その他のニュース

北九州市、シェパード死亡ペットサロンどこ?虐待?スッキリ放送「わんわんハウス若松」大山田真美とは。

北九州市にあるペットサロンで、預けたシェパード犬が死亡したとして、ネット上で大きな注目を集めています。

経営者の過剰な「しつけ」による虐待があったとされていますが、その真偽は。

スポンサーリンク

北九州市ペットサロンで愛犬が死亡、その背景に虐待行為?

これは2021年1月28日に日テレ系の情報番組である「スッキリ」で放映され、一気にその拡散が広がったもの。

経緯としては、死亡した犬(シェパードのアダム)の飼い主は出張が多いことから、2020年6月ごろから、犬のしつけを兼ねて週に2、3回ほどペットサロンに預けていたとされています。

ところが、2021年1月12日に、サロンから飼い犬が死にそうだといった電話があったため、慌てて病院に駆けつけると、すでに死亡していたあとでした。

経営者にその経緯を聞くと、シャンプー中に犬が暴れたのでしつけをしたと説明し、事故だったとして謝罪しています。

スポンサーリンク


北九州市、シェパード死亡ペットサロンはどこ?

今回の事態がおきたペットサロンは、北九州市若松区にある「わんわんハウス 若松店」

わんわんハウス 若松店
〒808-0103 福岡県北九州市若松区二島1-4-14

口コミの評価は☆1つと最低ラインですが、話題となった後の口コミが殆どのようで、実際の過去の行動については不明ですが、あまりよい噂は出ていなかったようです。

スポンサーリンク




飼い主がSNSで愛犬の死について拡散

スポンサーリンク

従業員が経営者の虐待を証言?経営者は誰?

この件で、当時店にいた経営者運営の動物専門学校の生徒2人が、のちに経営者による虐待があったと明かしているようです。

当時アダムは、ドッグランで遊んで泥だらけになり、従業員と生徒2人の計3人でシャンプーを始めたていたとされています。

そこに経営者の大山田真美が来て「しつけ」として、犬の首輪を直接シンクの手すりにつなぐよう指示し、犬が嫌がって首輪を抜くと、押さえ付けて再びつなぎ、頭から水をかけることを繰り返しさせたと述べています。

その後、アダムは窒息したように一瞬気を失い自力で立てなくなり、30~40分経っても回復しなかったため、動物病院に連れて行くと、口の中のものを吐いたとしています。

病院が心肺蘇生を試みたものの、そのまま息を吹き返すことはなく死亡しました。

※ツイート元のアカウントは削除されたようです。

スポンサーリンク


店側が今回の事態にコメント。㏋や一部広告サイト情報消失

この度わんわんハウス若松店にて生後4ヶ月から半年に渡りお預かりしていました犬が亡くなる事故がありました。

この様な事故が起きた事について、大変申し訳なく思っております。

飼い主様に対しましては、弁護士と相談の上、誠意を持って対応して参ります。

あわせて、この事故につきまして事実と異なる内容が一部のSNS等で拡散されており、お客様にはご心配をおかけ致しております。

皆様には、大変ご心配をおかけしました事、重ねてお詫び申し上げます。
今後もより一層のサービス向上に努めて参ります。

株式会社わんわんハウス
代表取締役 大山田真美

 
「わんわんハウス」のホームページには上記のコメントが記され、サイト内の他の情報は見れなくなっています。

また、一部の広告サイト上からも上記店舗に関する記載や、代表に関連した情報(動画や学校のHPの一部)削除されていますが、これは何を表しているのか。

スポンサーリンク




大山田真美の顔画像や情報について

 
九州動物専門学院の学長をしており、多くの生徒を持っていたようです。
※関東動物専門学院の名前もHPにはあります。

~こちらも読まれています~
×