天気に関連した事項

湿気がもたらす脅威とカビの対処法

夏の暑さもまだまだ続いている今日この頃、梅雨は明けても、日本の夏はジメジメ、ムシムシとしていてその湿度にはまいってしまいますね。

夏に湿気はつきものですが、実は、この湿度の変化による体調不良というものが多いようです。

私も日常生活はもとより、寝る際の湿気などにいつもまいっているのでどうにかならないかと思っていました。

そこで今回は、この「湿気」が体に与える影響と、その対策について調べてみました。

 

高温多湿の日本の気候

日本は四季折々の季節に伴った気温の変化などが見られる国ですが、その変化は意外と大きく、季節によって過ごしやすさが変わります。

とくに夏の時期は高温多湿といった特徴があり、暑いといわれている国に住んでいる海外の人が日本にきても、その暑さにびっくりするくらいです。この暑さを生み出している最大の原因は湿度の差。

同じ温度でも湿度が低ければ、比較的過ごしやすいため、海外旅行などで暑い国に行っても、以外と過ごしやすいと感じることも多いです。

私も海外にはたまに行くのですが、そうした温度と湿度の変化は比べてみると結構実感できるものです。

 

湿度変化が病気をもたらす原因

夏、特に梅雨の時期は顕著ですが、湿気が高くなる時期は、ジメジメ、ムシムシとして過ごしづらいですよね。

私は暑さが苦手なので、夏の暑さにはいつもまいっており、その対策をしているのですが、除湿器をつけると、部屋の温度が上がるため、エアコンとの二重活用で、どうにか乗り切っています(笑)

さて、この夏の時期の高い湿度なのですが、湿度が高くなると様々な影響が人の体には出てくるようです。

人間の体というのは、実に様々な菌が住んでいますが、こうした環境に置かれることで、こうした菌の繁殖などが活発になって、悪影響を及ぼしてきます。

とくに人の体は、実はカビやすいといわれており、しっかり対処していないと、気づいたら…といったことも多いようです。

 

高温多湿の時期に起こりやすい病気など

不眠症、うつ病、頭痛、ぜんそく、食欲不振、下痢、リウマチ、歯周病、アトピー、食中毒、神経痛、水虫

このような様々な影響が出ますが、とくに注意すべきなのが食中毒。暑さによって食品が傷みやすくなるため、その頻度は急激に上昇します。

食中毒で有名なのは、O-157や、サルモネラ菌、ブドウ球菌、ボツリヌス菌といったものは、よくニュースなどで聞いたことがあるのではないでしょうか。

こうした菌が付着した食品を摂取すると、下痢、発熱、嘔吐の症状、さらには下手をすると、命の危険も伴う症状が出てしまいます。そのため、夏の時期には特に食品の管理と、清潔さを保つ必要があります。

「調理をする場合も、食べる際にもよく手などを洗る」「食品、特に生ものに関しては早めの調理、保存を心掛ける。」※冷蔵庫などに入れても痛むのが冬などに比べて早いので注意。といったことと、「食品への加熱はしっかりとする。とくに生ものを食べる場合には鮮度に注意」といった点にきをつけましょう。

 

体調不良を予防する湿気対策

・エアコンの使用
エアコンには通常の冷房機能のほかに、除湿冷房といった機能もあります。この機能を使うことで、部屋の除湿をしながら温度を下げる。といったことも可能なので、電気代はかかりますが、暑いとき、湿度がすごいときなどは、体調不になる前に使用したいですね。

 

・除湿器
湿度をとるならこれが一番効果的!ただ、タイプによっては、湿度は取れるものの、部屋の気温が上がるものもあるため、そういった場合は、エアコンとの併用など、対応をしていなと熱中症もあり得るので温度に気を付けましょう。

 

・カーテンを利用する。
湿気対策としてカーテンも利用できます。素材としては麻のカーテンを利用することで、余分な水分を吸い込んだり、吐き出したりしてくれることによって、室内を適度な湿度に調整してくれます。

また、麻には抗菌防臭の効果や、酸化分解力による有害物質の分解をする能力を持ったカーテンも登場しています。

 

・換気をする。

夏の時期は暑いため、窓を開けないといったことが多くなります。でも実はこれは湿度が逃げにくくなってしまうため、逆効果になることも。きちんと風の通り道を作ってあげることで、余分な湿度を外に逃がすことも可能です。

 

夏の体調不良を吹き飛ばす食材

・温かいものをとる。
夏は冷たいものがおいしい季節ですが、実はこの冷たいものの取りすぎによって、体(とくに内臓)が冷えてしまって、体調不良をおこしてしまう。といったことはよくあります。こうしたことによって夏バテ、といった症状も出てくるため、実は夏に逆に温かいものを食べる。ということは効果的なんです。

生姜や、大蒜、葱、といった野菜などには、体温を高めてくれる効果があるので、こうしたものを使っての料理(スープ)などはおおすすめです。

 

・余分な水分を出す。
体内に余分な水分がため込まれると、体のむくみや、だるさといった症状が出てくることがあります。そうした症状の対策として、しっかりと尿を出す。といったことが必要です。

そのためには、カフェインが含まれた飲み物や、カリウムが含まれた食べ物を摂取しましょう。そうすることで利尿作用によって、余分な老廃物を体の外に排出してくれます。

このカリウムが多く含まれる食材としては、夏野菜と呼ばれるものが代表的で、きゅうり、スイカ、とうもころしといったものなどをとることによって効率よく出していくことができます。

また、飲み物としては、緑茶、コーヒー、紅茶、ウーロン茶などお茶系には多く含まれているため、こういった飲み物を飲みましょう。※冷たいものの見過ぎは体に悪いため、温かい飲み物がおすすめです。

 

食欲不振を解消して元気に!

夏は食欲不振による夏バテも注意。そうした食欲不振を解消するには、どのようにしたらよいのか?それは、酸味のあるもの(すっぱいもの)や辛い物を取るといったことです。例えば、お酢にはクエン酸が含まれており、疲労回復の効果が見込めます。

トウガラシやカレー粉に使われる各種香辛料には、食欲増進、整腸作用、体温調整など、様々な効果が見込めます。料理としては、冷やし中華や、カレーなど、おいしく食べられるものも多いので、暑さで食欲が減ってきたかも??と思ったら、そうした料理を食べて元気をつけたいですね。

 

湿度が上がると繁殖する「カビ」に注意

さて、ここまで湿気による影響と対策について説明をしてきましたが、湿気による影響はまだほかにもあります。それは「カビ」です。このじめじめした夏に多く見られるのが「カビ」ですが、実はカビの元となるカビ菌は一年中家などにただよっているとのこと。

通常は漂っているだけでそこまで大きな影響はないのですが、ある一定の条件を満たしてしまうと爆発的に増えてしまい、カビまみれになってしまうといったことがおこります。

このカビが生える条件としては第一に湿気です。約70%以上の湿度になるとカビ繁殖の危険サイン。そして、気温に関しては25度から30度くらいの温度がカビにとって心地よい温度になります。そして最後にカビが増えるための栄養が必要になります。

この栄養分は何かというと、食べかすやホコリ、ダニなど目には見えないですが日常生活をしていて自然に出てしまうものなので、あとは高温多湿となる梅雨や夏の時期になるだけで自然と条件を満たしてしまうため。気を配っておかないといつの間にかカビが…といった事態がおこってしまいます。

家の中でカビが生えやすい場所は?

また、最近は電気機器などの普及によって、室温が一定に保たれやすくなっているため、「湿度」といった条件が満たされるだけで、カビが生えてしまいやすい条件がそろってしまいます。

そういった場所の中でとくに注意が必要となる場所がいくつかあります。それは、トイレ、ふろ場、洗面所、台所といった水を扱う場所ですね。その他には、洋服ダンスなどもしっかりと除湿や防虫対策をしていないと、時間が空いてタンスを開けると、カビ臭いな?といった状態になってしまっていることが多いです。

私もこの服カビには毎年まいっていて、そういった場合は一度しっかりと洗濯をしないと体調が悪くなってしまうので要注意です。

ちなみに、その他にカビが発生しやすい場所としては、マットレスや座布団、寝具、食器棚、台所のシンクの下、冷蔵庫などの裏側といった場所が湿気がたまりやすいので日頃から注意しておく必要があります。

 

カビ予防と対策方法

カビが発生する条件については説明をしましたが、それであればどのようにカビを防止するのかといったことも自然と答えが導かれます。

・タンスなどの収納などは定期的に換気や掃除をすること。
・風呂場や台所などの水回りに関しては食べかすや垢、石鹸カスなどが残っていないようにきちんと掃除をすること。

これらの対処ておくことで、カビを予防することができます。ちょっと面倒だな、と思うかもしれませんが、カビが発生してしまった後にその対策をするのは大変なので、しっかりとした予防が大切ですね。

 

それでもカビが生えてしまったら

様々な予防をしていても、カビが繁殖してしまうことはあります。そこで、カビが発生してしまった際に、どうしたらよいのか対処法について確認していきます。

カビが発生してしまったらその対処方法としてはシンプルにカビによって汚れてしまった汚れを落とす。次に、再度カビが生えないように殺菌を行う。の2点です。

対処方法としては簡単に見えますが、その具体的な手順としてはまずは、部屋の換気が重要です。それはなぜかというと、カビが発生している場合、部屋の中にもカビの胞子が飛んでいて大変なことになってしまうからです。せっかくカビの除去を行っても、部屋に待っているカビの奉仕から再度カビが生えてしまうことを避けます。

次に、掃除をする前に乾いたモップや硬く絞った雑巾で床を拭きます。これはいきなり掃除機などで掃除をするとその風圧でカビの胞子が舞ってしまうからですね。一通り拭き取ったら、残ったカビを吸い込んでしまいましょう。

そして、きれいにカビを拭き取ったら、最後にカビの再発予防としてエタノール(80%ほどのアルコール)を吹き付けて対策をします。

簡単なカビはこれで対策が可能ですが、お風呂などのガンコなカビ汚れにはもう少し強力なカビ取り剤が必要です。こちらは市販のもので大丈夫ですが、こうした強力なカビ取り剤は人体にも影響が出てしまうものが多いので、換気をしっかりとしてマスクや、ゴム手袋をして使用方法の注意をよく読んで利用してください。

 

まとめ

夏の湿気がもたらす体調不良、そしてそれらがもたらす解消法について調べてみましたが、意外と気づかずに、体調を崩してから気づく、といったことも多いので、私も普段から心がけて、対策をしたいと思います。

~こちらも読まれています~
×