きたい所に自由に行けるようになって嬉しくてって言うのも想像できるけど・・・
この子もそうだし親御さんの気持ち考えたら胸がモヤモヤしてくるね。若い命が残念でなりません。

元バイク乗りの62歳です。モトクロスレースもしてました。一般道でも、レース場でも何度も事故や怪我を経験しました。
今は、バイク屋で働いていますが、若い子には、小さい排気量から始めなさいと、私は言います。物足りないくらいで、慣れていかないと・・・
それにしても、夜間にマスツーリングなど、論外です。可哀想な事故です。

多発するバイク事故、気を付けるべきことは

この事故とは別に、9月7日にも名古屋市でバイクの転倒による死亡事故が発生しています。

状況などは違いますが、バイクは車よりも身を守るものがない状態のため、一度事故を起こすとより大きな被害を受ける可能性が高いです。

散歩にでかけるような軽装でバイクに乗っている人も多く、危機感を持って安全運転を心がけることが重要です。

港区の路上で2人乗りのバイクが転倒し、後ろに乗っていた20歳の女性が死亡しました。

7日午後10時45分ごろ、港区十一屋二丁目付近の県道で20歳の男女2人が乗る2人乗りのバイクが転倒しガードレールに衝突する事故がありました。

警察によりますと、2人は病院に運ばれましたが、バイクの後ろに乗っていた緑区のアルバイト小坂彩さん(20)が多発外傷でおよそ2時間半後に死亡が確認されました。

バイクを運転していた会社員の男性(20)は全身打撲などの軽傷です。

現場の道路は緩やかなカーブになっていて警察は、バイクが乗用車を追い越したあとカーブを曲がりきれなかった可能性があるとみて、事故の原因を詳しく調べています。

~こちらも読まれています~
×