その他のニュース

【現場画像】京王線若葉台駅の飛び込み男は誰?運転士含め複数が巻き添えで5人が死傷、、3/12人身事故の影響

3月12日(木)の早朝、神奈川県川崎市を走る、京王相模原線「若葉台駅」で、ホームから飛び込んだ40代の男性が電車にはねられ死亡する事故が発生しました。

この事故で、ホームにいた乗客3人が巻き添えで負傷し、運転士が目に負傷をしています。

通勤ラッシュが始まる朝の時間帯に起きたこの事故はなぜ起きたのか?今回は、この事故について調べてみました。

スポンサーリンク


京王相模原線「若葉台駅」で人身事故が発生!

事故が発生したのは2020年03月12日(木)の午前6時半ごろのこと。

京王相模原線「若葉台駅」のホームから40代男性が駅を通過していた上り特急電車へ飛び込み、はねられました。

男性は電車にはねとばされ、ホームにいた男性2人と女性1人の乗客あわせて3人に当たり、負傷を負い、4人は病院に搬送されましたが飛び込んだ男性は死亡し、他の3人は軽傷となっています。

また、特急列車を運転していた運転士も、男性をはねた際に、列車の前方の窓ガラスが割れたことにより、ガラスの破片が目に入って軽傷を負っています。

 

この事故の影響で、京王線の京王多摩センター駅~調布駅の間が運転見合わせとなり多くの人に影響が出ています。
※約一時間後の午前7時45分には解除されていますがダイヤに乱れが出ています。

平日の6時半ということはまだ比較的空いている時間ですが、少し後の時間から通勤ラッシュの時間帯となるためかなり多くの人員に影響が出ていますね。。

スポンサーリンク


事故があった京王相模原線「若葉台駅」の様子は?

Twitterなどで事故の目撃をした人や、居合わせた人が現場の様子を載せています。

スポンサーリンク


事故があった京王相模原線「若葉台駅」はどこ?

若葉台駅は、京王線の相模原線にある駅の一つで、都心郊外と都市圏を結ぶ通勤の要となっている路線の一つです。

若葉台駅
神奈川県川崎市麻生区黒川609

スポンサーリンク


京王線の若葉台駅で飛び込みの40代男性は誰?名前・画像は?動機は?

今回の事故を起こした人物とされる、40代男性について、画像や名前などいまだ公開されていません。

しかし、早期に40代男性であるといった情報が出ているということは、現場にあった身分証明書などの持ち物から判明したと思います。

また、今回の事故についてもおそらく、「飛び込み自殺」ではないかと思われます。

 

飛び込み自殺にどうして朝の通勤時間帯を選択した理由は不明ですが、最近のコロナショックによる騒動、また深夜に発表されたパンデミック情報など、それらも関係している可能性はありそうですね。。

新型肺炎は、仕事や経済など身の回りに大きな影響を出しており、まだこれからも見通しがついていないため、未来に絶望視したのでしょうか。

ただ、死人に鞭打つわけではないのですが、多くの人に影響が出てしまう方法を選択してしまったのは問題です。。

※新規情報
名前:不明
年齢:45歳
職業:不明
住所:不明

スポンサーリンク


若葉台駅の飛び込み自殺にネットの反応は

男性が飛び込んで、その男性の「体の一部」が他の3人に衝突で他の3人はもらい事故だし、合わせガラスが割れる位の衝撃で運転士の目に破片が入るし、飛び込み男性は原型留めていないだろうし、他の3人はPTSDになってしまうだろう、メチャクチャ最悪な事故だと思う。

遺族に損害賠償を。負傷した運転士、ガラスの破片が目にとのことですが、運転士生命が心配です。

故意に鉄道の運行を妨害した人及びその相続人は鉄道会社に対して損害賠償責任を負うこと。数百万円以上ということをもっと声を大にしていうべきです。鉄道自殺で月に何人も死亡する国など他の国でどこにもないはずです。自殺する人に言いたいのは、残された家族に多大な迷惑をかけることわかっているのか?

巻き込まれた人がかわいそうです。絶対にトラウマになると思う。

ホームドア設置が進んでるけど、何故かターミナル駅とか大きな駅なんだよね。通過列車の多い駅にこそ設置すべきと思うのだけど。

損害賠償に治療費 いったい幾らになるんだろう。また、直るまでの働けない間の手当てだったり、残された家族は大変ですね 悲しんでいられないじゃないか。

せめて人に迷惑かけない方法でお願いしたい。まぁ、そんな余裕ないほど追い詰められてるんだろうけど。

株か自粛要請による消費減退か従業員不足による営業不可とか。コロナウィルスの感染発症による死より多くなると思います。

コロナで大変な時にやめて欲しい。長時間車内に閉じ込められて、最悪ですね。今は、コロナウイルスの二次災害。

スポンサーリンク


Twitterでも事故について大きな話題に

~こちらも読まれています~