その他のニュース

【速報】中曽根康弘元首相が死去!国鉄、電電公社、専売公社、日本航空の民営化に尽力

11月29日、午後12時40分ごろに中曽根元総理大臣が死去したとされる一報が入りました。

国鉄の民営化や日米安全保障体制の強化などに取り組んだ、中曽根康弘元総理大臣は101歳での死去。

ネットでは惜しむ声や、大往生であったとの声も聞かれます。

中曽根康弘元首相のプロフィール

※1980年代撮影の写真

生年月日:1918年(大正7年)5月27日
出生地 :群馬県高崎市
没年月日:2019年11月29日(101歳没)
出身校 :東京帝国大学法学部政治学科卒業
前職  :海軍主計士官(少佐)

東京帝国大学法学部政治学科卒業後、内務省に入省し、海軍短期現役制度で戦時中に海軍主計士官に転じるも、終戦後には内務省に再勤する。

退官後に衆議院議員に当選以来、中曽根派を形成するなど自由民主党内で頭角を現し、科学技術庁長官をはじめとして運輸大臣、防衛庁長官、通商産業大臣、行政管理庁長官などの閣僚経験を経て、1982年(昭和57年)から1987年(昭和62年)にかけて内閣総理大臣を務める。

国鉄、電電公社、専売公社、日本航空の民営化を達成した事績が特に知らており、アメリカのロナルド・レーガン大統領と「ロン・ヤス」関係と呼ばれる信頼関係を構築して日米安全保障体制の強化にも努めた。

※Wikipediaより引用

中曽根康弘元首相死去にネットの声

多分昭和生まれの人間ならみんな、森繁久弥と中曽根康弘元首相は死なないと思ってたんじゃないか

最後に

中曽根康弘元首相については、かなり長生きをされていてまだ存命であったこと自体に驚いている方も多かったようです。

大正から令和まで、多くの時代を生き抜き、様々なことをなしてきた方ですが、最後はゆっくりと休めること、ご冥福をお祈りいたします。

以上、中曽根康弘元首相死去による速報でした。

~こちらも読まれています~