×
災害

太平洋沿岸津波!日本全国被害状況、現場映像・画像。漁船流され川逆流、避難で車渋滞エリアメール鳴り響く。トンガ沖火山噴火

1月15日(土)の午後1時10分ごろ、南太平洋にある島国のトンガ沖で海底火山が大規模な噴火を起こしました。

この火山の爆発により近隣では津波などが発生しネット通信が途絶えるなどの影響が出ています。

気象庁は当初、日本沿岸では若干の海面変動が起きる可能性はあるが被害の心配はないと発表していましたが、日本時間1月16日(日)の午前0時15分ごろ、奄美群島・トカラ列島に津波警報を、太平洋沿岸に対して津波注意報を出しています。

また、同日の午後8時から午後9時過ぎにかけて、日本全国で一時的に急激な気圧変化が見られており、この原因に関して火山が噴火した際の衝撃波が到達した可能性があるとしています。

日本全国(太平洋沿岸)で津波警報や注意報

2022年1月15日(土)の午後1時過ぎに、トンガ沖でおきた海底火山の大規模噴火による影響で、当初は日本への影響はないとしていましたが、16日の午前0時15分ごろに奄美群島・トカラ列島に津波警報、太平洋沿岸に対して津波注意報がでました。

深夜の突然の津波情報に、避難のためにあわただしい状況となっています。

場所によってはエリアメールが定期的に鳴り響き続くなど、ネット上でも話題となっていますが、各地に津波の影響は被害の大小に限らず確実に出ているようです。

※地震の津波と違って予測がまだ難しいもののため

スポンサーリンク


奄美大島では避難の車が渋滞!沖縄では波が川さかのぼる

奄美市では警報の出た0時15分ごろから1時までの間に、多くの人が一斉に避難を開始しし、海沿いの市街地から山側の高台に向けて避難する車で渋滞が発生する事態に。

瀬戸内町や宇検村などでも住民が避難を始めていて、高台に向かう道で渋滞が発生していたようです。

避難の際には、状況によって車以外に徒歩などによる避難も呼びかけられています。

※津波は繰り返し押し寄せてくるため、警報や注意報解除の知らせがあるまでは避難推奨。

 
また、今回の津波について最大3mの津波が予想されており、奄美市小湊では15日の午後11時55分に1.2mの波を観測しています。

16日午前1時半に各地で観測された波の高さは次の通り。
南大隅町大泊と中種子町熊野が70cm
志布志市志布志港が60㎝
十島村中之島が50㎝
西之表市が40㎝
奄美市名瀬が30㎝

なお、奄美大島や熊毛地区の消防、十島村、三島村役場、各警察署によると、津波による被害は確認されていないとしていますが、避難時に慌てて転倒などして軽傷を負っている人が何人か出ているようです。

 
沖縄、与那原町東浜は16日午前時0時22分ごろに、白波が立ち川の河口から上流に向かって逆流していく現象が目撃されています。

与那原町役場は駐車場を開放しており、約200人が避難。沖縄地方では各地で0.2m~0.3mの津波が観測されています。

スポンサーリンク




高知県室戸市の漁港で船が流される

高知県では、津波の影響で佐喜浜漁港で船が流されているといった連絡があったとされていますが、詳しい情報については確認中です。

これに対して市は今のところ、住民に対しての避難指示を出す予定はないとしています。

 

和歌山県御坊市に津波が到達90㎝を観測

津波被害に関する16日の午前1時現在の各地の情報として、和歌山県御坊市に津波が到達したことが観測されており、その高さは90㎝とされています。

現在のところ主だった被害は確認されていないとされていますが、引き続き今しばらくの警戒が必要とされています。

 

宮城県では津波が砂押川を逆流する様子が観測

東日本大震災でも津波が遡上した宮城県多賀城市を流れる砂押川では、16日の午前0時45分ごろにトンガ沖の海底火山噴火の影響とみられる津波の遡上が確認されています。

この影響は少なくとも、市中心部のJR多賀城駅近くまで到達したとされています。

スポンサーリンク




気象庁が津波k連の情報を更新!岩手県にも警報

16日の午前2時54分ごろに気象庁が津波関連の変更を発表しており、岩手県が注意報から警報に代わっています。

【津波警報】※第1波の到達確認:3m予想
岩手県
奄美・トカラ

津波警報発表の地域では被害発生のおそれがあり、沿岸部や川沿いにいる人はただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難をと呼びかけています。

【津波注意報】※第1波の到達確認:1m予想
北海道太平洋東部
北海道太平洋中部
北海道太平洋西部

青森太平洋沿岸
宮城県
福島県

茨城県
千葉九十九里・外房
千葉内房
伊豆諸島
小笠原諸島
相模湾・三浦半島

静岡県
愛知外海
伊勢・三河湾
三重南部

和歌山県
徳島県
高知県

宮崎県
鹿児島東部
種子島・屋久島地方

沖縄本島地方
大東島地方
宮古島・八重山地方

青森日本海沿岸(津波が到達中とみられる/1m予想)

場所によっては津波の高さが「予想される津波の高さ」より高くなる可能性があるとしており、警報が発表された沿岸部や川沿いにいる人は、ただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難をするように呼びかけられれています。

到達予想時刻は、予報区のなかで最も早く津波が到達する時刻であり、場所によってはこの時刻よりもかなり遅れて津波が襲ってくることがあるため注意が必要です。

また、到達予想時刻から津波が最も高くなるまでに数時間以上かかることがあるため、観測された津波の高さにかかわらず、警報が解除されるまで安全な場所から離れないことが重要です。

スポンサーリンク




日本各地で津波による映像などが拡散

https://twitter.com/Roy_apper/status/1482383099803496450

https://twitter.com/ChiakiAsami/status/1482385526410080259