災害

横浜第二合同庁舎で火災、出火現場どこか判明!映像・画像が拡散!ポンプ車など39台が出動で消火活動中。怪我人など安否は。

速報です!

1月25日(月)の午後5時前、横浜市にある法務省や国土交通省など国の機関が入るビルで火事が発生。

この火事で消防車などが多数出動しており、現場付近は混乱状況となっています。

※追加情報
火元の延焼具合がひどいことから、火災の原因は充電をしていたバッテリーである可能性が高いとみられています。

スポンサーリンク

横浜第二合同庁舎で火事が発生!現場混乱

この火事がおきたのは、2021年1月25日(月)の午後5時前のこと。

横浜市中区にある横浜第二合同庁舎で「2階から煙が出ている」と近くにいた警察官から119番に通報があったことから火災が判明。

ポンプ車など39台が出動しており、消火活動が行われています。

現状では怪我人や逃げ遅れた人がいるかどうかは判明していません。

※追加情報
出火から約30分後に消火、怪我人などはなし。

スポンサーリンク


横浜市、火災の出火原因は何?

現場は法務省や国土交通省、第三管区海上保安本部など、国などの機関が多数入っているビルであるということで、重要な資料などの情報も多数扱われています。

そのため、失火などは厳重な注意が配られていると思われますが、寒さが厳しい時期、全国でも暖房機器による火災がなどが起きており、また古い設備であればショートなどの可能性も考えられます。

出火原因については、後程調査がされると思いますが、ひとまずは火災の消火に全力があてられています。

スポンサーリンク




横浜第二合同庁舎の火災現場はどこ?

火災がおきた現場は、横浜第二合同庁舎2階の角部屋にあたる場所から火が出ているようです。

最寄りの駅は「馬車道駅」や「桜木町駅」があり、横浜赤レンガ倉庫など有名な場所も多い区画です。

スポンサーリンク




横浜第二合同庁舎、火災目撃の映像や画像がTwitterで

 
※続報が入り次第、情報更新していきます。

~こちらも読まれています~
×