その他のニュース

ゴーン被告がレバノンへ海外逃亡!?無許可出国の裏に弘中惇一郎弁護士の影?

2019年12月30日(月)、会社法違反(特別背任)などで起訴されて、保釈中だった日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告がプライベートジェットで日本を出国し、同日夕刻にレバノンに到着したことが判明しました。

ゴーン被告は保釈の際に、海外渡航禁止などが条件となっていましたが、それを破っての行動に「海外逃亡」ではといった話が出ています。

今回は、この事件について調べていきたいと思います。

富山市、高橋裕次郎さん宅で火災!住宅全焼で3人死亡の身元は?【現場画像】12月31日(火)の早朝、富山市で住宅を全焼する火事があり、3人が死亡しました。 火災があった住宅は、高橋裕次郎さん家族7人が住ん...
ゴーン逃亡に弘中弁護士「寝耳に水」で関与否定。逃げていないとの声明文、その真意は?2019年12月30日(月)に保釈中だったカルロス・ゴーン被告がプライベートジェットで無断で日本を出国し、海外逃亡をした件で担当弁護士の...
ゴーン海外逃亡の共謀犯、トルコで7人を逮捕!フランス・レバノンは逃亡ほう助?ゴーン被告の海外逃亡事件に関して、速報が入りました。 トルコの通信社などが1月2日、「トルコの警察当局はゴーン被告の日本からの不法...

スポンサーリンク


ゴーン逃亡と逮捕・起訴されていた内容は?

ゴーン被告の海外逃亡の一方が判明したのは、12月30日のこと。

日産自動車元会長である、カルロス・ゴーン被告が日本を出て、中東レバノンの首都ベイルートに到着したことを複数の海外メディアが報じています。

元会長のゴーン被告は、2019年4月下旬に保釈された際に、保釈条件として東京都内の住居に住むことが求められており、海外渡航が禁止されていました。

 

ゴーン被告は、所持するすべてのパスポートを弁護人に預けることになっていることから、日本からの出国は保釈条件に違反する可能性があるとされています。

東京地検幹部は「保釈条件の変更は聞いていない。事実関係を確認中」と述べています。

ゴーン被告が逮捕さた理由

2018年11月19日に報酬を過少に記載した金融商品取引法違反事件で逮捕。

自らの役員報酬、計約91億円を有価証券報告書に記載しなかったとされる金融商品取引法違反罪、オマーンの知人への送金を巡る会社法違反(特別背任)罪などで起訴。

2019年3月6日に一度保釈されたが、4月4日に東京地検特捜部が会社法違反(特別背任)の疑いで逮捕し再び勾留され、4月25日に再び保釈。

 

※情報追加
裁判所は職権などで保釈を取り消すことができ、今後はその手続きが進められるとされています。

また、保釈が取り消された場合、ゴーン被告が納めた保釈保証金15億円は没取されるとのことです。

スポンサーリンク


ゴーン被告が海外逃亡に成功した理由は?

海外渡航の制限のみならず、日本国内の旅行も制限をされていたとされているゴーン被告ですが、パスポートも弁護士に預けていたはずなので、この条件を踏まえるといくつかのパターンが考えられるのではないかと思われます。

・プライベートジェットを利用しが場合、パスポートなしでの出入国が可能?

・弁護士がパスポートを渡して海外逃亡の手助けをした。

・何らかの司法取引で海外への逃亡を許した。

いずれにしても、お金を持っていることで犯罪を犯したとしても特別な待遇が許される。といったような悪しき習慣がまかり通っている可能性が高いですね。

※情報追加
出入国在留管理庁によると、現時点でゴーン被告の名前での出国記録は無いということで、別の名前で出国した可能性もあるようです。

偽名で出国できたとすると、パスポートなども偽造をしていた可能性もあり、別の犯罪の疑惑も持たれてきますね。

スポンサーリンク


複数の国籍を持つゴーン被告

ゴーン被告は、フランスの国籍以外にも、レバノンとブラジルと3つの国籍を持っているとされています。

そのため、今回の逃亡先としてレバノンを選んだとされています。

名前 :カルロス・ゴーン
年齢 :65歳
生誕 : 1954年3月9日
民族 :レバノン人
出身校:パリ国立高等鉱業学校
職業 :実業家
実績 :日産自動車会長・三菱自動車工業会長・ルノー取締役会長兼CEO (PDG)

スポンサーリンク


無罪請負人、弘中惇一郎 弁護士

名前 :弘中 惇一郎(ひろなか じゅんいちろう)
年齢 :74歳
誕生日:1945年10月16日
職業 :弁護士

▼経歴
修道中学校・修道高等学校を経て、1968年に東京大学法学部卒業。
クロロキン、クロラムフェニコール、日化工クロム職業病裁判(六価クロム)など多くの薬害事件を担当したほか、マクリーン事件などを担当。
ロス疑惑の銃撃事件で三浦和義の無罪、薬害エイズ事件における安部英の一審無罪、障害者郵便制度悪用事件で村木厚子の無罪、小沢一郎の顧問弁護士を務めて無罪を勝ち取り、「無罪請負人」の異名も持つ。

これまでに弁護人・代理人を務めた人物

誰もが知っている大物の名前が並んでいますね。
それだけ、困難な依頼に対して成果をあげてきたのだとされます。

安部英
加勢大周
加藤紘一
花田勝
叶姉妹
三浦和義
守屋武昌
小沢一郎
川崎麻世
村上正邦
村木厚子
佐村河内守
中森明菜
中西準子
天羽優子
武井保雄
堀江貴文
麻木久仁子
野村沙知代
矢野絢也
鈴木宗男
東国原英夫
長嶋一茂
木村剛
鳥越俊太郎

ゴーン被告の海外逃亡に関してのコメント

ゴーン前会長弁護団の弘中惇一郎弁護士は、報道陣の取材に「話すことは何もない」と答えたとされています。

これは自分も知らなかったのか、海外逃亡の手助けをしたため、そのことを話したくないといったことなのか、詳細はまだ不明ですが、弁護士としてしっかりと責任をもって対応をすることが望まれます。

スポンサーリンク


ゴーン被告の海外逃亡にネットでは怒りの声

海外渡航は禁止されているはずなのにプライベートジェットを使えば出国審査なしで海外渡航できるのか?弁護士の責任は重大だろ。

当然ながら、弁護士が何らかの手助けをしたと考えるのが普通でしょうね。
保釈中の容疑者が逃走した場合は、弁護士にも何らかのペナルティを課したほうが、安易な保釈請求をしなくなってイイと思いますが、皆さん如何ですか?

そもそも保釈の条件として国内旅行も制限されていたはずなのに、渡航するとか許されるものなのか?

保釈した裁判所と弁護士の罪は重い。二度と帰ってくることはないね。10億もゴーンから見たら微々たる金額だったのでしょう。

船で逃亡する可能性はあると思っていたが、まさかプライベートジェットとは、当然運航計画を出さなければ飛行はできないのでは。弁護士は把握していなかったのか。また変装して行動していたのかもしれない。

スポンサーリンク


最後に

今年に入って、保釈した人物が逃亡するといった事件が度々起きていますが、今回の件は禁止されているはずの海外への渡航を許すといった、司法の根幹を揺るがす事態。

保釈に対して、犯人が逃亡したとしても一切の責任を持たないといった今の司法にも問題があるのは明らかですが、それらが改善される日が来るのか。

ゴーン逃亡に弘中弁護士「寝耳に水」で関与否定。逃げていないとの声明文、その真意は?2019年12月30日(月)に保釈中だったカルロス・ゴーン被告がプライベートジェットで無断で日本を出国し、海外逃亡をした件で担当弁護士の...
ゴーン海外逃亡の共謀犯、トルコで7人を逮捕!フランス・レバノンは逃亡ほう助?ゴーン被告の海外逃亡事件に関して、速報が入りました。 トルコの通信社などが1月2日、「トルコの警察当局はゴーン被告の日本からの不法...
郡山市、青木和弘の顔画像は?カラオケ店で渡辺秀司さん転落殺人!稚拙な犯行動機2019年12月28日(土)日の夜に、郡山市にあるカラオケ店で、口論になった2人が階段から転落し1人が死亡するという事件が発生しました。...
~こちらも読まれています~