×
その他のニュース

菊松安親さん八代航佑さんら3人死傷、日野基本射撃場で小銃乱射!教官狙った自衛官候補生(18)の正体

日野基本射撃場で自衛隊員が銃を乱射

6月14日の午前、岐阜県岐阜市にある陸上自衛隊の射撃場で、は10代自衛官の男が小銃を発射し3人が負傷するといった事態が発生。

自衛隊の射撃場でおきた衝撃的な事態、、何がおきていたのか?

岐阜市の陸自射撃場で銃発射事件、3人負傷

この事態がおきたのは2023年6月14日(水)の午前9時あたりと考えられています。

現場となったのは岐阜県岐阜市にある陸上自衛隊の日野基本射撃場で、自衛隊員が自動小銃を発射し3人が負傷する事態となりました。

自動小銃を発射したのは10代の男性自衛官ですでに逮捕されたとされています。

この事件で50代の男性1人と、20代の男性2人のあわせて3人が負傷しており、うち2人は重体とされています。

なぜこのような事態になったのか?

参照:岐阜の陸自射撃場 銃発射事件 1人重体 10代隊員逮捕

スポンサーリンク


小銃発射の10代自衛隊員の男、名前や顔画像はだれで動機は

この事態をおこした人物は男の自衛官候補生(18)であったことが判明しており、2023年4月から入隊したばかりで新隊員教育中であったとされています。

また、後に発砲の事実は認めていますが、殺意はなかったなどと否認しています。

名前:不明
年齢:18歳
性別:男
職業:自衛官候補生
所属:不明(陸上自衛隊:陸自候補生)
住所:不明
凶器:小銃
罪状:殺人未遂

また、次のように述べてもいるようです。

「52歳の教官が狙いだった。止めようとした人は殺すつもりはなかった。隣にいた隊員は自分と52歳の教官の間にいて妨げになっていたので撃った。足を狙った。」

岐阜市の日野基本射撃場とはどこか

現場となった射撃場は住宅街に囲まれた山部分に位置した場所にあるようです。

岐阜県岐阜市7

スポンサーリンク




当時の様子を見た近くの人の情報

近くの会社社員

「午前9時半すぎくらいに複数の消防者や救急車が基地のほうに入っていくのが見えた。射撃場は基地の奥まったところにあり、特に物音なども聞こえなかった。なにが起きたか知りたい」

菊松安親さん八代航佑さんら陸上自衛隊3人が死傷

この事件で死傷した3名はいずれも教官として現場にいたとされています。

死亡した隊員は陸上自衛隊第35普通科連隊に所属する菊松安親1曹(52)で胸を撃たれて死亡

八代航佑3曹(25)は脇腹を撃たれており死亡しています。

また、負傷した隊員は同じく第35普通科連隊に所属する原悠介3曹(25)で、左足を撃たれたとしています。

 
当時、亡くなった八代航佑3曹が、容疑者の発砲前に不審な挙動をしていたことに気づき、制止しようとして巻き込まれた可能性もあるとみられています。

容疑者の男は男は同射撃場のレーンに入る前の待機場所で、持っていた銃に勝手に弾の装塡(そうてん)を開始したため、上官らに注意されたが無視をして装塡を続け犯行に及んだとされています。

参照:死傷の陸自射撃場銃撃事件、死亡の自衛隊員含む3人の氏名公表 防衛省

自衛隊員による銃乱射にネットの意見は

元、自衛官ですが、射撃訓練中にという事ですので、突発的に周りの隊員に向かって発砲したと考えられます。射撃中は、弾丸含めて、銃に関する事は、厳重に管理、確認をするので、誤射はありえません。ですので、このような事態になり、残念でなりません。自分は、この銃口を人に向ける日がない事を祈りつつ射撃に臨んでおりました。隊員の無事を祈っております。

昨今、自衛隊内でのパワハラ、セクハラ問題が大きく報道されたが、今回の狂気の沙汰も、そのような背景が無かったか? と考えてしまう。 事件に至った経緯が気になる。そして、何よりも撃たれた隊員の方が無事でありますようにと願う。

まず場所知ってますが、完全に練習場なので民間人が入れるところではありませんし、民家からもかなり離れています。練習場内ということなので隊員が銃の所持に対し法律上問題はないですが、負傷者がいるということは、何らかのトラブルをきっかけに故意に打った可能性が高そうとはいえ、それを理由に人を銃撃していいということではないと思います。最近自衛隊内のパワハラセクハラが取りざたされていたりするので、そういうことが主原因でないことを祈ります。

被害に遭われた自衛官にはなんとか助かったいただきたいです。訓練中としか詳細が無いので、控えますが近年若年によるこういった事故事件が多いように思います。警察官しかり、銃を手にさせるのであれば精神的に人間的にカウンセリングが必要かと思います。

故意に人を撃ったという事件か。だいぶ前にも同じような事件があったのを思い出した。事件の背景は知らないが、相当重い罪として判決を受けるだろう。不特定多数の若者を入隊させ、全員に対し小銃射撃訓練を行うのだから、時々このような事件がおきてもおかしくはないのだが、予防策をしっかり練る必要があるだろう。

兄が自衛隊に所属してました。退官まで、被災地への救援、その他、様々なことで国と国民の為に、頑張ってくれました。詳細は分かりませんが、もし自衛隊に所属されてる人が起こした事だとしたら、本当に残念でなりませんが、この事で自衛隊は…と、ならないで欲しい。経済的に安定してる職種だという認識が大きい自衛隊ですが、お仕事は本当に大変だと思います。ほとんどの隊員さんが、厳しい訓練や、様々な業務をこなして、精神的にも厳しい鍛錬をつんで頑張ってくれてると思っています。身内に自衛隊員がいたからでは無く、日本の1市民として、本当に感謝と尊敬をしてるので。