天気に関連した事項

【警戒レベル4】復興中の千葉県に記録的短時間大雨情報、被害や影響は?

2019年10月19日(土)の早朝、千葉県で災害につながるおそれがある猛烈な雨が降ったとみられるとして、記録的短時間大雨情報が気象庁より発表されました。

台風15号、19号の復旧もまだ途中であり、19号においてはいまだに災害が続いている地域もある中でのこの発表により、復旧の遅れやさらなる被害が予想されています。

今回、千葉県に発表された大雨の情報について、その影響や現地の情報を調べてみました。

【警戒レベル5】沓川が氾濫、氾濫場所はどこ?被害状況は?三重県尾鷲市を調査台風19号がによって10月12、13日に降った大雨により全国に大変な被害が発生しましたが、台風通過後の再びの大雨に警戒が呼びかけられてい...
台風19号通過も週末に大雨で関東、東海、東北など被災地に大きな影響台風19号により日本各地で大きな被害と影響を受けていますが、まだ復旧が完了していないなか、週末に大雨の予報が出ています。 先日の台...

記録的短時間大雨情報とは?

1時間に80ミリ以上の猛烈な雨を観測または解析した結果と、さらにその地域にとって数年に一度程度しか発生しないような大雨であると確認がされた場合に発表される情報のことです。

この情報が発表された場合、その周辺地域においては、土砂災害や河川の増水など、災害の危険性が高まっているため警戒が必要となります。

そのため、台風などと同じように避難なども念頭においての警戒行動が推奨されます。

 

【記録的短時間大雨情報 1時間雨量】
▼千葉県
横芝光町付近 約110ミリ(午前7時50分)
山武市付近 約100ミリ(午前7時50分)
匝瑳市付近 約100ミリ(午前8時10分)

スポンサーリンク


【土砂災害警戒情報】レベル4(避難)

千葉県の館山市、鴨川市、南房総市にレベル4の警戒宣言がだされています。

また、横芝光町付近と山武市付近では「記録的短時間大雨情報」が出せれるほどの猛烈な勢いの雨が確認されています。

いまだに先日の台風19号による河川の氾濫による浸水、越水、堤防の決壊によって十分な復旧体制がとれていない状態でのこの大雨によって、さらに河川の氾濫や堤防の決壊によって浸水などの被害が再び発生する可能性があるため、付近の住民の方はいち早い避難が推奨されています。

スポンサーリンク


千葉県の大雨に関するネットの反応

スポンサーリンク


千葉の現状について

大雨が降ったのは朝の短時間のみで現在(19日10時時点)では雨は上がったとの情報があります。

ただ、大雨によっての川の増水や、地盤への影響などは後々から出てくる可能性が高いため、河川付近や山などの近くに住んでいる方は引き続き警戒をしてください。

台風災害による被害を受けた方たちが、安心して休めるよう、もう何事もなく早く復旧が進むことを願います。

【警戒レベル5】沓川が氾濫、氾濫場所はどこ?被害状況は?三重県尾鷲市を調査台風19号がによって10月12、13日に降った大雨により全国に大変な被害が発生しましたが、台風通過後の再びの大雨に警戒が呼びかけられてい...
台風19号通過も週末に大雨で関東、東海、東北など被災地に大きな影響台風19号により日本各地で大きな被害と影響を受けていますが、まだ復旧が完了していないなか、週末に大雨の予報が出ています。 先日の台...
~こちらも読まれています~