その他のニュース

横浜市旭区都岡町の水道管破裂で8m超の水柱で道路は渋滞!事故原因は?【画像・映像】

横浜市旭区で8日、地面から大量の水が噴き出しているのが発見されました。

原因は水道管の破裂によると見られており、現在復旧作業中です。

今回、その現場の映像や写真情報について調べてみました。

スポンサーリンク


横浜市旭区の道路から水が吹き出した動画がヤバイ!水道管工事中!

水道管の破裂による水の吹き出しは2月8日の午前10時20分ごろに起きたとされています。

原因としては、水道管の老朽化によるものだとされていますが、工事中のミスといった情報も出ています。

また、朝方に氷点下など寒くなっていた地域では、温かくなるについて水道管の破裂報告が出ているとのことで、その関連もあるかもしれません。

近くに見える家の屋根を軽々と超える高さの水柱は8mほどの高さにもなっているとのことです。

横浜市旭区で水道管破裂の現場は?

現場は国道16号が通る交差点の近くで、交通量が多く、噴き出した水が道路に流れ込んでいるため渋滞が発生しています。

詳細な場所は、神奈川県横浜市旭区都岡町9−25のあたりだとされています。

スポンサーリンク


水道管破裂の目撃証言が続々

スポンサーリンク


ネット上でも水道管破裂が話題に

水道管の寿命は40年〜70年程度だけど、日本中の水道管を全て取り替えるには130年以上掛かるという。
今後も頻発するだろうね。さらに地方の方が気になるけどね。

この前は磯子区でも同様の事故がありましたが高度経済成長期にベッドタウンとして急成長した横浜市の住宅地の水道管が悲鳴を上げているのでしょう。
現在、耐震化も含めて急ピッチで工事が進められているようですが工事が追い付かない状態なのでしょう。
一節には100年以上もかかるだろうと言われていますし、100年経つうちにまた別の何処かを改修しなければならないでしょうしまさに永遠に続く横浜駅改修作業のような気もしてきます。

吹き上げる水の高さから水圧の高さがうかがえる。水流でけが人や車両事故・近隣家屋の損壊が起きないことを願います。
(浸水家屋も相当数にのぼるのだろうなぁ・・)心からお見舞い申し上げます

凄い水圧!戦後全国で一気に上下水道整備進んだから、耐用年数も同時に迎えることになるね。昔は人口も多く高度経済成長期。今は少子高齢化で自治体によっては税収も減少。水道料金値上げは避けられそうにないな。

結構な高さまで噴き出してますから、かなりの圧力かけてるんですね。これで水道を民営化にしたら、水道管の交換料も載せられるから、水道代がべらぼうに高額になるんですかね?

隣接する住宅の基礎下の地盤がえぐられて、土を持ってかれてんじゃないかな?地盤改良と基礎補強が必要になるかも

スポンサーリンク


最後に

水道管の破裂でここまで高い水柱が上がるのは驚きですね。。

今回の事故からこれから問題となってきそうなことは、これからのインフラ整備について老朽化や料金の高額化などが起きてくる可能性が高いということ。

日本の人口減少に伴って老後などがの不安が増大し心配事が増えてきています。

明るい老後生活と未来のために、今が岐路に立たされていそうです。

~こちらも読まれています~