×
その他のニュース

大田区呑川と中央区大川で魚が大量死どこか判明で原因は何?現場映像・画像。双流橋~北糀谷橋間と平野川

東京と大阪の川で、ボラなどの魚が大量死しているとして注目を集めています。

異変を多くの人が目撃しており、騒動となっていますが、その原因は何だったのか?

過去にも同様の事例が。。

東京都大田区の呑川で魚が大量死!

この騒動が明らかになったのは2022年3月6日(日)のこととされています。

東京都大田区の住宅街を流れる呑川で、ボラなどの魚が大量に死んでいるのが発見され、その数は1,000匹以上とかなりの数に上っています。

市民などからの通報を受けて、水質調査などを行ったようですが、魚には目立った傷はなく、有毒な物質は検出されておらず、また水中の酸素濃度についても酸欠になるほどのものではないとされています。

大田区は、死んだ魚の回収作業を行い、都とともに水質調査を進めながら、原因を調べるとしています。

スポンサーリンク


呑川でボラなどの大量死は過去にも?現場どこか判明

今回、魚の大量死で騒動となっているのは下記の区域

呑川:双流橋~北糀谷橋

 
また、この大量死は過去にも何度か同様の事例がおきていたようです。

スポンサーリンク




大阪市中央区流れる大川、天満橋下でも魚が大量死

東京で魚の大量死が発見されていましたが、遠く離れた大阪でも同様の事例がおきていました。

2022年3月7日(月)の早朝、大阪市東成区を流れる平野川で、「魚が大量に死んでいる」と府にいくつかの通報がありました。

通報から調査をするも魚の死がいは下流に流されており、大阪市中央区の大川(上流が平野川)の天満橋の下に大量の魚の死骸が発見されました。

府の職員が確認したところ、魚の種類はボラである可能性が高いとしており、7日から8日にかけて、大阪市が平野川や大川の水質を検査しましたが、異常は無いとしています。

 

大阪府中央区でも魚の大量死現場はどこ?

最初の魚の大量死が発見された場所は、大阪市東成区を流れる平野川であったようです。

その後に流されて大阪市中央区を流れる大川の天満橋まで死骸がたどり着いたとされています。

スポンサーリンク




東京、呑川での魚の大量死にネットの声は?

都会の小河川では、昼間は川底の植物が光合成をするのでDO(溶存酸素量)は比較的豊富ですが、逆に夜間は川底のヘドロ分が分解するのに大量の酸素を消費するため、DOは低くなり無酸素状態が発生しやすくなります。特に、流量の少ない都市河川の夜間は、魚にとっては厳しい状況になる可能性が高いです。

呑川に限らず東京の浅めの川ではたまに起きる現象ですね。一気に押し寄せてきて酸欠で死んでいるものと思われるという説が一般的だったと思いますが、過去に割と起きてることも含め、その辺を省略して、まるで川に有害物質が流れているのに自治体が隠しているかのようなニュースに仕立て上げる辺り、テレビ局の姿勢が分かります。

最近少し暖かくなり水温の高い上層と低い下層で別れ、下層は低酸素となっていたと考えられる。ところが今日の日中の気温は連日に比べてかなり低かった。上層が冷やされる事で下層との境界が無くなり、一時的に魚の居る層と混ざり合い低酸素となったか或いは低酸素水に魚が迷い込み酸欠となったのかもしれない。

おそらくなんらかの毒物を下水に流した者がいたんでしょうね。その時だけ流したのであれば短時間で希釈してしまうのでこういった騒ぎになってからおっとり刀で水質調査をしてもその時点ではもう霧散してしまい証拠が出ないっていうパターンだと思います。以前地元の河川で同じような大量死がありましたがその時も原因不明と報道されました。その後、私を含めた大学の研究所のメンバーで現地周辺の調査や聞き込みによってある業者がある薬品を川に捨てた事がわかりました。これは後に刑事事件になりましたのでここで詳細を書くことは避けますが、今回の事例も地道にフィールドワーク調査をすればなんらかの痕跡は見つかるのでは?と思っています。

 

大阪、平野川での魚の大量死にネットの声は?

水温変化からの酸素足りんかったんやろうな。魚毒性の強い物が?なんてのも上記以外で考えられるけど、川の容量とか考えたらね余り現実的では無いかもね。

3月2日夕方、通勤帰りで毎日通る平野川の橋の上がなぜか凄い人だかり。川面を見ると一面魚でいっぱい!40年以上この川を見てますが初めて見た魚の大群!そして昨日同じ橋から川面を見ると大量の魚の死骸。何が起きてるんでしょうか?ちょっと怖いです。

ボラって淡水に強いけど、純淡水では生きていけません。潮が満ちてくるのに合わせて川を遡上したけど、潮が引いていくのに合わせて川を下らないと、魚は底の方の少しでも塩分濃度の高い水に移動しますが、都市部の人工河川はどこも一緒だと思うけど、ヘドロのせいで川底の酸素はほとんどありません(名古屋の堀川で調査したことがあります。中区まで川底では塩分が検出されますが、酸素はほぼ0です。)なので、遡上して迷ったボラの群れが貧酸素の川底で酸欠になって死んだのかと思いますが、どうでしょう。