その他のニュース

飲酒容認?奈良教育委員会、吉田育弘の背後に圧力?山辺高校サッカー部、飲酒部員の全国高校選手権出場へ。

驚きの速報が出ました。

2020年12月8日、奈良県の山辺高校のサッカー部員が飲酒をしていた事件で、12月17日に飲酒していた部員についても全国大会へ出場させるといった発表をしました。

実質、ペナルティなしでの無罪放免にも等しい判断、何があったのか?

山辺高校サッカー部、飲酒の部員の名前と画像は?寮の場所はどこ?並松寮で常習?全国高校サッカー選手権辞退なし?その理由は大晦日から開催が予定されている、全国高校サッカー選手権に初出場する奈良県の山辺高校のサッカー部員が、寮内で飲酒していたことが明らかになり...

スポンサーリンク

山辺高校サッカー部の飲酒部員、反省で全国出場へ。

12月8日発覚した、奈良県立山辺高校で高校2年生のサッカー部員10人が飲酒していた問題で、県の教育委員会と学校が『部員らを指導した結果、8人については反省が見られる』として、全国大会に出場させる考えを明らかにしたことで、大きな波紋を呼んでいます。

今回の出場決定への判断として、12月17日に山辺高校と奈良県教育委員会が行った会見で、10人のうち8人は反省が見られるとして全国大会に出場させるとした一方で、残り2人については『反省文の内容が不十分だ』として出場させない考えを明らかにしています。

この出場させない部員2人については今後も指導を続けていくとされていますが、具体的にどのように反省が不十分であるのかなどは明らかにしていません。

スポンサーリンク


飲酒のサッカー部員無罪放免?その判断理由は

元々、前回の会見時でも全国大会への出場辞退は拒否していましたが、飲酒した部員に実質何もペナルティがない状態での出場に、大きな批判が寄せられています。

奈良県立山辺高校、吉岡敏之校長のコメント

「せっかくつかんだ機会を奪ってはならない。向き合ってもらいたいという思いがある」
「戦ってきた他の高校生の思いも背負って、精いっぱいフェアプレーを行ってもらいたい」

奈良教育委員会、吉田育弘教育長のコメント(前回会見時)

「全国大会への出場は辞退をしない。当該生徒の出場については指導を終えた生徒の状況を県教育委員会と校長とで見極めた上で、その当該生徒の出場を決定していく。」

スポンサーリンク




反省だけならサルでもできる?

これは一昔前にあったCMで話題となったフレーズ。

 
この意味としては、反省した(フリ)だけのポーズに意味はないといったものですが、本当の反省には何かしらの罰則と、それを次に活かして同じ過ちを繰り返さないことができるかどうかが重要。

今回はその反省と罰則を、「反省文」で判断をしたとのことですが、反省文は少しのコツさえわかれば、すぐに書けてしまうようなもので、またそれを見て反省の度合いを決めるといった、個人のさじ加減一つでどうにでもなる方法には疑問を覚えます。

もちろん、まったく意味がないわけではなく、事実を明らかにし自分の行動を省みるためにも必要とは思いますが、それで何事もなかったことになるのは別の話で大問題です。

スポンサーリンク


激甘対応の背景には圧力?

ボスコヴィラサッカーアカデミーは2017年度から、県立山辺高校と連携し、トレーニング、食事、学業の面で3年間サポートしていくという、日本初の試みで行われた一大プロジェクト。

アカデミーでは、綿密なスケジュールが組み立てられており、朝食の時間から、就寝時間まで決められた一定のリズムを大切にし、「国際的に活躍する人材の育成」を目標に掲げていたもの。

クラブの目的は単純な選手強化のみならず、「サッカーを通して社会に貢献できる人間力を形成すること」としていました。

しかし、実際には飲酒などの行動が行われるといった「社会に貢献できる人間力」とは程遠い人物が多数生まれる環境になってしまいました。

 
ただ、このプロジェクトにはかなりの金額がかけられていると思われ、そのために今回の件を有耶無耶にして、なかったことにしようといった思惑がある可能性も考えられます。

部全員の出場辞退まではいきすぎとしても、飲酒の部員は今年は外すのが妥当な処分であると思われますが、、、

スポンサーリンク




山辺高校サッカー部の寮はどこ?「並松寮」

今回の飲酒があったサッカー部の寮は「並松寮」。

ここは平成28年度末に廃校となった奈良市立並松小学校の跡地を寮として転用した建物で、山辺高校はサッカー部と寮の管理運営を民間団体の「ボスコヴィラサッカーアカデミー」に委託しています。

サッカー部は奈良市の民間企業が運営するクラブチームに所属し、クラブの寮で生活しており、寮には指導者が一緒に住んで生活指導に当たっていました。

スポンサーリンク




奈良、教育委員会と学校の方針に非難殺到!

連帯責任での出場辞退が絶対必要とは思わんが 飲酒した選手を出すのはさすがにおかしいだろう
これは協会の方で不適格として出場を許可してはいけないと思う。

これは駄目だ!最低でも飲酒した選手は反省したとしても、
今回は外さなきゃ今までの指標(これも根拠がある訳ではないが)が全て崩れる。

飲酒した悪い子を特定せよ。ってことになりかねないし、今の時代SNSで誹謗中傷の的になるのは想定できるだろ。
生徒の身を守る立場からして辞退した方が賢明ではないでしょうか。

ありえないね。個人的に集団で責任とって辞退は反対の立場で、
当該選手だけ辞退がいいと思いますが、チームは出場するし、当該選手も出場はさすがに甘すぎる。

なんか奈良県の教育委員会は学校に弱みを握られているのか?
どうみても出場辞退相当の不祥事だと思うのだが。
増して皆2年生何だからしっかり反省して来年またチャレンジすればいいと思う。

高校野球だったら完全にアウト!山辺高校の校長を始め監督他は、今回の問題を軽視しすぎ。
生徒を甘えさせ、将来社会人となった時通用しない人間になるとも言えず。
他校の高校にも面僕ない。今回の事例を認めれば、今後、飲酒、禁煙等でばれても、
反省した振りをすれば見逃してもらえると思う生徒が、少なからずいると思う。

山辺高校サッカー部、飲酒の部員の名前と画像は?寮の場所はどこ?並松寮で常習?全国高校サッカー選手権辞退なし?その理由は大晦日から開催が予定されている、全国高校サッカー選手権に初出場する奈良県の山辺高校のサッカー部員が、寮内で飲酒していたことが明らかになり...
~こちらも読まれています~
×