×
MENU
事件

栗原正太郎の顔画像・経歴、杉並区上荻殺人未遂の現場どこか特定!JR荻窪駅付近路上で男性を車で50m引きずる。映像、画像は

2021年7月、東京都杉並区のJR荻窪駅近くの路上で、車の運転を注意されたことに腹を立て、男性を車で引きずった殺人未遂の疑いで、武蔵野市に住む男(51)が逮捕されました。

近年車による引きずり事件の発覚が増えていますが、この事例は殺人未遂事件にも発展するほどのものであり、なぜそのような犯行に至ったのか?

杉並区上荻の路上で、トラブルから車で人を引きずり殺人未遂

この事件がおきていたのは、2021年7月16日(金)の午後8時半ごろのこと。

JR荻窪駅が近くにある、東京都杉並区上荻の区道上で、軽ワゴン車を運転中に自転車の男性会社員(21)に運転を注意されたことに激高し、運転席から男性の胸ぐらをつかんで車を発進させて、約50mに渡って引きずり回し、腰を打撲するなど全治28日間の大怪我をさせた男が逮捕されました。

殺人未遂の容疑で逮捕されたのは、東京都武蔵野市吉祥寺東町に住む農業の男、栗原正太郎 容疑者(51)

車で人間を引きずるといった狂気の犯行、なぜそのような行為におよんだのか。

スポンサーリンク


栗原正太郎の犯行動機は何?容疑否認、

逮捕された栗原容疑者は今回の事件に関して容疑を否認しています。

「けんかになって相手を小突いたが、殺意を持って引きずった事実はありません」

容疑を否認しているものの、事件から半年以上経過しており、現場付近には防犯カメラなどもあることから、誤認逮捕とは考えづらくまた、小突いただけで腰を全治28日も怪我する理由とは??

-事件経緯-
現場となったのは丁字路交差点で、男性会社員が自転車で右折したところ、前方から直進してきた栗原容疑者の車と接触しそうになり注意したことが発端とされています。

この付近は商店街のような場所となっており、レンガ状に路上に敷き詰められています。

当時、西に向かって走っていた栗原容疑者の車の前を、自転車に乗った20代の男性が横切る形で右折した際、栗原容疑者の車が少し加速したとして、男性が車の窓をたたき、「危ない」と抗議し、これに対して栗原容疑者が運転席から無言で男性の胸ぐらをつかみ、車を発進させたとしています。

男性はとっさに自転車を離し、両手で車の窓枠をつかみましたが、車はそのまま50mほど走り、最後は栗原容疑者が男性の手を振り払って、現場から逃走したとされています。

 

杉並区上荻、殺人未遂の現場はどこ?

騒動がおきた場所は下記の路上で、車2台は十分にすれ違うことができるほどの幅があるようですが、レンガ状にタイルが敷き詰められており、商店街(繁華街)のように各種店舗が密集しており、基本的には歩行者をメインとした作りでしょうか。

東京都杉並区上荻1丁目

スポンサーリンク




栗原正太郎の顔画像や経歴、余罪や前科は?

栗原容疑者に関して、顔画像は公開されており、SNSでは同姓同名の人物が数人見つかっていますが、本人のものは不明です。

名前:栗原 正太郎
年齢:51歳
性別:男
職業:農業
住所:東京都武蔵野市吉祥寺東町
罪状:殺人未遂(死刑または無期懲役、もしくは懲役5年以上)

こうした事件で、犯行を行った事実はあってもなぜか不起訴になる場合もあります。

ボンネットに人を乗せて蛇行運転や速度を出して振り落とそうとした事件などでも、防犯カメラにその映像がしっかりと残されていましたが、「そうした事実は一切ない」主張して不起訴になっている事件など、また不起訴理由なども明かされないことから、不審の声も上がっています。

今回の栗原容疑者に関して前科などは確認できる範囲ではないようですが、その行動からは同様の犯行もしくは何かしらのトラブルを起こす人物であった可能性は高く、余罪が複数ある可能性も。

 

早稲田のラグビー部出身、大手金属メーカーを退職して杉並で就農…経歴や現況がすぐに分かる人は、この手の問題を起こさないようにしないとね (‘ω’)

こうした書き込みがあり、実際に住所等一致する情報は多く顔画像もありますが、本人の確証は得られていません。(似ているといえば似ている、メガネなどで少し不確か)

 

車で人引きずる殺人未遂事件にネットの反応は?

このようなケースでは誰でも「殺意はなかった」と吠える、これは自分の量刑を軽くするため以外のなにものでもない。

これは誰が考えても危険極まりない所業であり、自分がそのような目な遭ったら何と吠えるのだろうか、アッそうですか、ということでは治まらないはずである。

いや、車で引きずったら最悪死ぬ可能性があるというのは常識的は判断でしょ?それでも構わずやったのなら、未必の故意が成立して余裕で殺人未遂になるんじゃないの。

ヘッドロックで半身不随とかドラレコ・監視カメラがあっても関係ない輩はいる。注意しない方が身のためとなると輩は勘違いして好き勝手し放題。面倒くさい時代になってきた。

『けんかになって相手を小突いたが、殺意を持って引きずった事実はありません』引きずった事は認めるが、殺意はなかったと言いたいのかな?50mも引きずっといてそれはないだろう。

胸ぐらを掴んだまま車を発進させといて殺意はありませんでした…の言い訳が通る訳がないだろう。ひとつ間違えれば大けが、また命を奪ってもおかしくない。そんな言い訳が通用するか。

車で引きずる行為は良くありません。けれども、“自転車と自動車が接触しそう”については、一時停止の有無と順守状況、自転車の状態(左側を走っていたのか?ライトを点灯していたのか?)などを総合的に判断しないと、善悪が分かりませんね。