×
MENU
事件 PR

郡山市、青木和弘の顔画像は?カラオケ店で渡辺秀司さん転落殺人!稚拙な犯行動機

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2019年12月28日(土)日の夜に、郡山市にあるカラオケ店で、口論になった2人が階段から転落し1人が死亡するという事件が発生しました。

警察が相手を死亡させたとして、口論相手の48歳の男、青木和寛 容疑者を傷害致死の疑いで逮捕しました。

スポンサーリンク


渡辺秀司さん殺人致傷事件の概要

事件が起きたのは、12月28日(土)の午後10時20分頃のことでした。

郡山市内にあるカラオケ店で、市内に住む渡辺 秀司さん(51)と口論になり、もみあいの末に階段から転落させて死亡させた疑いがもたれています。

2人は別のグループで店を訪れており、事件当時はともに酒に酔った状態だったということです。

 

渡辺さんは頭を強く打って病院に運ばれましたが、およそ6時間後に死亡し、青木容疑者もいっしょに転落した際に手首を骨折して入院していました。

警察によると、その場に居合わせた店員や目撃者の話、防犯カメラの映像から、青木容疑者が渡辺さんを転落させた疑いが強まり、12月29日の夜に青木容疑者の退院を待って逮捕しました。

スポンサーリンク


事件のあった場所はどこ?

事件があった場所は、郡山市内にあるカラオケ店「グー」のようです。

カラオケ グー 郡山文化通り店
〒963-8878 福島県郡山市堤下町10−20

スポンサーリンク


口論の末、渡辺さんを殺害した青木和寛 容疑者

犯人の名前や住所などの情報は出ていますが、現在画像などは出ていないようです。
※情報が入り次第更新

名前:青木 和寛(あおき かずひろ)
年齢:48歳
職業:農業
住所:郡山市三穂田町下守屋上豊

罪状:傷害致死

犯行動機は何?

今回の傷害致傷事件に至った犯行、青木容疑者が殺人にまで至ったきっかけは何だったのでしょうか?

目撃情報や証言をまとめると、どうやら「トイレ」の利用を巡って口論となり、もみ合いになり、階段から落ちたとされています。

また、お酒に酔っていたという情報もあるため、年末の忘年会などでお酒を飲みすぎていて気が大きくなっていたのでしょうか。

忘年会などのシーズンになるとお酒を飲んでのもめ事を起こす人が増えてきますが、お酒を飲んで暴れたり、人に迷惑をかけるのであれば一人だけで迷惑をかけない場所で飲むべきですね。

スポンサーリンク


階段から落とされて死亡した渡辺秀司さん

名前:渡辺 秀司(わたなべ しゅうじ)
年齢:51歳
職業:トラック運転手
住所:郡山市

スポンサーリンク


トイレを巡って口論からの殺人事件にネットの反応は

お酒を飲んだ上での取り返しのつかない失態、譲り合いの精神が大事ですね。

なんでもかんでも否認ばっかり。否認したり黙秘しても良いけど、防犯カメラ画像などで犯行立証されて起訴になったら、刑期倍になるようにしたら良いのに。
お酒は理性を失わせてしまう非常に危険なものになりうる可能性があります。飲酒がらみの事件が多い中、今回のように人を死に至らしめてしまう取り返しのつかない事態にならないようにしてほしいです。
トイレのケンカで人生が終わらせられるってイヤだな。
僕は弱い人間です。ですから、もしトラブルなりそうになったら僕が悪くなくても頭を下げてその場を去ることにしてます。
男らしくないって考える人もいると思います。それでも、無事にアパートに帰宅してビール飲みながらスポーツニュースを見る。
トイレで人生終わりなんて・・・。二人ともこうなるとは思っていなかっただろうが、こうなるのが人生。
譲りあいの精神があればね。心にゆとりを持ちたいね。
酒飲んで、気が大きくなって口論、そして突き落す。お決まりの否定ですね。正気に成って、後悔凄いだろうな。
酒は飲酒運転も含め人の理性を失わせ命まで奪い取ってしまう。記憶にないではすまされない。超厳罰にしてほしい。酒は覚醒剤のレベルになってます。
カラオケ店で酩酊して、ふと尿意を催してトイレに立ち、そこで出会ってはいけない2人の男性が顔を合わせてしまったのですね…。
便器は1つだけだったのでしょうか。温和に譲り合えば何事もなく済んだのでしょうが、どちらかがちょっとした牙を向けたが為に、酔っ払い同士の諍いが起こったのでしょう。
些細なことで他者に攻撃的な言動を取る、さもしい人が増えた気がします。

スポンサーリンク


最後に

渡辺さんを殺害してしまった青木容疑者、お酒を飲んだ上でのこととはいえ、普段から酒ぐせなどが悪かったのでしょうか?

何にしても、もう取り返しのつかない出来事です。

犯行を否定しているようですが、目撃証言なども出ていて逃げることはできません。

残りの人生すべてをかけて、しっかりと自分が行ってしまった罪を償うべきでしょう。