×
事故

石津幸宏の顔画像経歴、綾瀬市深谷上事故どこか現場特定!小学6年生男児が横断歩道で車にはねられ意識不明重体、現場映像・画像

痛ましい事故がおきてしまいました。

2月27日(日)の午前、神奈川県綾瀬市にある信号のない交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた小学6年生の男児が、車にはねられる事故が発生。

男の子は意識不明の状態で病院に搬送されており重体の状態で、この事故で車を運転していた男(52)が警察に逮捕されています。

綾瀬市深谷上、横断歩道で小学生男児が車にひかれる事故

この事故がおきたのは、2022年2月27日(日)の午前10時45分ごろのこと。

事故がおきたのは神奈川県綾瀬市深谷上3丁目にある市道で、近くに住む小学6年生の男児(12)が歩いて横断歩道を渡っていたところ、走ってきた乗用車にはねられました。

この事故で児童は頭を強く打っており重傷を負っており、意識不明で病院に運ばれ重体の状態となっています。

神奈川県警の大和署は、車を運転していた綾瀬市寺尾釜田に住む会社員の男、石津幸宏 容疑者(52)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで現行犯逮捕しています。

スポンサーリンク


石津幸宏、事故を起こした理由がヤバイ!

この事故を起こした石津容疑者は、事故の原因について次のように述べています。

「横断歩道を渡る人に気づいていたが、ぶつからないと思い減速しなかった」

事故がおきた現場は、信号機が設置されていない十字路交差点片側1車線の道路でした。

当時、男児が横断歩道を渡っていましたが、現場にブレーキの痕跡はなく、車が一時停止せずに直進したとみて警察が事故原因を調べていますが、把握していての事故であるので故意的な行動さえ考えられます。

むしろこの行動からはクラクションなどを鳴らしてせかしていた可能性も考えられ、普段からそうした危険で横暴な運転をしていたことが予想されます。

 

12歳男児が犠牲に、、綾瀬市深谷上での事故現場どこ?

事故がおきたのは「綾瀬市民スポーツセンター」などがある場所のすぐ目の前の交差点

神奈川県綾瀬市深谷上3丁目

スポンサーリンク




石津幸宏 容疑者の顔画像や経歴、余罪や前科は?

逮捕された石津容疑者に関して判明しているのは以下の情報ですが、SNSなどから本人の顔画像や経歴などを特定するには至っていません。

名前:石津 幸宏
年齢:52歳
性別:男
職業:会社員
職場:不明
住所:神奈川県綾瀬市寺尾釜田3丁目
罪状:自動車運転処罰法違反:過失致傷(懲役7年以下または罰金100万円以下)

余罪や前科についても不明ですが、こうした事故は普段からの不注意や暴走運転など様々な要素が積み重なって起きる場合がほとんどで、逮捕などされていなくても日常的に危険な運転をしていた可能性はあります。

また、同様に逮捕まではいかなくても、交通違反やマナー、ルール違反などを行っている自動車、自転車、歩行者などは非常に多く問題視する声はでていますが、取り締まりなどはなかなかされず、放置されているのが現状。

 

信号のない交差点横断歩道での事故、ネットの声は

近所に住む者です。ここの横断歩道は歩行者が渡ろうとキョロキョロしていても、全く停止しません。すごい勢いで飛ばしてきます。いつか事故が発生するのではと思っていました。お子さんの回復をお祈り致します。

横断歩道で待っている歩行者に対して無視するドライバーの多いこと。自分も完璧ではないので反省しないといけないが、バイク乗ってて歩行者のために止まったら、後ろから平然と抜いて行くクルマってなんなんだ?と憤ることもあります。

こういうドライバーの検挙歴はどうなっているのか。過失でも故意でもたいがい兆候があると思うのだが。たとえば故意の信号無視や右折レーンからの直進とか横断歩道で歩行者を押しのけて通るとか一発取り消しでいいと思う。現実問題、抑止への効果は薄いかもしれないが厳罰化は必須だと思う。

ちょうどこの間警察24時の番組でこの横断歩道のと同じような事で捕まってた人がいた。歩行者が渡っていたけど、距離や歩行者の歩く速度を見てだと思うけど今のは絶対危なくなかった!と警察へ何度も反論していました。車が通っても歩行者が考えて渡るだろうという考えが危険です。この番組見てハッとした方、今回のような事件で自分も気をつけないとと思い安全運転する方が増えていくことを願います。

反対車線が渋滞で歩行者がいるかどうかわからない横断歩道付近を減速しないで平気でかっ飛ばす車が多いんだよね。減速しておいて良かったって思ったことは10回にも満たないけど、減速してなかったら人身事故になってた可能性が高いのが数回あったから、減速することが無駄だとは思っていない。でも、基本的に減速しない人の方が多いくらいだから、横断歩道だからと言って物陰や車の陰から出てくるときは歩行者も安全確認はしっかりすることを推奨します。

一時停止軽視が過ぎる。私は交差点や横断歩道を渡る時は、あえてできるだけ車側に顔を向けないようにして、目だけ動かして確認する。なぜなら、目が合うと運転者は、歩行者が先に横断するのを許さないように「先に渡ろうとしたら轢くぞ」と脅すかのように加速してくることが少なくない。こちらが車を認識していないそぶりを見せれば、運転者も脅そうとはしないようだ。