その他のニュース

【道路復旧】稲川スキー場、倒木はどこ?復旧はいつ?秋田、湯沢市大雪で孤立のスキー客は誰?

12月20日にかけて強い寒気の影響で、新潟や群馬の山沿いを中心にして積雪が再び急増しており注意が必要です。

19日、秋田県湯沢市にある「稲川スキー場」に通じる道が、積雪による倒木で通行不可となり、44人が孤立状態になっています。

道の復旧は?取り残された人たちの安否は大丈夫なのか。

※情報更新
20日午前6時45分すぎに道路復旧し、警察の誘導で客らが移動開始。

スポンサーリンク

秋田県湯沢市、稲川スキー場が大雪で孤立

この事態が明らかになったのは、2020年12月19日(土)の午後7時50分ごろのこと。

湯沢市の稲川スキー場近くの市道で、雪の重みで木が倒れて電柱が折れているのが発見されました。

この倒木事故により、スキー場への道が塞がれてしまい、スキー場に従業員や利用客合わせて44人が取り残された状態になっています。

現在44人は、スキー場にある施設(レストラン)に避難をして、倒木の撤去・復旧を待っています。

スポンサーリンク




取り残された利用客などは誰?安否は

現在、取り残されているのは家族連れなどの日帰り客と従業員ら計44人。

そのうち、利用客は35人で小中高生22人が含まれているとされていますが、体調不良などは訴えていません。

また、避難をしているのはスキー場内にあるレストランのようで、電気は通じており「ストーブがついているので寒くはない」といった返答がきているようです。

場所もレストランということで、食料などもしばらくは困ることはないと思われます。

規模が小さいスキー場であるため、宿泊施設などはない場内にはなさそうです。(大勢が泊まれるほどのもの)

スポンサーリンク


稲川スキー場の場所と事故現場はどこ?

スキー場は湯沢市街から少し離れた山間部にあり、そこまで大きな場所ではないようです。

地図で見ると、近くにいくつか他の施設があるところを見ると、スキー場からほど近い場所で、倒木事故がおきたのではないかと思われます。

稲川スキー場
秋田県湯沢市駒形町八面深沢 地内

スポンサーリンク




安否確認で一安心も復旧はいつ?

こうした状況ではパニックになることが一番怖いものですが、状況は安定しているようです。

場所的にも、現場の状況からも、すぐ近くに施設もあるため問題はないとおもわれますが、長期間じっとしているのは辛いものがあるため、早めの救助が望まれます。

ただ、場所は山奥であることと、大雪が続いてる状況、電柱も倒れているとのことなので、電柱に関しては完全な復旧には数日はかかりそうです。

※12月20日(日)午前6時45分すぎに道路が復旧してすでに移動を開始。

スポンサーリンク




スキー場の孤立にネットの反応は?

暖かいなら大丈夫かな。でもトイレとか混むだろうし不便には変わりない。
ホテルもないだろうし、少しでも快適に過ごせること、早く帰宅できること祈ります。

こういう場合に避難先で密になるなというのも難しいだろうから、
ほんとに今年はこれ以上の自然災害が無い冬になってほしい。

スキー客ということは、それなりに防寒服を用意しているでしょうし、今のところ電気供給にも問題なく、
ストーブもあることから、暖かくして状況の改善、あるいは救助を待つということになるでしょう。
落ち着いて冷静に行動することが肝要です。

とりあえず場内のレストランまで戻れたなら最悪の事態は免れる事が出来るでしょう。
早急な救助が必要である事には変わりないですが、夜間の救助活動は危険と隣り合わせ・・・
二次災害に注意して下さい。

倒木で道路寸断。これは仕方ない。ケガ人が出なかったのはよかった。
明るくなってから除雪車と倒木を動かす作業をするだろうが、明日も秋田湯沢は大雪。
作業にあたる人達もくれぐれも注意してほしい。

稲川スキー場って国道から見える、急斜面のスキー場。
山道を上りきった先にあるわけでもないし、森の中の道を行く感じ。
母の実家が稲川のさらに奥なので、連れていってもらったことがある。

森の中の道を通ったし、その先には田んぼもある。
スキー場に行く道の手前は支援学校やデイサービスもあるから、
倒木したのは本当にスキー場の出入口のところなんだろうなって。
暖房もトイレも食料もあるなら一晩くらいなら平気かな?

~こちらも読まれています~
×