×
事件 PR

森島悠希の顔画像経歴!女子大学生襲い全治1ヶ月、大阪市東淀川区豊里の自宅や狂気の犯行動機

森島悠希
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

女子大学生のあとをつけて脅して大阪市内にあるマンションに侵入し、女性を殺害しようとしたとして殺人未遂などの疑いで、大阪市東淀川区豊里に住む自称会社員の男、森島悠希 容疑者(26)が逮捕されました。

その身勝手で狂気の犯行動機がヤバいと注目を集めています。

大阪市のマンションで女子大学生が襲われ全治1ヶ月重傷

この事件は2022年11月中旬の夜におきていたとされており、現場となったのは大阪市内にあるマンションでした。

当時、徒歩で帰宅中だった20代の女子大学生が男に尾行され、マンションのエントランスで「部屋に案内しろ。殺すぞ」と襲われて、顔などを殴る蹴るの暴行を加えられました。

女子大生は犯人がエレベーターに乗り込んだ隙に、近くにあったコンビニに逃げたことから、店員が府内の警察署に通報して事件が発覚しています。

暴行を受けた女子大生は頭部打撲など全治約1カ月の怪我をしました。

その後に防犯カメラの映像などから、、殺人未遂などの疑いで大阪市東淀川区豊里に住む自称会社員の男、森島悠希 容疑者(26)が逮捕されました。

参照:「ストレス発散のため」尾行した女子大生暴行 殺人未遂容疑で26歳男逮捕

スポンサーリンク


森島悠希が容疑否認、犯行動機がヤバイ

逮捕された森嶋容疑者と女子大学生の間に面識はなく、犯行動機について次のように述べています。

「仕事や家庭の日常的なストレスを発散するためだった」

また、犯行については次のように意味不明な供述をして容疑を一部否認しています。

「私の考えの中で殺す、殺さないの意図はありません」

殺意は否認していますが、一方的に「殺すぞ」と首を絞めてボコボコにしていて、その怪我は頭部と頸部の打撲、皮下血腫、前額部挫創、四肢打撲・挫創、咽喉頭粘膜下出血多数に及んでおり全治4週間の重傷。

これを殺意なくやったということであれば、同様の事件を何度でも繰り返すといったいったことと同義。

 
また、この事件に関して捜査関係者の話として次のように述べられていますようです。

「抵抗する女性を振り回し、集合ポストや壁に押し付けるなど暴力を振るった上で床に引き倒し、頸椎に回し蹴りしたり、ローキックしたり、顔面を踏み付け、殴りまくっている。女性のカバンの中身が床に散らばると“3秒以内に拾わな殺すぞ”と脅し、しゃがんだところでボールを蹴るように顔面にキックを入れた。女性は顔が腫れ、精神的にもだいぶショックを受けている」

森島悠希の顔画像経歴、余罪や前科について

逮捕された森嶋容疑者に関して逮捕後に続々と新たな情報が出てきています。

近くの駅から女子大学生を付け回しており、さらに暴行を加えた後に部屋にも押し入ろうとしていたことから、性的暴行を加えたりといった「強盗強姦」の犯行も行うつもりだった可能性もあり、その手慣れた犯行から余罪がある可能性も指摘されています。

名前:森島 悠希(もりしま ゆうき)
年齢:26歳
性別:男
職業:会社員
職場:不明
住所:大阪府大阪市東淀川区豊里
罪状:殺人未遂(死刑または無期もしくは5年以上の懲役)

自宅は新築の一戸建て住宅で、約5か月ほど前に引っ越してきたばかりで、同年輩とみられる奥さんと幼い男の子がいる3人家族とされています。

森島容疑者を知る知人女性の意見として次のものがありました。

「数年前、駅のホームでおじさんと肩がぶつかり、顔がわからなくなるまでボコボコにする事件を起こしています。ちょうど奥さんが妊娠中で、父親になる直前に何をやっているんだか。一度キレたら手がつけられなくなるみたいです」

スポンサーリンク




実の母親がパチンコ中毒で育児放棄?容疑者の過去

森島容疑者は大阪府吹田市の出身で、3人姉弟の真ん中であったようです。

また、小学生のころに両親が離婚し母親が子供をを引き取り集合住宅で暮らしていたそうですが、母親がパチンコ好きで朝から打ちに行くため育児放棄に近い状態にみえたとする知人女性の声が出ています。

そのため3人ともガリガリにやせ細っていて毎月の給食費も払えない状態でしたが、無神経な先生がみんなの前でそれをばらしてしまいクラスメートに責められる場面もあったとしています。

 
基本的にはおとなしい性格だったようですが中学時代にワルに憧れて、突然他校に乗り込んで喧嘩しては負けて帰ってきたことも。

母親に金を無心しに来て玄関ドアを開けるまで蹴り続けたり、些細なきっかけで前述のように男性をボコボコにするまで殴るなどの暴虐ぶりをみせたこともあるようで、すでに事件を何度もおこしていたとされています。

また、同級生などの声として次のよう声が出ていたようです。

「昔からイキりたがる傾向はあったが、成人してからもその雰囲気は変わらなかった(やり返されそうな相手は避けるようになったのか、暴力を向ける先は、中年男性や女性と体力差で上回りそうな相手ばかり)」

参照:《面識ない女子大生を尾行、首絞め「殺すぞ」》 26歳男の“勝てそうな相手にイキる”クズすぎる素顔

女子大学生を殺害未遂、森島悠希の凶行にネットの声

こういう悪質なケースにおいては理由なく懲役30年以上くらいにした方が良い。犯罪の証拠の裏付けがとれた時点ですぐ判決ような仕組みにしてよいと思う。もちろん審議が必要な事件に関しては現在と同じような手続きを踏む必要があるが。

ストレス発散が理由じゃなく、元々こういう犯罪を犯す輩だっのであり、動機は後付の理由でしかないだろう。ストレスが無ければこんなことしなかったと、自分を何とか守ろうとしての発言だろうが、ストレスで人を襲う人など、極めて稀であることに先ず気付け。

ストレスの発散方法が間違ってる。これはあくまで氷山の一角。表に出ないところで、弱い者が標的になり、毎日のように、他人の目がない家、会社、電車、通りすがりなど小さな危険に晒されている。誰かを攻撃することでしかウサがはらせない人が一定数いるし、なくならないのも残念ながら現実。

殺意を否認しても殺すぞと脅して暴行したら殺意有りで殺人未遂ですよ。少しでも罪を軽くしようと言い訳する奴にはに厳しい罰を与えたらと思います。

こういうので狙われるのはいつも女性ですね。女性の皆さん気をつけて下さいね。オートロック付きだからってなんも安心できませんよ。あんなの簡単に開ける方法もあるし、一緒に入られたり、他の入居者と一緒に入ってきたら何の防犯もないですよ。部屋の戸締りはもちろん、もし帰宅時に男がついてきてると思ったらすぐにマンションに戻らずにもう1周するとかどこか寄り道するとか邪魔くさいけど自分の身を守るために対策をした方がいい。たまにベランダの鍵は開けっ放しの人いるけど最上階も屋上から簡単に入れるし上の方に住んでてもベランダの鍵も絶対に締めた方がいい。

命が助かって本当に良かった。いきなりこんな目にあって、痛くて怖くてショックだったろうに、冷静に逃げられてこの方本当に凄いな。私だったら体が硬直して逃げられなかったと思う。自分のストレスを発散させるためとかって言ってるけど、この女性はこんなひどい怪我を負って、もしかしたら、一生取り返しがつかないような傷を負ったり、命を無くしていたかもしれなくて。そのストレスどう発散すれば良いと思っているのかな。こういうオートロックの後追いの事件、最近多いと思う。小3の娘にはマンションとかエレベーターに入る時は、誰か男性がついてきてないから確認するように言ってるけど、限界あるよね。自分の家ならホッとするだろうし。

~こちらも読まれています~