事件関連の情報

中田充に死刑!福岡母子3人殺害事件、警察官の夫に福岡地裁の判決!被告の顔画像、事件詳細は?

【速報情報】です。
2017年6月6日、福岡県小郡市の住宅で元県警警察官の妻子3人が殺害された事件で、妻への殺人罪で起訴された元警察官の中田充被告(39)の判決が出ました。

判決結果は検察の求刑通りの「死刑」

今回の事件では状況証拠のみでの立件でその状況での「死刑判決」に話題を呼んでいます。

赤痢の集団感染!山形県酒田市の保育所で22人が罹患。感染場所と感染経路は?山形県で12月12日、酒田市の保育所の園児5人と園児の家族の高校生1人が細菌性赤痢に感染したとの発表がありました。 この1週間で同...
青梅市、小川和男さん殺害事件!1億円を狙った強盗殺人?逃亡中の犯人情報一部判明!12月14日(土)午前2時頃、東京都青梅市成木で、無職の小川和男さん(67)が自宅で何者かに襲われ、殺害されるという事件が発生しました。...
谷和幸、江戸川区で10歳女子児童をストーカーし逮捕された人物とは?【顔画像】東京・江戸川区で学校から帰る途中の小学5年の女の子に付きまとい後ろ姿をスマートフォンで撮影したとして、33歳の男がストーカー規制法違反で...

スポンサーリンク


福岡母子3人殺害事件の概要

福岡県小郡市の自宅で2017年の6月6日朝、中田由紀子さん(38)と長男で小学校4年の涼介君(9)、長女で同1年の実優ちゃん(6)の3人の遺体が発見された事件。

当初、福岡県警は母親である中田由紀子さんの無理心中と見ていましたが、翌日になり、一転、殺人事件と断定し県警小郡署に捜査本部を設置し、8日の夕方に由紀子さんの夫で福岡県警本部通信指令課の巡査部長・中田充容疑者(38)を、由紀子さんらに対する殺人の疑いで逮捕しました。

殺人容疑となった捜査関係者による理由

現場では、由紀子さんの首に絞められた際に生じる索状痕が確認できなかったが、司法解剖の結果、首の筋肉に複数の皮下出血が認められた。
さらに首の骨にはヒビも見つかっており、相当な力で圧迫されたと考えられる。
これらのことから、急きょ殺人に切り替えることになった。

中田充被告は、容疑を一貫して否認していました。

12月13日に福岡地裁で死刑判決!

2019年12月13日の14時30分に裁判が終了し、主文後回しで判決の言い渡しがあり、15時頃に判決内容が公開されることなりました。

判決内容は求刑どおりの「死刑」。

しかし、今回死刑の判決が出たものの、弁護側はおそらく控訴をしてくると思われるため、最近の死刑判決の覆しが頻発している状況、まだこれから先の進捗が気になりますね。

スポンサーリンク


事件があった現場はどこか?

西鉄小郡駅からほど近い、住宅が密集する場所です。

〒838-0143 福岡県小郡市小板井510−6

スポンサーリンク


死刑判決がくだった中田充被告の情報

本名:中田充(なかた みつる)
年齢:38歳
住所:福岡県小郡市小板井510-6
家族:妻 (由紀子38歳)
子供(涼介9歳、実優6歳)
職業:警察官(福岡県警察本部通信指令課・巡査部長)

地方転勤を繰り返し問題行動?

中田被告が県警本部に就いたのは、2016年の8月。

福岡県内の私立大学卒業後、警察学校を経て2002年10月に任官後は、県警管内警察暑の地域部門勤務、交番勤務、自動車警ら隊に就き、以降も久留米市や筑後市などの警察署を転々とし、県警本部通信指令課へ転勤していたようです。

中田被告は「転勤願い魔」として一部で有名となっていたようで、10年ほどの間に5回も自ら転勤を願い出て、転勤しています。

しかも転勤先では毎回のように人間関係を巡っていざこざを起こし、また転勤願いを出すという繰り返しであり、本来本庁への転勤は栄転とされるものの、県警本部の監視下に置くという意味合いが強かったとれています。

妻との日頃のいさかい

夫である中田充被告の度重なる転勤に不満を持っていたようで、実家近くに家を購入した件で妻の由紀子さんとの間でいさかいがあったようです。

また、中田被告が昇進試験で落ちるたびに強い叱責をするなどして頻繁にケンカもあったとされています。

スポンサーリンク


殺害事件発生時の状況

事件発生時の状況証拠としてまとめられた情報は下記の通りです。

状況証拠について

事件発覚時、2階建て民家の玄関ドアは施錠されていなかった。
⇒ 第三者が侵入した形跡はなし。

死亡推定時間は由紀子さんは6日の0時~6時、子供2人が同日午前0時~5時
⇒ 中田容疑者が出勤で自宅を出た6時45分頃までの時間と重なっている。

DNA鑑定の結果、由紀子さんの遺体の爪に残された皮膚片が中田容疑者のものと一致。
⇒ 中田容疑者の腕には引っかき傷も見つかっている。

由紀子さんの遺体周辺に撒かれた油に足跡が残されており、中田容疑者の当日履いていた靴底と一致。

夫婦仲が不仲であったという証言

被告のスマートフォンが犯行時間帯に自宅内を行き来している

死刑求刑の理由

直接的な証拠がない今回の事件で、裁判員裁判の争点は大きく2つでした。
・被告は真犯人か?
・真犯人ならば量刑は?

状況証拠を積み重ねて下記のように検察は求刑をしていました。

被害者3人は死亡するまで数分間継続して首を絞められているとして、「強固で確定的な殺意に基づく冷酷かつ残忍な犯行」

現職警察官が何の落ち度もない家族を皆殺しにした極めて衝撃的で重大、悪質な事案。

証拠隠滅や反省の態度が一切ないなど悪質さも高いとし、「死刑の選択はやむを得ない」

検察のこれらの主張が認められたようです。

スポンサーリンク


判決前のネットの意見

「状況証拠」しかないという状況に、これまでにも色々な意見が出ていたようです。

スポンサーリンク


最後に

今回の判決に、これからの裁判の行方なども左右されてくるかもしれません。
裁判の内容など、さらに詳しい状況が入り次第、詳しい情報を更新していきます!

青梅市、小川和男さん殺害事件!1億円を狙った強盗殺人?逃亡中の犯人情報一部判明!12月14日(土)午前2時頃、東京都青梅市成木で、無職の小川和男さん(67)が自宅で何者かに襲われ、殺害されるという事件が発生しました。...
渡辺司、渋谷駅近くで40代男性に暴行で逮捕!複数の男が逃亡との情報も【顔画像】東京・渋谷駅近くの路上で40代の男性を引き倒して暴行を加え、全治1カ月の重傷を負わせたとして39歳の男(渡辺 司 容疑者)が逮捕されまし...
岸和田逃走の野口公栄は、後藤久美子似の女番長だった?犯罪まみれの過去を暴露岸和田逃走犯で悪名を轟かせた「野口 公栄」容疑者が、ここにきて再度ネット上で話題を呼んでいます。 先日の逮捕劇から2週間近く、新た...
~こちらも読まれています~
×