その他のニュース

遭難の中学生を発見!谷川岳、みなかみ町天神平スキー場、命に別状はなし。

2月11日(火)午後0時45分ごろに、谷川岳のスキー場でバックカントリーでスノーボードをしていた親子のうち、中学生の息子が遭難していた事件。

2月12日(水)の午後1時前に無事に発見されたとの速報が入ってきました!

また、15歳の少年は命に別状はないとのことです。

 

※こちらの記事については現在、詳しい情報はまだ入っていないため、再度新しい情報が入り次第更新していきたいと思います。

谷川岳で遭難の中学生は誰?バックカントリー中に…スキー場の場所はどこ?2月11日(火)午後0時45分ごろに、「谷川岳でバックカントリーでスノーボードをしていた息子が下りてこない」と、群馬県警沼田署水上交番に...

スポンサーリンク


天神平スキー場、15歳中学生の遭難事件概要

群馬県みなかみ町にあるスキー場のコース外でスノーボードをしていて行方が分からなくなっていた男子中学生(15)が12日午後、発見されました。

ケガなどの外傷や凍傷などもないとされています。

 
遭難事故が起こったのは、前日の2020年02月11日のこと、中学生の少年は父親(47)とともに谷川岳天神平スキー場のコース外でスノーボードをしていましたが、午前11時ごろ、先に滑降した父親が谷川岳ロープウェイの天神平駅付近で待っていたものの、中学生は姿を現さず、携帯電話は圏外、トランシーバーもつながらなくなっていたとされています。

そのため、父親は同日の午後0時45分ごろに「バックカントリーでスノーボードをしていた息子が下りてこない」と同署水上交番に通報し、県警や消防などが捜索隊を出し、午後7時まで捜索しましたが見つからず、いったんその日の捜索は打ち切っていました。

スポンサーリンク


遭難の15歳中学生発見と遭難中の行動

明けた12日の午前7時から捜索を再開したところ、スキー場と反対側の尾根で捜索に参加していた人がスノーボードの板を見つけ、足跡などを追っていたところ、自力で下山していた中学生を見つけ、無事下山となりました。

遭難した中学生は雪に穴を掘って寒さをしのぎ、一夜を過ごしていたということです。

穴を掘って吹雪と寒さをしのぎ、無事に生還できたことは大変喜ばしいことですが、バックカントリーへの立ち入りなどはもうしないように注意をしてほしいですね。

 
今回の遭難事故ですが、行方不明(遭難した)当時、現場付近は時折吹雪になるなどで視界が悪くなっており、中学生の少年は下山する方向を見失って遭難したとみられています。

スポンサーリンク


ネットでも遭難の中学生発見に安堵&今回の行動に怒りの声

ひとまず命が助かった事は良かった。ただコース外を滑っていた点については一緒に滑っていた親も含めて後で警察からこってり絞られるだろうな。

見つかって良かったね。今後はこういう事へのリスクをきっちり考えてやるなら安全対策きっちりやってからにしましょう。せっかく拾った命なのでしっかり考えて。

『バックカントリー』なんて立派なスポーツのような名称が付いていますが、区域外を勝手に走ったり滑ったりする危険行為ですよ。
登山道を全力疾走して、一般の登山者を突き飛ばしたり転ばせる『トレイルランニング』と同様ただの迷惑ですよ。
それから自分の事故で救助する人にも命の危険があることを考えて欲しいものです。

無事でよかったね。でも親子ともにしっかり怒られて、生きた心地がしなかった、たくさんの人が命がけで捜索に出てくれた、そのことを一生忘れないで感謝して欲しい。
助けてもらったその生命を大事にして欲しいと思うよ。

スポンサーリンク


最後に

今回の中学生男子(15)の少年については無事に発見されて一安心ですが、冬山のまた整備もされていなバックカントリーへの侵入は自殺行為です。

ほぼ、丸一日の遭難で命に別状がなく早期発見されたことは、かなりの幸運だと思います。

救助に当たる方も命がけになるので感謝と猛省をしてほしいですね。。

 
こちらは別のニュースですが、雪山での遭難で死亡された方もいます。

谷川岳で遭難の中学生は誰?バックカントリー中に…スキー場の場所はどこ?2月11日(火)午後0時45分ごろに、「谷川岳でバックカントリーでスノーボードをしていた息子が下りてこない」と、群馬県警沼田署水上交番に...
~こちらも読まれています~