天気に関連した事項

【速報】台風20号が本州接近で大雨に警戒!最大300ミリの豪雨も!?

台風20号が本州に接近してきています。

それによる影響で本州(東海、近畿、四国)にかけて10月21日の夜にかけて大雨になるとの情報が出ています。

また、明日の10月22日には東京などの関東方面にも大雨が降るとみられ警戒が呼びかけられています。

今回、この現在接近中の台風20号についてまとめてみました。

【過去最大級】台風19号の停電リスク・浸水に対する事前準備とその方法台風が関東に接近している中、様々な警戒が呼びかけられていますが、停電や浸水に対するリスク情報も発表されました。 今回、停電・浸水、...

台風20号の現在位置は?

台風は21日15時現在で四国の南西沖に北東に向けて移動をしてきています。

▼台風20号 10月21日(月)3時
 存在地域   南大東島の北約140km
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     北東 30 km/h
 中心気圧   985 hPa
 最大風速   30 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 45 m/s

スポンサーリンク


台風20号の進路は?

台風20号は、四国沖の海上を北東に進みながらそのまま海上で温帯低気圧になると予測されています。

ただ、温帯低気圧になったとしてもその影響は大きく残ります。

台風20号の影響で、四国~関東・東北にかけて10月21日の夜から大雨の予報がでており、先日の台風19号によって河川の氾濫が起きた地域、また氾濫がおきていなくても土壌が弱くなっている可能性がある地域では土砂災害や、さらなら河川の氾濫など今から警戒をするように呼び掛けています。

もう一つの台風21号の影響は?

台風21号も日本に接近中ですが、当初の予想よりも大きく東側にそれてきており、上陸コースは免れると予想されています。

ただ、台風接近に伴う風や大雨などの影響はあるとみられ、秋雨前線を刺激することによって非常に激しい雨を降らすとされているため、避難が必要な方は今から準備をしておくように注意喚起がされています。

スポンサーリンク


台風に備えての注意と準備

台風19号と先日の大雨によって地盤のゆるみや河川の氾濫がしやすい状態になっています。

そのため、更なる大雨によって土砂災害や河川の氾濫については情報収集を怠らず、最大限の注意しましょう。

スポンサーリンク


最後に

これから接近して多くの雨を降らす、近畿地方など最新の情報が入り次第、更新をしていきたいと思います。

小海は、現在の台風について、急ぎ速報をお届けしました。

【過去最大級】台風19号の停電リスク・浸水に対する事前準備とその方法台風が関東に接近している中、様々な警戒が呼びかけられていますが、停電や浸水に対するリスク情報も発表されました。 今回、停電・浸水、...
~こちらも読まれています~