その他のニュース

【動画】福岡空港で緊急着陸の原因は?全日空機エンジントラブル爆発炎上!?

速報情報は入りました。

12月19日午前9時50分ごろ、福岡発羽田行きの全日空246便で離陸直後にエンジントラブルが発生し、10時15分に福岡空港に緊急着陸したとのことです。

現在、この事故によるけが人の情報は入っていません。

スポンサーリンク


全日空機エンジントラブルで爆発し炎上?

エンジントラブルが起きたのは福岡空港を9時51分に飛び立った羽田行き全日空246便。

空港を離陸後、右エンジンの温度上昇がコクピットの計器で確認されたため、右エンジンを停止し、福岡空港に引き返したとされています。

離陸後に右翼下から炎が上がり、黒煙が出たとの目撃情報もあり、乗客が「離陸した瞬間に焦げ臭いにおいと爆発で衝撃が走りました」とツイッターへ投稿していたようです。

飛行機は10時15分ごろに無事福岡空港に着陸し、搭乗してた乗客、乳幼児3人を含む270人、乗員は8人でけがはないとのことです。

スポンサーリンク


福岡空港旅客機緊急着陸、乗客と目撃者の声

スポンサーリンク


エンジン爆発の原因は何?

緊急着陸を行った航空機はボーイング767―300型機でトラブルの原因など詳しいことは分かっていないとのことです。

ただ、原因の1つとして考えられるのは「バードストライク」ではないかといった意見もでています。

バードストライクとは?

鳥が人工構造物に衝突する事故のことを指し、航空機の場合はエンジンに鳥が吸い込まれることによって不具合が起こる事故が発生しています。


※引き続き、最新情報が入り次第情報を更新していきます。

~こちらも読まれています~