天気に関連した事項

【台風20号】カミナリが各地を急襲!22日は落雷注意。激しい雷雲の進路は?

10月21日の夜半に台風20号は温帯低気圧に変わりましたが、近畿から関東を中心に非常に激しい雨が降り、局地的には猛烈な雨が降って、大雨となっています。

また、近畿地方から関東地方にかけて夜間から激しい雷による落雷などが頻発していて眠れない夜を過ごしている方が多くいるようです。

今回、激しい雷を伴いながら北上してきている元台風20号の情報について調べてみました。

【速報】台風20号が本州接近で大雨に警戒!最大300ミリの豪雨も!?台風20号が本州に接近してきています。 それによる影響で本州(東海、近畿、四国)にかけて10月21日の夜にかけて大雨になるとの情報...
【台風20号・21号】ダブル台風が日本へ接近!2つの台風が近づくとどうなる?2019年10月20日(土)現在、台風20号と21号が日本向けて接近中です。 今回、別々の方向から接近してくると予想されていますが...

元台風20号の現在位置

元台風20号となった温帯低気圧ですが、5時時点で静岡付近への接近をしています。

また、非常に激しい雷雨を引き連れており、各地でカミナリの発生と落雷も確認されています。

※下記図は5時時点の落雷などを図に表したものになります。

近畿から関東で21日の夜遅くから22日(火)の昼頃にかけて雨のピークとなる予想がされています。

滝のような非常に激しい雨やバケツをひっくり返したような激しい雨が降る恐れがあり、総雨量は多い所では東海は300ミリ、近畿は200ミリ、関東甲信で150ミリほどに。

北陸や東北も22日(火)は雨が降り、所々で雨脚が強まる予想です。

雷を伴った激しい豪雨のため、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒、注意が必要です。

※一般的に総雨量が200ミリを超すと土砂災害などの災害が起こる可能性が急上昇。

台風第19号による記録的な大雨により堤防が損傷を受けたり、水を多く吸い込んでいる土壌は、普段では災害が起きないような雨量でも洪水の危険度が高まる恐れがあるため、川や危険な斜面には近づかないように注意勧告が出ています。

スポンサーリンク


激しい雷に眠れないとのネットの声

あわわ…カミナリがゴロゴロヾ(・ω・`;))ノ

カミナリで家ゆれとる\(ᯅ̈ )/雨風もすんごいなぁ

カミナリやばすぎて仮眠どころじゃねーな:(っ`ω´c):

いい歳してカミナリが怖くて苦手すぎて今日ほんとに全然寝れん辛ゆうまに抱きついてゆうまを起こすという失態

カミナリえげつないだけどなにこれ!!今まで生きてきて一番だよ音も光も!!救急車走ってる怖い

で、カミナリ、がトレンド入りしてて見てきたけど、雷が凄いとこはみなさん起こされたんですね・・。

雷くるのかな、レーダー見てくるか・・。

20分に一回くらいカミナリが落ちている。

スポンサーリンク


元台風20号の雷雨、今後の進路は?

雷を伴った激しい雨雲は昼頃には海へ抜けるとされていますが、頻繁な落雷が続いているため今しばらく外に出る際には注意が必要です。

▼東海地方の天気

▼関東地方の天気

スポンサーリンク


最後に

非常に強い雨が短期間に続いているため、台風19号の被災地はもとより、河川や山で災害が起こる可能性が高まっています。

雨がやんでも河川は増水が、山は土砂災害が続いているのでしばらくは近づかないようにしてください。

~こちらも読まれています~