×
事件・事故・災害

【衝撃映像】藤田明美さん死亡 札幌市西区で乗用車逆走暴走の多重事故!直前にひき逃げ?79歳女運転手の名前顔画像

8月1日の午前9時半ごろ、北海道札幌市の路上で、乗用車が複数の車に衝突する大事故が発生しました。

さらにこの事故を起こした乗用車は、事故直前に自転車に乗った女性をはねて死亡させ、現場から逃走もしていました。

静かな街中が一瞬にして悲鳴飛び交う惨事の現場となったその原因は、、

札幌市で車6台絡む大事故!79歳女運転の車が逆走大暴走

事故がおきたのは、起きたのは2022年8月1日(月)の午前9時半前ごろとされています。

この事故の現場となったのは、北海道札幌市西区発寒6条9丁目の市道交差点で、猛スピードで逆走してきた乗用車が複数の車に次々と衝突していきました。

最初に衝突した車2台がはずみで別の4台に次々と衝突し、現在までに少なくとも2人が怪我をしていることが判明していますが、命に別条はないとされています。

※79歳の女運転手は重傷を負って治療中ですが、命に別状なし。

スポンサーリンク


藤田明美さん死亡、多重事故の運転手が直前にひき逃げか

札幌、発寒での多重事故が起きる少し前(およそ2分ほど)1.5~2kmほど離れた札幌市西区西野4条9丁目、自転車に乗っていた高齢女性が車にはねられて死亡する事件がおきていました。

車は現場にとどまることなくそのまま逃走しており、現場の目撃情報などから「発寒」で起きた多重事故をおこした乗用車の運転手である可能性が高いとしています。

この事故で死亡したのは、近くに住む藤田明美さん(70)で、当時自転車で横断歩道を渡っていたところを車にはねられています。

※当時の車側の信号は赤であったと目撃証言が出ています。

 

札幌市西区発寒6条9丁目の多重事故現場どこか判明

複数の車が巻き込まれた多重事故が起きたのは、宮の沢駅前の交差点でした。

札幌市西区発寒6条9丁目

 

札幌市西区西野4条9丁目、ひき逃げの現場どこか特定

ひき逃げ事件がおきた現場は下記の場所にある交差点で、多重事故があった現場までは82号線でほぼまっすぐの道となっています。

スポンサーリンク




藤田明美さんひき逃げ多重事故の女運転手の名前や顔画像、事故原因は

事故を起こしたのは79歳の女であったことが明らかになっていますが、現在重傷を負っていて治療中ということで逮捕などはされておらず、回復次第詳しい事情を聴取するとしています。

「多重衝突を起こしたあと、白い乗用車を運転していた79歳の女性は、警察官の問いかけに首を振って何も答えなかった」といった情報が出ており、当時意識などはあったようで、過失運転致死、ひき逃げなどの疑いで当時の状況が調べられています。

※持病はなく、運転免許も大きな問題がないと更新されていたことが判明。

名前:不明
年齢:79歳
性別:女
職業:不明
住所:不明
車種:不明(白い車)
負傷:不明(重傷)
罪状:過失運転致死、ひき逃げなどの疑い
懲役7年以下または罰金100万円以下
10年以下の懲役または100万円以下の罰金

藤田さんをひき逃げした場所から事故現場までは、ほぼ一直線であるものの途中で少し曲がっている場所があることから、病気などで意識を完全に失っていればその時点で曲がり切れずに事故を起こしていると考えられ、衝突まで意識があった可能性はあります。

原因としてはアクセルとブレーキの踏み間違いや、持病など様々なことが考えられますが、高齢者の場合は脳の出血「くも膜下出血」なども考えらえます。

この記憶としてまだ新しいのは、2021年1月に東京の笹塚でおきたタクシーが歩行者ら6人を引いた事故(事件)

 
また、死亡した藤田さんについて明らかになっているのは次の情報です。

名前:藤田 明美
年齢:70歳
性別:女性
住所:不明
死因:不明

スポンサーリンク




街中でおきた衝撃のひき逃げ多重事故にネットの声

エグすぎる…自転車を跳ねて乗っていた人を死亡させ、さらに車6台が絡む多重事故…。防犯カメラの映像をみてもコマ送りで1台だけ動く速さが異常。あの速さだと控えめに見積もっても時速80キロ以上は確実。時速100出てた可能性すらある。明日は我が身かも。できることなら事故を起こす側にも、もらう側にもなりたくはない。「人の振り見て我が振り直せー」安全に運転したいと思います。

移動手段がなくなるとか言ってるけど、そのために多くの命を危険にさらすのか。免許試験場、教習所ももっと厳しく真剣に更新の時の適性検査をしてほしい。技能試験が義務化されたけど、合格判断した教習所も責任負うくらいが危機感持って良いのではないか。

この手の事故記事良く見るのですが、アクセルを踏み込むことだけで発進するAT車が原因の一つと考え、例えば75歳以上はAT車運転を禁止してMT車限定として欲しいものだ。運転に自信ない方の免許返納に繋がると思う。

現状、一般人がどれだけ事故で死んでも知らんふりとまではいわないが、大きく行動することはないと思う。安倍さんの事件では有名な人が犠牲になったことで大きく変動しはじめているが、車の事故も同様に有名な人物や政治家などが巻き込まれなければ動かないのだろうか?

事故を起こし動揺してブレーキ踏みつけてるつもりが、アクセル踏んでたのだろうと思う。池袋のあの事故を想起させるし、高齢者の運転は厳しい規制を真剣に考えないと、いつまでもこの手の事故がなくなることはない。

他車のドラレコに、込み合う道路を猛スピードで走っている容疑車両が記録されていた。いくら高齢者であっても、すべてのドライバーは事故を起こしたら、たとえどんなに怖くてもその場に留まり車を降りてけが人の安全確保や救護に当たらなければならない。たとえどんなに怖くてもパニックになる事も決して許されない。

事故は年齢に関係なく起きているけど、やはり高齢者だとまともに運転できる人が少ない。免許の取得出来る年齢があるなら返納する年齢もつくらないといけない。高齢者の免許更新も高齢者講習では技能試験と学科試験を受けさせ合格した人には1年更新お免許を交付すればいい。

このレベルの交通死亡事故でも、量刑が恐ろしく低い傾向がある。交通事故は裁判までは、よほど大きい事故でない限り報道されないのだが、死亡交通事故で懲役3年弱程度、執行猶予さえつっくこともある。漫然と運転していて、自転車の男性をひき逃げ死亡交通事故の事例(札幌市白石区)だと、不起訴になったものもある。今回の事案もフォローしていこうと思うが、飲酒がなければおそらく懲役3年前後になるでしょう。そろそろ厳罰化してほしいい。