その他のニュース

えびせんべいの里社長が半田病院にマスク10万枚を寄付!白藤嘉康さんとは?画像や会社情報

新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に大きな影響を及ぼしている中、心温まるニュースが入ってきました。

感染予防としてマスクの需要が高まる中、医療機関のマスク不足が心配されています。

この度、愛知県美浜町のせんべい会社「えびせんべいの里」の白藤嘉康(しらふじよしやす)社長が3月5日、半田市立半田病院を訪れ、マスク10万枚を寄付したことが明らかになりました。

せんべい会社、白藤社長とはどのような方なのか?調べてみました。

スポンサーリンク


愛知県美浜町のせんべい会社「えびせんべいの里」の白藤嘉康がマスク提供

今回、白藤社長が病院に寄付したマスクは、新型インフルエンザが流行した2009年にせんべい会社が備蓄していたもので、地元医療機関にさらに14万枚を寄付し、県への寄付も調整中とされています。

白藤社長は「マスク不足で困っていると聞いた。皆さんが助かればうれしい」と話しているようです。

 
半田病院は受付職員らにマスク持参を呼びかけるなど、1日1千枚以上使っていたマスクを300枚に抑制していました。

今回のマスク提供を受け、石田義博院長は「非常にありがたく数カ月はもつ。大切なマスクを必要なところにしっかり配りたい」と話しています。

スポンサーリンク


愛知県美浜町のせんべい会社「えびせんべいの里」とは?

エビせんべいの里とは、工場見学もできるせんべいの直売店のことです。

〒470-2403 
愛知県知多郡美浜町大字北方字吉田流52-1

南知多道路 美浜ICから車で3分

営業:8:00~17:00 無休

愛知県知多郡美浜町にある「えびせんべいの里」では、えびせんべいを試食しながら購入もでき、製造工程の見学もできます。
えびせんべいは人気の贈答品シリーズ、お得な袋詰めシリーズから、素材丸ごとの贅沢感を味わえる多幸たこのから揚げなど種類は豊富。
本物を創造するために職人たちのこだわりがたっぷり詰まったえびせんべい作りを楽しめる工場見学も見ものです。
体験コーナーでは、大きなえびせんべいに絵付けができたりと、子供だけではなく大人も楽しめます。
お土産としてえびせんべいを買って帰れば喜ばれること間違いなし!
また、隣接したところにハーツガーデンがあり、季節の花々が楽しめるのも魅力のひとつです。

スポンサーリンク


マスクは長期時間が経っていても未開封であれば利用可能?

今回提供されたマスク、10年ほど経過しているためその利用に問題がないのか?といった疑問もあると思います。

調べてみたところ、マスクに関して具体的な消費期限(利用期限)といったものはないようですが、目安としては5年間とされているようです。

ただ、この5年間というのも耳掛け部分のゴム部分が劣化するということであり、口元のマスク部分には影響はないようです。

※湿気や保管場所、日光に当ててないかなど最適な保存をしていた状態で

 
けれど、ゴム部分は少しの手間で新しいものを取り付けることも可能なので、実際に利用できるマスクが大量に入手できたのは大きいと思います。

とくに医療現場など必要としている現場は多いため、有効活用されることを願っています。

スポンサーリンク


国が保管備蓄しているマスクが743万枚も存在する?

また、マスク不足が問題となっていますが、実は国が備蓄するマスクが743万1300枚あることが3月4日開かれた参院予算委員会理事会で報告されています。

このマスクについて、安倍首相は、新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが不足する医療機関が出ていることを踏まえ、「極めて重要度の高い所に出すことができるか検討したい」と述べています。

備蓄はマスクの他、全検疫所にある防護服も2万229着の在庫があるとしています。

 
これだけ多くの備蓄があるのであれば早め早めに放出することで、転売などの問題や混乱をある程度抑えられたと思うのですが、、備蓄のみで適度な開放などをしていなかったため忘れていたのかと思われます。

この備蓄マスクも2009年のインフルエンザの流行によって備蓄されていたとみられており、一部劣化はあると思われるので、使用には少し手間を入れる必要はあるかと思われます。

ただ、多くの人にとって大変助かるものですねので、ぜひ早めに放出してほしいと思います。

スポンサーリンク


白藤社長の太っ腹行動に感謝と感激の声

困った時の助け合い。素晴らしいです。ついでにネット記事に社名を掲載してもらってイメージブランドも向上して売り上げアップすれば、病院も会社もウインウインですね。

ここの煎餅も美味しくて大好き、美味しい煎餅作れるし、やる事も素晴らしい!また必ず買います。

偉いせんべい会社。民間企業で備蓄してる会社があるのだ。他にも民間企業で今すぐにマスクが必要でないのでしたら誠に申し訳ございませんが自治体とか病院とか高齢者施設など必要としてる所に譲ってあげて下さい。お願いします。

こういう方々が作っているおせんべいはきっと美味しいでしょうね。

個人オーナーが目先の金儲けで高く売るコンビニもあれば、助け合いの精神で寄付する会社もある世の中まだ捨てたものじゃないですね。

素晴らしい会社ですね!ところで政府が備蓄してるマスクはいつ使うのでしょうか?備蓄って緊急時に使う為に備蓄してるんじゃないのでしょうか?

医療機関にもマスクが入らない異常事態ですから、この寄付は本当に役に立つと思います。素晴らしいです。

インフルエンザ対策や災害対策の一環でマスクを備蓄している企業は少なくない。
しかし、せんべい製造会社となると規模は大きいとは思えないが十数万単位で複数寄付できるだけの備蓄となるとかなりの備蓄と言えるだろう。

~こちらも読まれています~