その他のニュース

柴犬のケンの人気画像!札幌の焼き芋店はどこにある?「イヌのやきいもやさん」

札幌市にある、柴犬が店番をしているという焼き芋店が話題となっています。

この話題となっている「イヌのやきいもやさん」の店員は柴犬のケン。

今回、話題の人気店員、柴犬のケンくんとお店の情報について調べてみました。

神戸市教育委員会係長が自殺!名前・画像は?動機は東須磨小の教諭いじめ問題か。2月9日(日)早朝、兵庫県芦屋市の橋から39歳の男性が飛び降り、死亡するといった事件がありました。 男性は、昨年10月に発覚した神...

スポンサーリンク


「イヌのやきいもやさん」柴犬のケン

今、話題となっているのは、札幌市清田区の住宅街の中にある「イヌのやきいもやさん」

しかも店員はケンという名の柴犬のみ。

このお店は2018年11月に開店して以降、翌年には地元テレビで紹介されて認知度が急上昇。

SNSでも拡散されて、現在では海外からの観光客も多く訪れるほどの大人気ぶりとなっています。

スポンサーリンク


犬のやきいも屋さんの場所はどこ?

イヌのやきいもやさん
〒004-0842 北海道札幌市清田区清田2条1丁目15−11

※札幌駅からだと車で25分、電車で40-50分くらい。

スポンサーリンク


「イヌのやきいもやさん」発足のきっかけは福祉サービス

焼き芋屋さんで店番をしているケンは4歳のオスの柴犬。

このお店ができたきっかけは、障害福祉サービス「よつばの会」を運営する村山園人理事長(43)が、3年前に職員のために焼き芋をストーブで焼いたことだったで、その焼き芋が近くの高齢者施設の利用者にも無料で提供したことで評判となったようです。

この好評をみて「売れるかも」と思った村山さんは、店を出してみようと考えるも、店を出せる場所は施設の敷地しかないものの、住宅街の中にあるため、普通の店を出しても買ってもらえないと考えて、柴犬のケンを「店番」にしたとのこと。

 
手作りの店内にはケンが寒くないようにストーブも置かれ(やけどなどしないように対策済み)ています。

また、外国人にも好評で話題となっていますが、これには無人販売自体が珍しいといったことも関係しているようです。

さらに、店前に置かれたノートには英語や中国語、タイ語などの外国語のメッセージなどが書けるのも人気の秘密のようです。

スポンサーリンク


ツイッターでも話題の柴犬のケンくん

スポンサーリンク


ネット上でも癒される・かわいいの声多数

良いですね。今度行ってみます。焼き芋で200円て凄く安いですよね。

なんだかこういうのは良いね。性善説で回る幸せな社会って素敵

テレビで観たことあります。可愛らしいし、お芋もお安い。近かったら必ず行っていると思います。コンセプトも良いですよね。

毎日気が滅入るニュースばかりでしんどいです。この柴ちゃんは本当に可愛い。心がほっこりします。近かったらすぐにでも会いに行きたいですね。

店番頼もしいなぁ♡可愛いなぁ♡♡柴犬見るだけでほっこり幸せな気持ちになれる。こに焼き芋が加われば最強(笑)。そのうち訪れてみたい。

私も東京から往復四万円払ってケン君の焼き芋を買いに行こうと思ったよ!健闘を祈る!

スポンサーリンク


最後に

最近は暗い話題も多いですが、こうした癒しの空間や、ほんわかする話題に心癒されますね。

こういった多くの人が笑顔になれるような試みがもっと増えていけばよいですね。

~こちらも読まれています~
×