天気に関連した事項

猛烈な台風19号が9/12に関東・東海直撃!計画運休の予定と事前対策は?

大型で猛烈な勢力となっている台風19号(ハギビス)は10日(木)の3時現在、日本の南を時速約10kmという低速で北向きに関東・東海地方へ向けて接近中です。

また、9日には通常台風接近の前日に行われるところ気象庁が異例の緊急会見を前倒しで開くなど厳重な注意の呼びかけがされています。

本日は、日本へ接近中の台風19号について、最新の情報をまとめます。

【過去最大級】台風19号の停電リスク・浸水に対する事前準備とその方法台風が関東に接近している中、様々な警戒が呼びかけられていますが、停電や浸水に対するリスク情報も発表されました。 今回、停電・浸水、...
台風19号で大雨暴風警報、避難勧告時の行動と災害情報の確認・準備大型で非常に強い勢力を保ったまま関東に接近中の台風19号は12日の夕方から本州への上陸が予想されています。 状況によっては避難など...

気象庁からの緊急会見

スポンサーリンク


台風19号の現状と今後の進路予測

現在、台風19号は非常に強い勢力を保ったまま、12日(土)から13日(日)にかけて関東・東日本に直撃の予想がされており、本州の太平洋側を中心に広い範囲で暴風や高波、高潮、大雨等などの影響が出るとの予測があり、厳重な警戒が必要です。

▼台風19号 10月10日(木)3時現在
名称     ハギビス
存在地域   硫黄島の南南西約350km
大きさ階級  大型
強さ階級   猛烈な勢力
移動     北 10 km/h
中心気圧   915 hPa
最大風速   55 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 75 m/s

※台風19号の「ハギビス(Hagibis)」は、フィリピンが提案した名称で、「すばやい」という意味の言葉が由来

関東の雨のピーク時間

関東地方の雨のピークは10月12日(土)の18時~13日(日)の6時、その前後の時間で300ミリを超える降雨量があると予測されていますので、浸水などの可能性がある場合は、事前に物を上にあげておいたり、土嚢の準備、トイレなどの逆流を防ぐための準備をしておくのがよさそうです。


スポンサーリンク


台風前の事前運休は?

JR東日本の運休予定

JR東日本の深沢祐二社長が10月8日の定例会見で、週末に日本へ接近中の台風19号への対応について下記のように述べています。

予報通りの進路ならば、計画運休を含めた対応が必要となる。前回(台風15号)の反省を踏まえ、準備を進めている

10日現在までにまだ運休情報の詳細は出ていませんが、これからより接近が確実になるにつれ、その情報が出てくると思いますので、情報が出しだい更新していきます。

ちなみに、JR東日本は先月の9月9日に上陸した台風15号の際も前日の8日夕方には「9日始発から午前8時ごろまで運転を見合わせる」と発表をしていましたが、強風の影響が予想よりも長引いたために運転再開の時刻がずれ込んだだめ、駅は構内は大混雑したといった状況になりました。

そのため、今回は混雑をどの程度抑制できるかなど対策も重要視されています。

ただ、この混雑情報には「個人個人がしっかりと情報を集めて行動する」といったことも重要なので台風の接近・通過中、通過後も情報を確認しましょう。

※情報更新(10/11.22時現在)

12日10時頃までに全ての列車の運転を取りやめ。
13日は少なくとも昼頃までの運転を取りやめる予定。
※振替輸送は実施しません。

⇒ 公式HP

東海道新幹線の運休予定

○東京駅~名古屋駅間:始発から終日運転を取りやめ。
○名古屋駅~新大阪駅間:名古屋6時前半の列車を運転し、それ以外の列車の運転を取りやめ。

※詳細はHPを確認してください。

※情報更新(10/11.22時現在)

⇒ 公式HP

京急電鉄の運休情報

10月12日(土)12時頃から運転本数を減らし、16時頃には運転を取り止める可能性あり。
台風が通過しても、施設の点検が必要なため、10月13日(日)の運転開始時間は、昼頃となる可能性。

詳細な運転再開時間につきましては最新の鉄道運行情報をご確認ください。

※情報更新(10/11.22時現在)

⇒ 京急電鉄公式HP

小田急電鉄の運休情報

10月12日は始発から特急ロマンスカーの運転と東京メトロ千代田線との直通運転を休止。
一般列車は9時以降に列車本数を減らし、12時までに全ての列車の運転を取りやめ。

10月13日は始発から午前中点検完了までの間、小田急全線で列車の運転を取りやめ。
運転再開見込時刻については、台風通過後に施設の点検等を実施したうえでお知らせ。

※情報更新(10/11.22時現在)

⇒ 小田急電鉄の公式HP

京王電鉄の運休情報

10月12日(土)の正午以降順次、本数を減らして運転し、概ね14時頃までにはすべての列車の運転を取り止める予定。

※情報更新(10/11.22時現在)

⇒ 京王電鉄公式HP

東急電鉄の運休情報

台風19号の接近により、10月12日(土)は東急全線で9時ごろから(東横線は始発から)運転本数を減らし、11時30分ごろから、各駅を出発する列車の運転を取りやめ、すべての路線で運転を終了。

※情報更新(10/11.22時現在)

⇒ 公式HP

東武鉄道の運休情報

10月12日(土)は10時~13時の間までで運転を終了。
10月13日(日)も始発から運転を見合わせ、天候が回復した後に施設点検および安全確認を実施。

※情報更新(10/11.22時現在)

⇒ 東武鉄道の公式HP

西武鉄道の運休情報

西武鉄道全線において10月12日(土)の13時以降順次、13 日(日)午前中まで運転を取りやめる予定。

※情報更新(10/11.22時現在)

⇒ 西武鉄道の公式HP

計画運休に関する国土交通省からの通知

国土交通省から鉄道などの各種交通機関に関して、計画運休に関する情報は台風接近の前日までに公表できるようにといった通達をしているようです。

大型で猛烈な台風19号が今週末に接近するおそれがでていることから、首都圏の鉄道各社はあらかじめ列車の運行を取りやめる「計画運休」についての検討を始めています。
実施する場合には、多くの会社が台風が最接近する前日までには公表したいとしています。

「計画運休」をめぐっては、国土交通省が見通しや実施時間などを出来るだけ早く利用者に提供するよう鉄道会社に求めています。
首都圏の鉄道各社に台風19号での「計画運休」についての対応を取材したところ、JR東日本や小田急電鉄、東武鉄道など多くの会社がすでに検討を始め、「計画運休」を実施する場合には、台風が最接近する前日までには公表したいとしていて、ホームページやSNSなどで周知するとしています。
このうちJR東日本では、前回の台風15号の時にホームページがつながりにくくなるトラブルが生じたことから、アクセスの集中が見込まれる際には運行情報だけが表示される、簡易なホームページに切り替えることにしたということです。
鉄道各社は「不要不急な外出は控えて頂き、最新の運行情報をホームページやツイッターなどで確認して欲しい」としています。

※NHK NEWS WEB参照

その他の運休・通行止めなど

高速道路

NEXCO中日本が台風接近前からすでに「西湘バイパスの西湘二宮IC~早川IC(無料区間:大磯東IC~西湘二宮ICも同時に通行止め)で通行止めを発表

空の便

【ANA】
▼10月11日
八丈島・大阪伊丹・大阪関西・神戸は終日、東京羽田・東京成田・名古屋中部が午後から欠航。
▼10月12日
東京羽田・東京成田空港を発着する国内運航便は全便の欠航が決定。
▼10月12日
名古屋中部・大阪関西空港を発着する国内運航便は一部の便を除き欠航が決定。

【JAL】
▼10月11日
名古屋中部・大阪伊丹・大阪関西・南紀白浜・宮崎・北大東・南大東
※名古屋中部・大阪伊丹空港に到着する一部の運航便で欠航。
▼10月12日
東京羽田・東京成田・名古屋中部・大阪伊丹・大阪関西・仙台・山形・新潟・小松・南紀白浜・徳島・高松・高知
※東京羽田空港を早朝に発着する一部の運航便を除き、上記空港を発着する多数の運航便に欠航が決定。
▼10月13日
東京羽田・東京成田・名古屋中部・大阪伊丹・大阪関西・釧路・帯広・青森・三沢・秋田・花巻・仙台・山形・新潟・小松
※特に東京羽田・東京成田・名古屋中部・大阪伊丹・大阪関西・仙台は台風の影響による使用機手配などにより、遅延・欠航となる可能性。

スポンサーリンク


店舗の12日の休業情報

基本的に12日はお昼までには臨時休業または終日休業といったところがほとんどになります。

12日は外に出ることなく、家もしくは早めの避難をして台風に備えるのがよさそうです。

・イトーヨーカドー
 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、静岡、愛知、それに岐阜の8つの都県にある124店舗すべてを12日、臨時休業します。

・三越伊勢丹ホールディングス
 首都圏の百貨店を臨時休業。

・マルエツ
 東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、茨城の298店舗すべてを臨時休業。

・いなげや
 東京、神奈川、千葉、それに埼玉の1都3県にある全店137店舗について臨時休業。

・サミット
 東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県にある114店舗のうち112店舗について閉店時間を早めて正午に閉店。

・東急ストア
 東京、千葉、埼玉、神奈川、静岡の84の、ほぼすべての店舗は臨時休業。

・オオゼキ
 東京、千葉、神奈川県内の41店舗すべてで臨時休業。

・ライフコーポレーション
 商業施設のテナントなどの9店舗が臨時休業するほか
 東京、千葉、神奈川、埼玉の111店舗も12日午後1時に閉店。

・ヤオコー
ほぼすべての店舗にあたる関東の163店舗について、12日午後1時に閉店。

・三越伊勢丹ホールディングス
 都内と埼玉県にある6店舗すべて。

・大丸松坂屋百貨店
 大丸東京店と松坂屋上野店、松坂屋静岡店、松坂屋豊田店の4店舗。

・高島屋
 都内と神奈川県、埼玉県、千葉県、岐阜県、群馬県内にある10店舗すべて。

・阪急阪神百貨店
 都内と神奈川県内の3店舗すべて。

・そごう・西武
 都内と神奈川県、埼玉県、千葉県内の8店舗すべて。

・東急百貨店
 都内と神奈川県の7店舗すべて。

・東武百貨店
 都内と千葉県内の2店舗すべて。

・小田急百貨店
都内と神奈川県の3店舗すべて。

・セブン‐イレブン
利用客や店員の安全を確保するため12日、首都圏と東海を中心に、およそ1000店が休業。
※休業する時間帯は、店舗ごとに判断して決めるため、店によって異なる。

・ファミリーマートとローソンは、今後の台風の状況によって休業するか、店舗ごとに判断。

・ユニクロ
関西から東北地方までの合わせて265店舗を12日、臨時休業。
※東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木、長野、愛知、静岡、山梨、滋賀、大阪、三重、岩手、福島の16都府県にある265店舗です。

・ビックカメラ
東京都と神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、静岡県、それに愛知県にある、合わせて39店舗すべてで12日、営業を休止。

・すかいらーく
関東全域などでグループの約2000店が午後からの休業する予定。

・サイゼリヤ
東京都内など、首都圏の約600店で終日休業。

・ケンタッキー・フライド・チキン
東京都内を中心に大半の店舗で休業。

・松屋
11日深夜から、営業を休止する店舗もあり、店ごとの判断で休業。

スポンサーリンク


ネット上でも注意喚起続々

 

スポンサーリンク


大雨と暴風への対策

スポンサーリンク


事前にしておくべき準備・対策

懐中電灯

先日の千葉でも起きた停電などがあった際に懐中電灯の備えがあれば非常に助かります。夜に停電になった場合、暗闇の中での移をする必要が生じる場合もあるため、最低でも1つ。念のために予備と替えの電池も用意をしておくのがおすすめです。

飲料水・保存水

雨風が激しくなってくると場所によっては水の逆流などが起こる場合もあり、水道が使えないといった状況も考えられます。とくに水は飲料水としてもお風呂(タオルで拭くだけ)やトイレ、そのほかにも重要な役割があるため、事前にある程度の飲料水と、生活用水を準備しておくのがよいです。

非常食

台風が来ている最中の外出は危険を伴います。しかしご飯を食べないわけにもいかないので、ある程度日持ちする保存食などを事前に準備しているとよいです。食べる順番は、生鮮食品などから順に食べて最後に保存食を食べるのがよいでしょう。

簡易トイレ

豪雨被害が激しい場合、下水道の逆流などが考えられるため、トイレの使用ができなくなります。しかし外でするわけにもいかないのでこうした簡易トイレの準備があるだけでとても便利です。

ウェットティッシュ

水が止まってしまった場合に、ウェットティッシュは大活躍です。とくにお子さんがいる方にとっては体をふいたり、汚れものをふいたり掃除に利用したりと幅広く利用ができます。

ラジオ(手回し充電式)

災害時の情報収集はとても重要です。ラジオであれば停電でテレビが映らなくなっても比較的入る可能性が高く、また最近のラジオには、懐中電灯や充電器などの多目的のものもあるため、これらの機能がセットになっているものが便利です。

モバイルバッテリー

先述のラジオからでも充電は可能ですが、専用にバッテリーがあるほうが利便性は高いのは明らか。普段使いもできるのでもしものときように準備がおすすめです。

ガスコンロ

ガスや電気が止まった際もこれがあれば調理などが行えるので大変便利です。

 

蓄電器

家庭用のコンセントも利用できるため停電時などに大活躍。さすがに長期的な場合には持ちませんが、一時的な停電への対応は十分に可能です。

 

 

【過去最大級】台風19号の停電リスク・浸水に対する事前準備とその方法台風が関東に接近している中、様々な警戒が呼びかけられていますが、停電や浸水に対するリスク情報も発表されました。 今回、停電・浸水、...
台風19号で大雨暴風警報、避難勧告時の行動と災害情報の確認・準備大型で非常に強い勢力を保ったまま関東に接近中の台風19号は12日の夕方から本州への上陸が予想されています。 状況によっては避難など...
~こちらも読まれています~
×