その他のニュース

ながら運転厳罰化!12月1日~ながらスマホ違反で一発免停?詳細は?自転車も。

2019年12月1日、スマートフォンなどを使用しながら車を走行させる「ながら運転」の違反点数と反則金を引き上げ、懲役刑を重くするといったように違反時の罰則を厳罰化した改正道交法が施行されました。

これによってスマートフォンなどのながら運転の違反点数や反則金が3倍にあがっており、「一発免停」ともなりえる罰則強化が行われています。

今回、この改正によって具体的にどのように変わったのか?調べてみました。

スポンサーリンク


改正道交法が施行で厳罰化され変わった点は?

携帯電話使用等(保持)

今回厳罰化された違反行為について、車などの走行中に携帯電話を手に持って通話したり、スマートフォンの画面を操作したりといった行動をおこなった場合、「携帯電話使用等(保持)」という違反行為となります。
※走行中のカーナビ注視や操作も同様

違反点数と反則金は?

携帯電話使用等(保持)の違反点数は1点から3点に変更されます。

また、「保持」の反則金は車両の種類によって変動があり、

大型:7千円 ⇒ 2万5千円
普通:6千円 ⇒ 1万8千円
二輪:6千円 ⇒ 1万5千円
原付:5千円 ⇒ 1万2千円

といったように平均的に3倍近くの反則金が必要になっています。

※新たに懲役刑が追加され、違反を繰り返すと「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」の罰則が適用される可能性もあり

違反行為が原因で事故を起こした場合

通話や注視により交通の危険を生じさせる「携帯電話使用等(交通の危険)」は、違反点数は2点から6点に変更されており、即時免許が停止されて刑事手続きに入ります。
※反則金の納付で刑事責任を免れる交通反則通告制度の適用から除外のため

罰則は「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」とかなりの厳罰化がなされています。

スポンサーリンク


違反についての詳細、免停期間などは?

停止中や赤信号時のスマホ操作も違反になるの?

現在は、車を停止させているときであれば、携帯電話やスマホ等の使用は違反とはなりません。

ただ、赤信号から青信号に変わった際に、気づかずにスマホ操作などをしていて促されるなどトラブルの元ともなるため十分な注意が必要です。

免停は何点の違反からなるのか?

免停となる点数については、累積方法で算出されていて6点以上になると一定期間の免停となります。
※15点以上だと免許取り消し(初犯の場合)

免停の期間はどれくらい?

これは、前歴の有無や累積点数によって変わってきますが、下記のようになります。
※前歴とは以前に同様の違反があったかどうかで前科とはまた違います

・前歴なしの場合
累積6~8点で30日
累積9~11点で60日
累積12~14点で90日
15点以上で免許取り消し

前歴1回の場合
累積4~5点で60日
累積6~7点で90日
累積8~9点で120日
10点以上で免許取り消し

前歴2回の場合
累積2点で90日
累積3点で120日
累積4点で150日
5点以上で免許取り消し

前歴3回の場合
累積2点で120日
累積3点で150日
4点以上で免許取り消し

前歴4回の場合
累積2点で150日
累積3点で180日
累積4点以上で免許取り消し

以上のように繰り返すごとに、免許停止や取り消しまでの累積点数が低くなり、免許停止期間は最短で30日間、最長で180日間となります。
※前歴2回以上あると、走行中のスマホ操作で一発免停

スポンサーリンク


免停になったらどうすればよい?短縮する方法は?

免許停止の処分を受けた場合、一定の期間が過ぎることによって免許停止処分が解除されますが、「軽微違反者講習」「停止処分者講習」といった講習を受講をすることによって停止期間が短縮されます。

軽微違反者講習とは?

3点以下の軽微な違反を繰り返した末に6点になってしまった人が受けられる講習のことで、これを受けることによって、免停処分自体がなくなります。

停止処分者講習とは?

すでに免許停止処分や保留処分を受けた人が受けられる講習のこと。

軽微違反者講習の条件に当てはまら無い人(一発免停など)や軽微違反者講習を受けなかった人が受けられる講習で、一般に「免停講習」「短縮講習」と呼ばれるものと内容は同じです。

免停期間が短縮される日数と条件は?

講習を受けて短縮される期間は停止期間や、テスト結果(受講態度)などによって変わってきます。

講習内容は、機械や運転シミュレーターなどを使った運転適性検査や座学(講義)、筆記テスト、実際の運転テストなどがあります。

主な目安。
優(正答率85%以上)
良(正答率70%以上)
可(正答率50%以上)
不可(正答率50%以下)

免停日数30日:優で29日、良で25日、可で20日の短縮となります。
免停日数60日:優で30日、良で27日、可で24日の短縮となります。
免停日数90日:優で45日、良で40日、可で35日の短縮となります。
免停日数120日:優で60日、良で50日、可で40日の短縮となります。
免停日数150日:優で70日、良で60日、可で50日の短縮となります
免停日数180日:優で80日、良で70日、可で60日の短縮となります
※不可の場合は短縮日数は0日

受講料金と受講日数は?

受講料金としては、免許停止期間30日の1日(6時間)で11,700円、免許停止期間60日の場合は、2日間(10時間)で19,500円、90日間以上が2日間(12時間)で23,400円となっています。

※免停中に運転をすると無免許運転になり、3年以下の懲役または50万円以下の罰金で違反点数は25点となり最短でも2年間の免許取り消しとなる。

点数のリセットと前歴リセットのタイミングは

基本的には、免停期間終了後に点数はリセットされて0になります。

また、免停期間が終了してから1年間、無事故無違反で前歴もリセットとなります。

※軽微違反者講習の場合は、講習を受けることでも前歴と点数はリセットされますが、処分者講習を受けた場合は、点数は消えますが前歴は残ります。

スポンサーリンク


意外と知らない自転車の違反行為

自転車を運転しながらのスマホ操作

街中でよくみかける光景ではありますが、スマホや携帯電話を使用しながら自転車を運転することは道路交通法で禁止されています。

違反した場合には「5万円以下の罰金」が科せられることがあり、相手にけがを負わせた場合は、重過失傷害罪などに問われたり、被害者から損害賠償を求められたりすることもあります。
※自転車による事故で1億以上の賠償金が発生した事例もあります。

イヤホンをして音楽を聴きながらの自転車運転

イヤホンをして音楽を聴きながらの運転については、明確な禁止行為とは掲示されていません。

ただ、各市町村や都道府県などでイヤホンをつけての自転車運転を禁止しているところも多いため、基本的には禁止であると認識しておいたほうがよいです。

罰則についてもまちまちですが、違反時には「5万円以下の反則金」が科されると考えておきましょう。

禁止されていなくても危険行為であることには変わりないため、事故の未然防止として安全のためにもイヤホンを聴きながらの運転はやめましょう。

自転車の傘使用禁止について

実は雨の日に自転車で傘を差しながらの運転も禁止事項の一つです。

ただ、傘立てを利用するなどの条件付きで利用が可能なこともあります。

傘立てが使用できない地域
青森県、岩手県、山形県、静岡県、福井県、三重県

交通量が少ない場合のみ傘立て利用OK
茨城県、栃木県、愛知県、京都府、広島県、長崎県、熊本県

悪質な違反行為は前科がつく

自転車は、自動車やバイクなどと違って違反時には「自転車指導警告カード」(黄色カード)といわれるものと「交通切符」(赤切符)の2つの種類が着られることになります。

自動車などのように軽微な違反の際に白切符や青切符(交通反則告知書)といったものがないため、いきなり赤切符をきられて前科がつくといった可能性があります。

制度上、自転車の場合違反の軽重に関係なく赤切符を切られて前科がつくといった可能性がありますが、違反時に静止要請を無視して逃げたりなど悪質と判断された場合に赤切符が着られる場合があるようです。

スポンサーリンク


最後に

自動車の厳罰化が行われましたが、自転車や歩きでもながらスマホは問題となってきています。

それによって事故などが引き起こされた場合には、多大な賠償を支払わないといけないことも多くなり、大げさではなく一生を左右する問題となることもあるので、今一度、意識して気を付けるようにしたいですね。

~こちらも読まれています~