×
その他のニュース

吉原有里子巡査長が拳銃自殺?二本松警察署で、、現場どこでだれか名前判明で動機は何?

吉原有里子

3月20日の朝、福島県にある二本松警察署の女子更衣室で、同署地域課の女性巡査長の吉原有里子さん(34)が頭から血を流して倒れているのが発見されました。

福島県警は、現場の状況や巡査長が左手に拳銃を握っていたことなどから、拳銃を使用しての自殺とみて調べられています。

警察官が拳銃を使用して自殺を図る事例はまれに発生していますが、今回の件に福島県警察本部の馬場警務課長は遺憾の意を示しています。

二本松警察署で巡査長が拳銃自殺

この事態が判明したのは2023年3月20日(月)の午前7時45分ごろ、現場となったのは福島県二本松市にある二本松警察署の庁舎2階にある女子更衣室でした。

同署地域課の女性巡査長である吉原有里子さん(34)が頭から血を流して倒れているのを署員が発見しました。

発見された吉原巡査長は、病院に搬送されましたが約1時間50分後に死亡が確認されています。

福島県警は現場の状況や巡査長が左手に拳銃を握っていたことなどから、自殺したとみて調べていますが、何故そのような状況になったのか?

参照:拳銃自殺か、二本松署内で女性巡査長死亡 父親に自殺ほのめかす連絡も

スポンサーリンク


吉原有里子巡査長、拳銃自殺の動機は?事前に

死亡した吉原巡査長は3月19日の午前8時半から24時間の当番勤務中であったとされています。

発見された20日の午前7時30分ごろに男性警察官とパトカーの給油に行く予定であったものの姿が見えなくなっていましたが、その直後に巡査長の父から次のように署に連絡があったため署内を捜索していたとされています。

「娘から自殺をほのめかすようなLINEがあったので捜してほしい」

吉原巡査長は制服姿で、鍵のかかった庁舎2階の女子更衣室内で頭から血を流してあおむけの状態で倒れていたのを発見されています。

拳銃から発射されたのは1発とみられ、県警は銃刀法違反(発射)の疑いでも調べるとしています。

二本松警察署の現場はどこ?

現場となったのは下記の場所にある警察署とされています。

福島県警察二本松警察署(福島県二本松市若宮2丁目)

スポンサーリンク




吉原有里子さん、現役警察官の死亡に

死亡した吉原さんは勤務態度に問題はなく、遺書などは現時点では見つかっていないとされています。

2014(平成26)年4月に県警に採用され同署には2021年3月から勤務してパトカーで警らなどを行っていたとしています。

この事態を受けて県警の馬場孝二警務課長は「原因を調査して再発防止に努めたい。県民の皆さまに心から謝罪申し上げる」と話しています。

また、2021年6月には田村警察署の屋上で、男性警察官が拳銃を使って自殺していることから県警察本部は、「拳銃を貸与されることの重みの教養」を実施するなど、再発防止策を講じていくとしている。

名前:吉原 有里子(よしはら ゆりこ)
年齢:34歳
性別:女性
職業:警察官(巡査長)
住所:不明
所属:二本松警察署、地域課の自動車警ら係
死因:不明(頭部への拳銃による発砲の傷か)

また、2023年3月15日には、県警本部勤務の巡査(24)が、庁舎内の拳銃保管庫で3回にわたり後輩の警察官に銃口を向けたとして、銃刀法違反の疑いで書類送検されています。

警察官の拳銃自殺にネットの意見は

署内で命を断つのは署内でなんらかの問題があったのだろうと勝手に思う。原因究明しても、その調査、公表をする側が加害者の可能性もあるからなあ。原因はなんであろうと、自ら死を選ぶ前に警察を辞めて休めば良かった。ラインで告知された親御さんの無念さは計り知れない。他の地域の警察でも拳銃自殺は起こっているのには、組織的な問題があるのだと思う。上層部が本気で取り組む気が無いから改善されない。なんとか対策を出来ないものかな。

働き方改革を掲げるなら、この長時間勤務を先ず改めるべきだと思う。長時間勤務している状態であろう交番勤務の方が、疲れた顔で対応されるより、デイシフト、ナイトシフトを月単位若しくは、2週単位で交代させるほうが疲れを引きずったまま勤務するよりよいのではないか。こうした現場の状況をわからず、机上で上層部が改革を論議しても、何も改善されない。今のままでは職員のメンタルヘルスに悪影響だろう。

何か悩んでいて蓄積されたのでしょうが。親にメール送るなら、まずは、退職を選んで欲しかったなー。拳銃と言う武器を使わないで欲しかった。自分の身を守る為に持っている拳銃だよ。退職して、一息ついて欲しかったです。若いのに、それはダメたよー、家族もいたたまれないよ。お父さんへのメールは、きちんと理由かいてあったのかな?パワハラとかなら、それはそれで証拠にはなるけど。

何があったのかは解らないが、相当な悩みがあったのでしょう。恐らく真面目な性格なのだと思います。それ故、何もかも捨てて1から人生やり直す。なんて発想にはならなかったのでしょうね。全て放棄するなら怖いものなんて何もないと、墜ちる所まで堕ちた経験がある自分なら言えます。生きていればいつか良いことだってありますよ。いつかはね。

女性と云うのが さらに痛ましいですね。理由は解らないがこれ以上耐えられない処まで追い詰められたのか自ら追い込んでしまったのか。警察官に関わらず今、精神的に不安定な方たちに影響しなければよいですが。生きる希望が薄れ絶望を感じた時に 他に比べたら拳銃と云う安易に生死を決められる物がある事も問題。ご遺族の方が浮かばれる原因究明と対策を願いたい。しょせん人間 弱くもろい生き物 三者に相談する勇気が欲しかった。

自身の頭を弾く女とかすごいな、よほどの悩みでもあったのだろう地域課なら交番勤務かそれが本署の方でって事は抗議の意味合いもあるのかも知れないどちらにしても事故ではなくて事件なのだから本来なら深く調べていくべきなんだが身内内での問題を明らかにする事になりかねないから病んでいたからとかで片付けてしまうのか?ご冥福をお祈りします