その他のニュース

彦根市薩摩町、琵琶湖で発見遺体は誰で身元は?現場はどこか判明か。殺人事件か?スーツケースで遺棄、、

5月17日(月)の午後、琵琶湖の湖岸で打ち上げられたスーツケースの中から、身元不明の遺体が発見されたことで大きな注目を集めています。

観光地としても人気の場所、琵琶湖で発見された遺体は誰のものなのか、、

スポンサーリンク

彦根市薩摩町の琵琶湖湖岸で遺体発見

この事態が明らかになったのは、2021年5月17日(月)の午後2時15分ごろのこと。

滋賀県彦根市薩摩町の琵琶湖の近くに住む男性(83)らが、湖岸に打ち上げられていたスーツケースから人の腕が出ているのを見つけ、彦根市を通じて滋賀県警彦根署に通報したことから。

通報を受けた警察が現場で確認すると、中から銀色のシートにくるまれた遺体が見つかり、性別や年齢などは不明で、腕と胴体はつながった状態で一部白骨化していました。

発見当時、スーツケースは半分ふたがない状態で見つかっており、18日に司法解剖して、死因などを特定するとしています。

スポンサーリンク


琵琶湖遺体遺棄事件の経緯、死体の身元は誰?

発見された遺体について、2021年5月13日ごろにはすでに琵琶湖の岸近くに浮かんでいたのを目撃されていたようです。

また、15日には岸に漂着しているのが確認されており、老人会で清掃活動をしている際に確認されています。

スーツケースは高さ約1m、幅約50cmほどと結構な大きさがあったようで、黒っぽい布製でチャック式のものであったとされています。

実際に中身がの確認がされたのは、5月17日の昼杉で、チャックが開き中から銀色のビニールシートのようなものがはみ出ているのを、老人会の女性(72)が見つけ、中身のシートを少しめくると、中から茶色い肉のようなものが見えたため、動物の死骸かと思い彦根市に連絡し、市の清掃センターの委託先である人物と中身を確認したところ、白骨化した頭部と手が見えたことから、警察へ通報したとされています。

 
身元を示すものなどはでていないことから、現時点では、身元や性別、年齢なども不明とされています。

スポンサーリンク




彦根市薩摩町の琵琶湖湖岸で遺体発見

遺体が見つかった場所については詳細情報はでていませんが、現場の映像などから琵琶湖の湖岸、下記の辺りではないかとされています。

滋賀県彦根市薩摩町

スポンサーリンク




琵琶湖で発見された遺体にネットの反応は

警察でもない市の職員がこんな怖いものを見ることになるなんて、、、私だったらトラウマになる。

シンプルに疑問なんだが、人の腕を隠す場合、何故スーツケースなんだろ?浮いたり目立つので、余計に見つかりやすい気もするんだが。

このようなニュースを目にする度に、マイナンバーなんか登録するよりも、DNA情報を登録すべきではないか、と考えてしまう。

こうやって見つかれば事件として捜査が始まるけど、捜索届けも出てなくて、見つからないから事件にならない遺体はいろんなとこにあるんだろうな…。

一部なら身元特定は難しいのかな。家族がいるなら早く教えてあげたいし、家族の元へ戻りたいよね。犯人が一刻も早く捕まることを祈ります。

遺体をスーツケースに入れられて琵琶湖に。遺体の損傷が大きく身元がわかるかどうか。それにしても発見者は驚いただろうな。身元がわからず永代供養になる可能性が高い。悲惨な事件です。

~こちらも読まれています~
×