スポーツ

ハカがラグビーW杯人気で話題急上昇!NZ代表オールブラックスが躍る伝統舞踊

連日、ラグビーワールドカップ2019が話題となっていますが、その中で注目を集めている話題がニュージーランド代表が試合前に躍る「ハカ」

テレビや動画などでも紹介され人気となっていますね。

今回、この「ハカ」について調べてみました。

ラグビーW杯2019で平原綾香の国歌斉唱に感動!各国代表の国歌も話題【動画】ラグビーW杯2019が、9月20日より日本で開幕を迎え、連日ニュースなどでも取り上げられ、盛り上がっています。 その中でも、開会式...
初戦勝利!ラグビーW杯2019調布のパブリックビューイング情報9月20日からラグビーワールドカップ日本大会が開幕となりました。初戦となる開幕試合で日本VSロシアの試合が行われ、30-10で日本がラス...

ハカとは?

本来はマオリ族の戦士が、戦いの前に手を叩き足を踏み鳴らして自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞踊である。

現在では国賓や海外からの渡航者を歓迎する舞として披露されるほか、ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)が国際試合前に舞う民族舞踊として有名である。 ニュージーランドでは一般的な民族舞踊であり、相手に対する敬意や感謝の意を表する舞として披露される。結婚式、卒業式、開会式、歓迎式典、スポーツの試合など、いろいろな場面で目にする機会が多い。死者の御霊を供養し哀悼の意を表す形として、葬儀でハカを舞うこともある。

英語では、haka を含めて一般的に battle cry または war cry(ウォークライ、闘いの雄叫び、日本語では「鬨ときの声」)と呼ぶ。日本でも、ウォークライと呼ばれていたが、2019年現在では原語どおりのハカが一般的になっている。

このハカの数は現在までに4種類のものが作られているようです。

「カマテ」
「テナコエカンガルー」
「コニウティレニ」
「カパオパンゴ」

ワールドカップ2019で披露されたハカ

「カマテ」

「カマテ」は1820年頃にナティ・トアの首長テ・ラウパラハが作ったと言われています。

テ・ラウパラハは極めて勇猛な戦士として知られており、「カマテ」には「生死の境で揺れ動く感情が表現されていると言われていて、本来の歌詞は現在オールブラックスが歌うバージョンより長いようです。

1905年、代表チームは本格的なイギリス遠征を行い、この頃からオールブラックスという愛称が用いられるようになり、「カマテ」を初めて披露したのもこの遠征。

「カパオパンゴ」

2005年8月27日にダニーデンのカリスブルック競技場で行われたトライネイションズの対南アフリカ戦で、オールブラックスが初めて新しいハカ「カパオパンゴ」を披露したのが始まり。

チームのキャプテンであるタナ・ウマガが長く挑発的な文句で先導し、親指をのどのあたりで動かす振付があったため、のどをかき切る動作だと解釈され一時期問題となったようです。
(※作者のラーデリをはじめとするオールブラックスやマオリの人々の解釈では、この動きは「心臓と肺に命のエネルギーを取り入れることを象徴するものであるとのこと)

スポンサーリンク


ハカ・カマテとカパオパンゴの歌詞と意味

カマテの歌詞と意味

Ka mate! Ka mate!
(私は死ぬ!私は死ぬ!)

Ka ora! Ka ora!
(私は生きる!私は生きる!)

Ka mate! Ka mate!
(私は死ぬ!私は死ぬ!)

Ka ora! Ka ora!
(私は生きる!私は生きる!)

Tenei te tangata puhuruhuru
(見よ、この勇気ある者を)

Nana nei i te tiki mai,
(ここにいる毛深い男が)

Whakawhiti te ra!
(再び太陽を輝かせる!)

A upane! ka upane!
(一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!)

A upane, ka upane
(そして最後の一歩、そして外へ一歩!)

Whiti te ra!
(太陽の光の中へ!)

Hī!
(昇れ!)

ヒ!

引用:wikipedia

カパオパンゴの歌詞と意味

リーダー:
Kapa O Pango kia whakawhenua au I ahau!
(オールブラックスよ、国をひとつにさせてくれ!)

チーム:
Hi aue ii!

リーダー:
Ko Aotearoa e ngunguru nei!
(鳴動する我らの国よ!)

チーム:
Au, au aue ha!
(今こそ、我が奮起する時!)

リーダー:
Ko Kapa O Pango e ngunguru nei!
(それこそが我らをオールブラックスたらしめる!)

チーム:
Au, au, aue ha!
(今こそが その時だ!)

リーダー:
I ahaha!
(輝く時!)

全員:
Ka tu te ihiihi
(我々が支配し)
Ka tu te wanawana
(その優位は偉大なる勝利となり)

Ki runga ki te rangi e tu iho nei, tu iho nei ihi !
(敬われ 高く掲げられる)

リーダー:
Ponga ra!
(シルバーファーン!)

チーム:
Kapa O Pango, aue hi!
(我々はオールブラックス!)

リーダー:
Ponga ra!
(シルバーファーン!)

チーム:
Kapa o Pango, aue hi!
(我々はオールブラックス!)

全員:
ha!

ちなみにハカの前にしゃべっている内容を調べたところ
ハカの前の号令?的な内容のようです。

リーダー:
Ho ri te!!! (鋭く叫べ!!!)
Ha ho ripe!!!(耳をすませ!)
Ka mau!!!!(準備!整列!起立!)

チーム:
Hī!(はい!)

リーダ:
Rin rin a pa quia awana ri pa kia ne oki!!
(手でももを叩け!力の限り地面を足で踏み鳴らせ!)

チーム:
Akia ne oki!!

スポンサーリンク


実は日本人にもなじみ深いハカ

1991年に制作された中外製薬の「グロンサンDX」のテレビCMがハカの「カマテ」のパロディで作られていたようで、知らず知らずのうちに覚えていた人もいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


様々な場所で踊られるハカ

ハカは試合前のもの以外にも色々な場面で踊られているようです。

柏市ラグビー協会の子どもたちによるハカ

バスケットボールニュージーランド代表のハカ

歓迎式でハカ

ニュージーランド学生代表によるハカ奉納

結婚式で行われるハカ

ラグビーW杯公式アカウントからもこのような動画が公開されていました。

世界中の子供たちにも浸透し、親しまれている「ハカ」、こうした国を超えて共有していける文化というものはすごくいいですね。

ラグビーW杯2019で平原綾香の国歌斉唱に感動!各国代表の国歌も話題【動画】ラグビーW杯2019が、9月20日より日本で開幕を迎え、連日ニュースなどでも取り上げられ、盛り上がっています。 その中でも、開会式...
初戦勝利!ラグビーW杯2019調布のパブリックビューイング情報9月20日からラグビーワールドカップ日本大会が開幕となりました。初戦となる開幕試合で日本VSロシアの試合が行われ、30-10で日本がラス...
×