×
事件

豊岡琉聖翔くん殺害!寺本由美の顔画像判明で寝屋川市の自宅どこか特定は。3歳孫を撲殺は祖母で介護士の女!全身にあざ虐待か?

衝撃的な事件の情報が入ってきました。

2021年7月、大阪府寝屋川市にある自宅などで、孫の男児(3)の頭などに暴行を加えて死亡させた疑いで祖母(46)が逮捕されたことが明らかになりました。

孫を殺害するといった狂気の犯行、、その人物は人を支える仕事をする介護士であったことも判明し、大きな注目が集まっています。

寝屋川市、豊岡琉聖翔くん3歳男児を祖母が暴行殺害!

この事件は、2022年7月30日(金)の午後9時~7月31日(土)午前11時半頃に犯行が行われていたとされています。

傷害致死と暴行の容疑で逮捕されたのは、大阪府寝屋川市に住む介護士の女、寺本由美 容疑者(46)

寺本容疑者は、当時3歳の孫である豊岡 琉聖翔(りせと)くんの頭や胸などに暴行を加え、31日午後3時頃に死亡させた疑いがもたれています。

琉聖翔くんは31日午後に体調が急変しており、寺本容疑者の次男が119番して救急搬送するも病院で死亡が確認されています。

「高熱が出ていてけいれんし、呼吸もないように思う」

可愛い孫を殺害した女の犯行動機とは何だったのか?

スポンサーリンク


寺本由美、孫殺害の犯行動機は何?

死亡した琉聖翔くんは、大阪府東大阪市内の住宅で両親と妹の4人でと暮らしていましたが、2021年7月27日から仕事の都合で寺本容疑者に妹(2)とともに預けられ育児を任せていました。(日頃から何度か預けていたとされています)
※寺本容疑者は琉聖翔くんの父親の母親

琉聖翔くんの司法解剖の結果、頭部に硬膜下血腫や脳の腫れが確認されており、死因は脳ヘルニアとされています。

警察は複数の医師の意見を踏まえて、琉聖翔ちゃんが頭を負傷した時間を特定しており、負傷は「暴行によるもの」との鑑定意見も得ており、その時間室内には寺本容疑者と妹(2)しかいなかったことから、寺本容疑者による暴行と判断し逮捕に踏み切っています。

また、寺本容疑者は容疑について次のように否認しています。

「琉聖翔が食事の前に水をがぶがぶ飲んだので注意したが、頭を殴ったかどうか覚えていません」

 

日頃から虐待?全身に6ヶ所のあざが、、

この事件の当時、2021年7月31日は午前11時半頃に寺本容疑者と同居する次男(20代)が外出先から帰宅し、寺本容疑者は正午頃に仕事に出かけています。

その後、次男が琉聖翔くんの異変に気づいて119番通報したのは夜ですが、すでにその時には琉聖翔ちゃんは死亡していたとされています。(死亡推定時刻は午後3時頃)

司法解剖の際に琉聖翔くんの顔や胸、両脚に6か所のあざが確認されていて、虐待行為があった可能性があると考えられています。

また、前日の7月30日にも寝屋川市内にある飲食店で、琉聖翔くんの頭を1回殴った暴行の疑いでも逮捕されており、こちらは目撃証言があったのではないかと思われます。

スポンサーリンク




寝屋川市、孫殺害の現場自宅はどこ?

事件がおきた現場は寺本容疑者の自宅だと考えられますが、下記の地域であったようで詳しい場所については確認中。

大阪府寝屋川市春日町

 

寺本由美の顔画像や経歴、余罪は?

名前:寺本 由美(てらもと ゆみ)
年齢:46歳
性別:女
職業:介護士
職場:不明
住所:大阪府寝屋川市春日町
罪状:傷害致死・暴行
※2022年1月にテレビのインタビューに答えていたことも判明。
 

殺害された豊岡琉聖翔くんの情報について

名前:豊岡 琉聖翔(とよおか りせと)
年齢:3歳
性別:男
住所:大阪府東大阪市
死因:脳ヘルニア(顔、胸など全身6カ所にあざも)

スポンサーリンク




介護士の祖母が孫を暴行・虐待で殺害、、ネットの声は

孫を日常的に虐待してたのか、いつも預かってて育児ノイローゼだったのかで心象が違う。どちらにしても、暴力があったなら駄目だし、死なせてしまったのは許されないけど。この件とは別だけど、祖父母に子供を預けすぎの人も多いと思う。私の職場の同僚も、娘が毎週末子供を預けに来てツライと話してたな。急に子供が熱出したけど仕事休めないとかそういう時に預かるのは良いけど、毎週だと体力が持たなくてツライと。親の体力が落ちてることも考えないと駄目だよね。

46歳で祖母となるまだ若い方だし、場合によっては自分の子供が3歳って人もいるくらいの世代だという事考えると人生2度目のイヤイヤ期で相当なストレスになって居なのかもしれない。やはり自分で産んだ子供と孫では感じ方も違うし大変だったんだろうと思う。自分も若くして子供を産んで育てているという事だろうから自分の時間がずっとないままただ子供を育て孫を育ての連続だったとしたらやっぱりメンタルの負担が多きかんたんだろうなと想像します。

日常的な虐待の疑いもあるとのことだがその場合、親に預けるときや家に帰ってからの状態などで預けた親は気づかなかったのだろうか。それとも子供からそんな風に感じ取れるような関係性ではなかったということなのだろうか。それとも母親の前に人間でありたいとか言って自分のことにかまけて子供のことなど気にしてないのだろうか。

人生は「子育て」だけじゃなく「孫育て」も視野に入れなきゃいけない。そしてそんな「孫育て」の背景には自分達が育てた「子育て」も大きく関わってくる事を知った方がよい。自分達の元で育った子供達が次は親になり子を持つのだから。自分の育てた子供が色んな事情で孫を育てるのがキツイ人生を歩んでしまっているのなら多少なりとも親の育て方の影響もある。子供の育て方が少なくとも孫育てとして自分達に返ってくる事も多々あるのでは。

この事件の原因とは違うと思いますが…私の義妹も、祖父母は孫の面倒を見るのが当たり前と思っています。私の母に対して、「自分はパートに行くので、その間、子供(2才と4才)を預かって」と言ってきました。母は「働くなら保育園に預けて」と言ったら、「両家で孫を取り合う家もあるのに」と逆ギレ。祖父母が孫の面倒を見るのは当たり前ではないことを自覚してほしいです。

40代で3歳児を1人で育てています。私の両親はいません。普段は保育園の先生方、熱を出せば叔母にお金を払いお願いしています。社会資源やサポートは、実際にはハードルが高く利用する事が難しく、正直大変ですが、やはり親が1番に頑張るしかないと思います。手を差し伸べてくれる人には感謝を忘れず、自分が出来ることを精一杯やるしかないと思います。