その他のニュース

並木優弥の顔画像がヤバイ!首都高暴走逮捕のルーレット族が無免許事故で再御用!その素人テクニックとは?

千葉県市川市で無免許運転で事故を起こし、炎上する車をその場に残して逃走していた20歳の男が逮捕されました。

その正体は、1週間ほど前にも首都高で法定速度の2倍のスピードを出して逮捕されていた男でした。。

今回、この逮捕されたルーレット族と呼ばれる男が起こした事件について調べてみます。

スポンサーリンク


千葉県市川市の国道で車が大破し炎上する大事故!

この事故があったのは2020年6月17日(水)午前0時半過ぎのこと、道路交通法違反の疑いで逮捕されたのは、千葉県松戸市の無職、並木優弥 容疑者(20)。

並木容疑者は市川市の国道を無免許で走行していましたが、中央分離帯に衝突して車両が大破、炎上する事故を起こしましたが。

しかし、そのまま車を放置して現場から立ち去っていた疑いがもたれています。

車は大破し炎上していましたが、警察が車内に残っていた所持品から並木容疑者を特定して6月24日に逮捕となっています。

並木容疑者が現場から逃げた理由は?余罪も多数。

今回の事故で、並木容疑者が現場から逃げた理由として、「無免許だったから」といった理由を述べていますが、時間帯などから考えて「飲酒運転」などもあった可能性があります。

また、「無免許運転」はもとより、「スピード違反」「信号無視」など、その他の犯罪も犯していた可能性は高いです。

 
ちなみに、並木容疑者は首都高速で法定速度80キロを大幅に上回る、時速160キロで走行した疑いで6月9日に警視庁に逮捕されていました。

17日に起こしたは事故の後、運転免許取り消しとなり釈放されていましたが、今回の事故は釈放後すぐに起こしていた事故だと判明しています。

犯罪者にとって運転免許所の有無は関係ないようで、そうした人物による犯行が再度行われる可能性もあるため、この対策としては免許書の取り消しはもとより、車の差し押さえなども行うべきであると思われます。

スポンサーリンク

ルーレット族の妖怪、並木容疑者の事件映像や画像!

並木容疑者ですが、逮捕時の髪型からルーレット族の妖怪といった名称がつけられているようです。

スポンサーリンク




千葉県市川市、車炎上事故の現場はどこ?

事故は道の駅近くの国道で起こしたようで、場所の情報や映像からは下記の場所であると思われます。

〒272-0834 千葉県市川市国分6丁目

スポンサーリンク




並木優弥 容疑者の画像や情報は?

名前:並木 優弥(なみき ゆうや)
年齢:20歳
職業:無職
住所:千葉県松戸市

▼罪状:道路交通法違反

無免許運転や事故など、様々な余罪もあると思われるので、今度は長く重い罰が下されるのが望まれます。

スポンサーリンク




並木優弥 逮捕にネットの声は

一生、塀の中で過ごすような処置はとれないものか?
こんな奴は何回も同じ事を繰り返し、そのうち死亡事故やひき逃げ事件を起こして、何の罪もない尊い命が失われる事になる。

免許取り消し処分受けても乗る奴は乗る!を証明してますね。
今度は車が大破してるから早々乗れないとは思うけど。こういう奴はどうしたら良いんだろう・・・。

マイナンバーと免許証を一体にする動きがあるけど、既に免許証にICチップが内臓されているから車側にもリーダーを付けて、免許証を読み取らないとエンジンがかからないシステムを先に導入するべきだと思う。

これって、常人ならクルマのゲームで我慢するところをリアルでやってしまっているわけで、GTAとかに置き換えて考えてみると、トンデモ行為なわけです。
クルマと銃は違いますが、人間を殺傷する能力でいえば、銃に劣りません。クルマの違法運転に甘すぎる司法制度

こういった輩は懲役刑で御願いします。現在の法律は人の「良心」が有る事を前提にしているように思う。
残念ながら最近は、自分の権利だけ主張し責任・義務を持ち合わせていない人間が多く、現在の法律では不完全、反省させなければいけません。

車を運転する技術も知識も道徳心もないものが乗ると、車は人を殺す凶器となります。こういう人物は包丁を持って街中を歩いているのと同じ状態なので、免許の永久はく奪はもとより、GPS埋め込みでの監視処置も必要だと思います。

~こちらも読まれています~