事件

横浜市西区戸部本町、殺人未遂の男は誰で名前や顔画像、現場診療所はどこ?動機がヤバイ、、戸部医院、刃物で院長切られる

5月1日、神奈川県横浜市にある診療所で衝撃の事件がおきていました。

院長を刃物で切りつけたとして、71歳の男が逮捕されましたが、なぜそのような犯行に及んだのか?

スポンサーリンク

横浜市西区戸部本町の診療所で殺人未遂事件

この事件がおきたのは、2021年5月1日(土)午前9時20分頃のこと。

傷害の容疑で現行犯逮捕されたのは、横浜市南区に住む無職の男(71)で、横浜市西区戸部本町にある診療所で院長の男性(75)の下あごや胸など、4か所を持っていたカッターナイフで切りつけ、あごや指に全治1か月の重傷を負わせた疑いがもたれています。

事件が発生した直後、診療所の事務員が110番通報し、駆けつけた署員が容疑者を取り押さえたことで、逮捕となりましたが、あと少し遅れていたら、、

なぜそのような凶行に及んだのか?

スポンサーリンク


横浜でおきた殺人未遂事件、犯行動機がヤバイ

この事件では逮捕容疑は「傷害」となっているものの、あごや胸に怪我をさせたとしているものの、これは首筋や胸(心臓)などの急所部分を狙って外れただけの可能性が高いと思われます。

その行動から「殺人未遂」であると思われ、また警察も殺人未遂の疑いも視野に調べているとしています。

 
また、犯行動機については以下のようなことを述べていますが、その行動は明らかな狂人。

「数日前に処方された睡眠薬が以前のものから変えられ、効かなかったので、気にくわなくて医師を脅そうと思った」

スポンサーリンク




横浜市殺傷事件がおきた現場、診療所はどこ?

事件が起きたのは、戸部駅からすぐ近くの場所にある診療所で、戸部医院でおきていたようです。

戸部医院
神奈川県横浜市西区戸部本町

スポンサーリンク




傷害で逮捕、殺人未遂の71歳の男は誰?前科は?

逮捕された男について、なぜか名前などの情報が秘匿されています。

名前が出ない場合は様々な状況が考えられますが、裏で何かしらの前科(余罪)などから調べが進んでいる場合も。

名前:不明
年齢:71歳
性別:男
職業:無職
住所:神奈川県横浜市南区

▼罪状:傷害
15年以下の懲役又は50万円以下の罰金

※殺人未遂
死刑または無期もしくは5年以上の懲役

逮捕容疑は傷害となっているものの、悪質な犯行を今後も繰り返す可能性が非常に高いため、別の犠牲者が出ないように、残りの人生は一生を塀の中で過ごさせるのが望まれます。

スポンサーリンク




病院の診療所でおきた凶悪事件、ネットの反応は

自分の思うようにならないから切りつける。医療が自分の思うように成るならとても幸せだけど、医療を受ける事自体が幸せでないのだから、矛盾だね。このような行動する方に言っても無駄だろうけど。

薬は人によって効果の出方が結構違ったりする。睡眠薬だと慣れで効かなくなったり、強く効き過ぎまであるから、複数を順に試すとかも有り得る訳で。昨今、メンタル系のクリニックは予約取れるのが数ヶ月先とかもザラと聞くから、おいそれと受診先が変えられないのかも知れないが、医師側も患者側も、相性いい相手が見付かるまでガチャ状態なんだよね。

睡眠薬は同じ量でも飲み続けたら効かなくなってくるからな・・・。それに治療として飲んでるなら、いつかは減薬していくのが当たり前・・・。それは説明していると思うがね。薬を変えたのなら尚更。

内科外来で働くものです。睡眠薬などは国の取り込めが厳しく制限されており、1ヶ月以上処方できないなど定められております。自殺に使用する者もいますから。初老の男性にひと月以上処方できない旨を説明したら真っ赤になってワナワナ怒りだしたことがあります。そういうところが精神的に依存してるんだなーと思います。

今回の容疑者が生活保護受給者かどうかはわからないが、生活保護受給者の中には無料で処方された睡眠薬を転売している輩が多数存在する。彼等は先発薬品から後発薬品に変更されると激昂する。なぜなら後発薬品だと買い叩かれることが多いので。

他人、ましてや医療関係者に刃物で危害を加えるような輩は、保険医療を行わないことを法律で定めるべきと考えます。保険証の裏に医療機関で騒ぐ、暴力行為を行ったさいは、保険診療を向こう五年間受けることができなくなり、地域医療機関に住所、氏名、生年月日を通達します。くらいでちょうど良いと思います。

~こちらも読まれています~
×