その他のニュース

新型肺炎に特効薬か?タイでインフル・エイズ治療薬で症状劇的改善に希望の光

中国、武漢市を中心に世界中に猛威を振るってきている新型肺炎ですが、2月2日にタイで投薬をした女性の体調が急速に改善したとの話題が入ってきています。

これが効果的だと判明すれば、現在の暗い話題を払拭する明るいニュースとなりそうです。

今回は、世界の脅威となりつつある新型肺炎の特効薬について調べてみました。

スポンサーリンク


新型肺炎に対する希望の薬が開発か?

タイの保健省が2月2日(日)に新型肺炎(新型コロナウイルス)で重症化していた患者に対して、インフルエンザ治療薬と抗エイズウイルス(HIV)薬を組み合わせて投与を試したところ、その症状が急速に改善したことがわかりました。

この女性は中国人の71歳の女性で、治療に当たった医師によると、10日にわたって症状が悪化し続けていましたが、投薬によって熱が下がり、食欲が回復し、48時間以内にコロナウイルスが消えたとしています。

現在、まだほかの検証はされてないようですが、これによって治療が進めば世界中で猛威を振るっている新型肺炎の特効薬となりそうです。

スポンサーリンク


新型コロナウイルスには抗エイズウイルス(HIV)薬が効く?

今回、タイでの治療成功の一報が流れましたが、まだまだ他の患者さんにも同様に劇的に効くのか?といった情報は判明していません。

ただ、エイズの治療薬が今回のコロナウイルスに一定の効果があるというのは、ある程度早い段階からわかっていたようです。

下記は先日、1月27日にロイター通信による記事です。

米製薬大手アッヴィ<ABBV.N>は26日、中国保健当局が、感染が急拡大する新型コロナウイルスによる肺炎の治療に抗エイズウイルス(HIV)薬を試験的に使用していると明らかにした。

中国政府は23日公表の指針で、コロナウイルスに有効な治療薬はないとしたうえで、カレトラ配合錠「ロピナビル/リトナビル」を2錠と、吸引機器「ネブライザー」で投与される「アルファ・インターフェロン」を1日2回服用するよう勧めている。

早期にこうしたことが判明していたようですね。

スポンサーリンク


高齢女性の症状改善に特効薬に期待の声!

これは朗報ですね!この結果をもとに、複数の臨床実験を通して早く治療法を確立して欲しいです!

タイ グッジョブ。71歳という高齢者が既存の薬で回復したというのは希望の光だ。
ほかの患者さんたちも同じような対応で快方に向かうことを望むと同時に 日本でもこういう吉報を聞きたいと願います。

RNAウイルスなので、抗HIV薬の効果はある程度期待されますが、SARSのとき効果なかったですからね。
インターフェロンもそこまでの効果はないようです。どちらも副作用のある薬剤なので、症例を選ぶべきでしょうね。

MERSやSARSに既存の抗HIV薬が有効という話があり、実際に現在中国で同薬が使われてるらしいのでそれを試したということですね。
これが本当に効果があるのなら既に存在し先進国では広く使われてる薬なので朗報ですね。
ただ、HIV感染者自体の数が日本では少ないので新型コロナウィルス患者が急増した時に薬の供給が間に合うのかという問題と高価な治療薬なのでそれがどうかというのはありますけどね。

イスラエル、インドの科学者がHIVに酷似していると発言してましたが、その通りの結果になりましたね!
タイよグッジョブ、良くやった!しかし、この結果から、新型コロナウイルスは武漢の研究所から漏れた、人工的なウイルスの線が濃厚になりましたね…。

抗HIV薬って、ウィルスが人DNAを書き換える事を阻害する薬だったと思うけど、新型コロナも同じ振る舞いをするのかな。
エイズもSARSも今回の新型コロナも、これ、自然発生じゃない気がするのはわたしだけだろうか。

免疫力が低下していて、この薬を服薬しているるHIV感染者はどうなるのか?
免疫力が低いから感染リスクは他の人より高いが既に体内はこの薬が染み込んでる
感染しないの?それとも治りが早いだけ?でも、この手のお薬は薬価代が驚きのお値段です

スポンサーリンク


一方で新型コロナウイルスに暗いうわさが?

現在、世界で猛威を広めている新型肺炎(新型コロナウイルス)ですが、一方でネット上でまことしやかに噂されている情報があります。

それは、「新型コロナウイルスは人工的に作られたものである」いうものです。

そして出どころとしては中国の研究所ではないか?とされています。

 

この噂については、既存のウイルスに似ているなど様々な理由からの推測のようですが、もし本当であれば世界中を震撼させる出来事になりそうです。。

ただ今は、一刻も早く事態が収束するように、効果のある治療発見に注力して欲しいと思います。

スポンサーリンク


最後に

今夏の情報はまだまだ、不明な情報も多いですが、新しい情報が入り次第更新していきたいと思います。

~こちらも読まれています~