災害

板橋区大山金井町の火災現場判明!Twitterで目撃映像・画像、辺り一帯に白煙立ち込める。緊迫の状況、出火の原因は?

3月4日の昼前、東京都板橋区の東武東上線の線路沿いの住宅が全焼するといった火災がおきていました。

線路のすぐそばの住宅火災ということもあり、現場には緊張が走っており、その緊迫の状況が映像などで残されていました。

スポンサーリンク

板橋区大山金井町のアパートが全焼

この火事がおきたのは、2021年3月4日(木)の午前11時半すぎのこと。

板橋区大山金井町にあるアパートで「踏切の前の住宅で火事が起きている」と通報があったことから火災が発覚。

現場にはポンプ車など25台が出動し、消火活動を行い火は出火から2時間後にはほぼ消し止められましたが、出火元とされる木造2階建てアパート住宅は全焼し、周辺の住宅3棟、あわせて240㎡に延焼しています。

当初、逃げ遅れた人がいるといった情報があったものの、火元の住宅に住む60代の女性は、当時出掛けており、怪我はなかったようです。

スポンサーリンク


大山金井町、東武東上線沿線の火災、ネットで目撃情報

スポンサーリンク




大山金井町の火事現場はどこ?

火事がおきたのは、東武東上線・大山駅から東に約500mの線路沿いで下板橋駅とのちょうど間にある踏切近くでおきていました。

また、この火事で東武鉄道の電車運行には影響はなかったようです。

東京都板橋区大山金井町10-11

スポンサーリンク




全国で火災多発続く、原因は何?

空気の乾燥する時期であるため、連日火事がおきいます。

その原因の多くは火の不始末や、取り扱いの不備によるもので、煙草のポイ捨てや寝たばこ、ストーブなど火を使うものの近くに可燃物を置いていたりすることによるもの。

それ以外では家電製品の老朽化などによるショートからの発火や、放火などの不審火も起きています。

対策としては、しばらく使用していない古い家具や家では、電気設備の点検などが必要で、また消火器などの初期対応が可能なものを準備しておくことが非常に重要です。

スポンサーリンク




踏切近くでおきた火災、ネットの声は

職場の近くの火事だけど、呑気に燃えてる家を撮影してる同僚がいて引いたわ。

接してる線路は線路工事用の留置線なので、実際に電車が走ってる線路とは
離れていたお陰で電車が止まらなかったのは不幸中の幸いでしょうか。

この間、東横線でマンションの建設現場の足場が崩れて
止まったのがあったが今回の沿線火災は電車が止まらなくてよかった。

大山と言えば、有名な商店街のハッピーロードがありますね。
鉄道に影響がなくて良かったです。

出火して間もない頃でしょうか、池袋行きの電車から見えました。
火の取り扱いには気を付けたいですね、

~こちらも読まれています~
×