×
MENU
事故

中村櫂斗くん中村隆さん死亡、柏崎中央海水浴場で水難事故だれか判明で原因は何か【現場画像】

8月16日(月)の午後、新潟県柏崎市にある海水浴場で、小学生の男児が流され、救助しようとした祖父がおぼれる事故が発生しました。

その後に2人は発見されましたが、どちらも死亡しています。

連日のように続く水難事故での死亡、、海水浴場で起きた事故の原因は何だったのか?

柏崎海水浴場で8歳男児と祖父が溺れて意識不明

この事故がおきたのは、2022年8月16日(月)の午後2時過ぎごろとされてて、現場となったのは新潟県柏崎市東港町にある「柏崎中央海水浴場」で、消防への通報から事態が発覚。

「人が倒れていて意識や呼吸がない。もう一人行方不明だ」

小学生の男の子、中村櫂斗くん(8)が海に流され、それに気付いた祖父の中村隆さん(69)が助けに入るも、まもなく溺れて動かなくなったことに気付いた近くにいた人が引き上げたましたが、祖父の中村隆さん意識不明の重体で病院へ搬送されました。

中村櫂斗くんはゆくえがわからなくなっており、警察などの捜索隊が探していましたが、午後5時半ころに事故現場から400mほど離れた海岸に打ち上げられているのを発見し、意識不明の重体で病院に運ばれました。

参考:【続報】海水浴場で流され救助しようと…男児と祖父の死亡を確認【新潟】

スポンサーリンク


中村櫂斗くんと中村隆さんが死亡、事故の原因は何か

救助・発見された中村櫂斗くんは午後9時42分に搬送先の病院で死亡が確認され、祖父の中村隆さんも午後9時21分に搬送先の病院で死亡が確認されました。

家族での楽しい海水浴が一転して悲しみの事態に、、

中村櫂斗くんは当時、姉と祖父の中村隆さんとの3人で埼玉県から新潟県柏崎市にある柏崎海水浴場に遊びにきていました。

柏崎市は16日、波浪注意報が出されていて、当時現場では波の高さが2mほど、風速10mほどの風が吹いていたとされていて、波がつぎつぎと押し寄せ白波が立つ状態になっていました。

また、地元の人の声では、現場は離巌流なども発生することもあったようで、午後から波などが高くなったために「遊泳禁止」となっていたようです。

 

2人が死亡の柏崎中央海水浴場の現場はどこか

事故が起きた現場は下記の場所にある海水浴場で、この周辺は多くの海水浴場があって親しまれる場所でが、悲しい事故に暗い影が。

柏崎中央海水浴場:新潟県柏崎市東港町

スポンサーリンク




水難事故で死亡、中村櫂斗くんと中村隆さんについて

死亡した2人について判明しているのは次の情報ですが、当時は櫂斗くんの姉もいたようで年齢などは不明ですが、それほど離れてはないとかんがえられ、2人が溺れてしまって1人残された状況、心のケアなどが必要と思われます。

-祖父-
名前:中村 隆
年齢:69歳
性別:男性
職業:不明
住所:埼玉県?
死因:溺死

-孫-
名前:中村 櫂斗
年齢:8歳
性別:男の子
職業:小学生
住所:埼玉県?
死因:溺死

 

幼い子供も死亡の水難事故にネットの声は

最近の水難事故はだいたいがおこるべきしておこっている事案が多いと思う。少し気をつけるだけで命を失わないと思うのだけれど、なぜできないのか、、

確か祖父と姉弟で海水浴場に来てたという情報をみたけど、親は知ってたんだろうか。祖父の年齢を抜きにしても水辺では大人1に大して子供1の確保は必要だと思う。泳げる子のプールなら複数なんとかいけるかもしれないけど。昔は海川でよく遊んだけど、いざ自分が親になって水難事故のニュースを見ると川とかは絶対に行く気にならなくなった。開かれた海水浴場なら行くこともあるけど、かなり緊張して過ごして夫との声かけ分担は徹底する。夏休みも残りわずか、これ以上悲しいニュースが届きませんように。

非常に残念な事故ですが、この波の状態で祖父が子どもを監督するのはすこし無謀ではないでしょうか。当時注意報や、遊泳禁止となっていたとのこと、正常な判断能力があれば防げた事故ではないでしょうか。大人が傍で見ているから大丈夫というだけでは安心できないこともあります。荒れた天気が続く時こそ、特に敏感になるべきだと思います…もっと見る。

おじいちゃんは溺れている孫を見て、とっさに助けにいったのでしょう。「溺れている人がいたら、助けには行かずに水に浮くものをなげたりして救助要請」と、水難事故時の対応をTVで言っていましたが、自分の子供や孫が溺れかけている時に果たしてそれができるのか…。もしそれを守ったとして、結局助からなかったら、子供(孫)が息耐えるのを目の当たりにした辛さ、そして自分が助けに行かなかったことを一生悔やむような気もしてなりません。助けに行かれた祖父の方の気持ち、痛いほど分かります。私も同じように助けに行きます。

「波浪注意報」「強風注意報」「遊泳禁止」・・・これだけでもすでに完全にアウトの条件です。祖父の方は孫を助けようとして海に入ったのでしょう。気持ちとしては理解できます。そのまま孫が溺れていくのを岸で見ているだけなんてできなかったでしょう。夏の水難事故は本当にあちこちで起きていて悲しい限りです。危険なところにはまず近寄らない、そして安全を守って川や海で遊ぶというのが鉄則です。家族にとって楽しい夏が悲しい思い出に変わらないようにどうか気を付けてほしいと思います。