その他のニュース

札幌市にナタ男!現場どこ?特徴、顔画像や名前は?警察が警戒態勢!中央区南22条西6丁目、夫婦喧嘩で妻の首絞め飛び出す

非常事態です。

5月11日の朝、札幌市中央区の住宅で、30代の男がナタのような刃物を持ち出したまま、その行方が分からなくなっています。

近隣の住民や、学校などに注意が呼びかけられ、警官などが警戒に当たっています。

スポンサーリンク

札幌市中央区の住宅街、ナタを持った男が逃走

この事態が明らかになったのは、2021年5月11日(火)の午前7時ごろのことで。

北海道札幌市中央区南22条西6丁目にある住宅でから、30代の男がナタをもって家を飛び出したと、男の妻から通報がありました。

「夫がナタのような刃物を持って家を出て行った」

この通報を受けて警察は、付近の住民や小中学校に注意を呼びかけるなど、警戒態勢を敷いており、現場近くの幌南小学校では、教職員による見守り登校が行われています。

なぜこのような状況になったのか?

スポンサーリンク


夫婦喧嘩で自暴自棄に?ナタ男の正体、特徴は

事件の直前、夫婦喧嘩をしていたたようで、刃物を持って出た男は、妻の首を絞めるなどの暴行(殺人未遂)をしており、家を飛び出す際「死んでやる」と叫んでいたようです。

名前:不明
年齢:30代
性別:男
身長:180cmほど
体型:細身
服装:ハンチング帽

顔画像など、より詳しい情報が判明していると思われますが、公開されているのはなぜかあまり参考にならない情報ばかりであるため、現状では30代の男を見かけたら全てに注意が必要です。

スポンサーリンク




ナタ男、逃走の現場はどこ?近隣の施設は何?

詳しい現場については情報がでていないものの、北海道の市内の場合はかなり場所が絞り込めます。

ナタを持った男が飛び出した住宅付近は、「札幌市立 柏中学校」「札幌市立幌南小学校」「アクロスプラザ南22条」など人が多く集まる場所が複数あり、そうした人が多く集まる場所に自棄になった人物が飛び込んで、最悪の事態が引き起こされることがなければよいのですが。

札幌市中央区南22条西6丁目

スポンサーリンク




ナタ男、逃走の現場はどこ?近隣の施設は何?

ハンチングかぶってナタ振り回してるのもさらに怖いなぁ

ハンチングて、飛び出した割に随分オシャレしてるねぇ。やけっぱちの人の行動とは思えんが、、。

死んでやる、かまってちゃんかよ。死にきれなかった、とかすり傷ひとつなく発見されそう。近隣の人は本当に良い迷惑。

死ぬのは勝手ですが、山奥でやって下さいとしか言えない。ナタで自殺はなかなか勇気がいりますね。弱い奴は巻き添えに誰かってパターンも考えますから、それだけは勘弁。

一刻も早くに、身柄が確保されてほしいです。本人だけが「自殺」ですめばまだしも、何の関係もない人々が巻き込まれたら、取り返しのつかない惨事になってしまう。夫婦喧嘩ごときで、世間一般に迷惑をかけるような真似はしてほしくありません。

夫婦喧嘩して、嫁さんの首絞めて、「死んでやる!」と叫んで、ナタを持って飛び出し、今どこをうろついているか分からない。理解できるのは、最初の夫婦喧嘩のところまでで、以下はやらかす精神状態を疑う。

騒ぎにするなっていう声も出ているようだけど、刃物持った自棄になった男が外をうろついていて、警戒も何もするなってほうが無理。何事もなければそれでよいけれど、危険がある状況でそれを伏せる意味がわからない。

 
※こちらの事件については、詳しい情報が入り次第、追加・更新していきます。

~こちらも読まれています~
×