事件関連の情報

山末優克の顔画像は?葛飾区のシェアハウスで同居20代女性に強姦未遂!犯行動機がヤバイ、、

驚きの事件が起きていました。。

東京都葛飾区でシェアハウスで同居する20代女性に性的乱暴をしようと、ケガを負わせたとして、会社員の男(22)が逮捕されました。

シェアハウスで暮らす顔見知りに対しての犯行、、犯人の異常さがわかる事件ですが、この事件はなぜ起きたのか?

今回はこの事件について調べたいと思います。

スポンサーリンク




葛飾区のシェアハウスで20代女性を強姦未遂

この事件が起きたのは2020年7月13日(月)の午後のこと、強制性交致傷の疑いで逮捕されたのは、山末優克 容疑者(22)

山末容疑者は、葛飾区内にあるシェアハウスで、20代女性の部屋に侵入して待ち伏せし、帰宅した女性に性的暴行を加えようとして抵抗されたため、顔面を殴るなどの暴行を加えて全治2週間のケガをさせた疑いが持たれています。

被害女性の悲鳴を聞いて、別の部屋に住む男性が駆け付けたため、山末容疑者は現場から逃走していましたが、5日後の7月18日に埼玉県内にあるパチンコ店で見つかり、身柄を確保されていました。

犯人はシェアハウスの同居人!犯行動機がヤバイ、、

山末容疑者は被害女性と同じシェアハウスに住んでおり、女性とは顔見知りでした。

女性の部屋には窓から侵入し、帰宅を待ち伏せしていたと供述しています。

今回の犯行動機については下記のように述べており、その異常さと身勝手さがわかります。

「自暴自棄になり自殺を考え、死ぬまでに女性と性行為がしたくて襲った」

スポンサーリンク

山末優克 容疑者の顔画像や情報は?会社はどこ?

名前:山末 優克(やますえ ゆうき)
年齢:22歳
職業:会社員
住所:東京都葛飾区

▼罪状:強制性交等致死傷罪
無期又は6年以上の懲役

スポンサーリンク




シェアハウス強姦未遂事件にネットの声は

やはりシェアハウスは友人同士とか、ある程度信頼関係のある人や同性でやらないとダメですね。

こういうのがあるからシェアハウスは無理。ちゃんとしてる所はしてるかもしれないが、見知らぬ他人との共同生活は怖い

こういう外れた人間のせいで今後の規制が厳しくなり女性限定とか、男性のみとか、物件探しに一苦労するんだぞ。どんな内容でもルールを破るから規制がどんどん厳しくなる。

シェアハウスの特性を考えるとやっぱり仲のいい友人同士じゃないと不安だよね。
まぁ同性ならまだいいだろうけど知らん異性はどうしたってリスクある。
やばいやつは思った以上にどこにでもいるからリスクのある行動を極力減らしていかないといけない。

この犯人の輩が行った犯罪はもちろん論外だが、男女が一つ屋根の下で生活するんだから、こういうことが起きてしまうのは想像に難くない。
事件化していない、又は未遂なども含めてこの手のアブナイ事象は他にも多く発生しているのではないだろうか。
シェアハウスを選ぶ際には、特に女性はそういったリスクを十分に考慮に入れて、女性限定物件を選択するなどして身を守らないといけないのではないのでしょうか。

顔見知りに対してだし、現場も自分が住んでるシェアハウスだし、現行犯なのに、逃げるって…
それを選択するってだけでも相当頭ん中が空なんだと思う。
都内にもたくさんシェアハウスありますけど、こういうことがあると、若い女性の方々って、迂闊に住めなくなりますよね。
やはり、女性限定とかの物件が安心ということなのでしょう。

~こちらも読まれています~