その他のニュース

福岡市、春菊販売のお店はどこ?基準値180倍の農薬!JAくるめ「筑紫次郎の贈りもの」に注意喚起!原因は何?

福岡市は12月8日、市青果市場を通じて販売された春菊から、基準値の180倍の農薬が検出されたことを明らかにしました。

これを受けて福岡市は流通先の店舗で購入した春菊を食べないよう呼びかけています。

販売されていたお店はどこなのか?すでに判明している情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

福岡市で基準値180倍の農薬が春菊から検出される

対象の春菊が販売されたのは、2020年12月7日(月)と8日(火)、発見の経緯は、福岡市が流通している青果を抽出して検査したところで判明したとされています。

JAくるめ(福岡県久留米市)が出荷し、福岡市内の青果店で販売された春菊の一部から基準値の180倍の農薬イソキサチオンが検出されました。

対象の商品は「筑紫次郎の贈りもの」と名が入った福岡県産の春菊。

福岡市の調査によると、少なくとも市内の4店舗で販売されたことが分かっており、対象品を食べないよう呼び掛けています。

スポンサーリンク


対象商品の販売された店舗はどこ?

現在までに判明している春菊の販売店はいずれも福岡市の八百屋。
※JA出荷の一部商品から問題が発見されたもので、他の商品に問題はなく対象商品に対する注意喚起です。

対象商品は「筑紫次郎の贈りもの」と記載のある福岡県産の春菊

■イトシマヤ
福岡県福岡市東区貝塚団地

 
■あかね青果
福岡県福岡市城南区東油山2-3-5

 
■ヒラノ(博多区諸岡1丁目)
※対象情報では情報が出ないため、おそらく「ミスターワールド諸岡店」内のものではないかと思われます。(経営会社名がヒラノ)
福岡県福岡市博多区諸岡1-16-26

 
■松永青果(南区井尻3丁目)
こちらは情報がでてこず、詳細な場所は不明となっています。

 
上記は販売されたとされる店舗情報であり、その他の店舗でも販売されている可能性はあるとのことで、「筑紫次郎の贈りもの」と記載がある春菊は今しばらく食べないように気を付けてください。

スポンサーリンク




対象の春菊を食べるとどうなる?

今回、注意喚起が行われている「春菊」には、基準値の180倍の農薬が検出されているとされています。

その成分である有機リン系殺虫剤のイソキサチオンの基準値は通常0・05ppmのところ、検査では9ppmが検出されています。
※生産者は特定しているため、商品名などが限定されているようです。

この春菊を食べた場合、体重60kgの人でも20gほど食べただけで、よだれが垂れる、嘔吐(おうと)、失禁などの症状を引き起こすとされています。
※ひどい場合はけいれんを起こす可能性も。
※8日までに健康被害の情報はなし。

もし食べてしまっていたら、症状がなくても念のために病院で診てもらうのがよいです。

スポンサーリンク


高濃度農薬の原因は何?

今回の件、春菊を出荷した農家の情報によると、タマネギ栽培で使う害虫駆除のための農薬を、誤って春菊に使用したためと明らかになりました。

これは福岡市の検査結果を受けてJAくるめが8日に農家へ聞き取りを行った際に判明したとされています。

畑でタマネギを栽培している農家が、余った農薬を、隣のビニールハウスで栽培している春菊に使用したと認めており、イソキサチオンはタマネギの場合、土にまくため食べる部分には着かず、収穫までの間に分解もされるようです。

しかし、春菊の場合は葉の部分に農薬が直接付着するため、高濃度になる可能性が高いとしています。

スポンサーリンク




対象の春菊を見つけたらどうしたらいい?画像

対象の商品を見つけたら、購入した店舗に持っていくことで返金されるようです。
※自主回収をしているため。

※「筑紫次郎の贈りもの」はブランド名みたいなもののようで、春菊以外の野菜などの販売もあるようですが、現在までに検出されているのは春菊のみ。

出荷は12月5日~8日にかけてのもので、23ケース(1ケース25袋)程度をJAくるめに出荷したとしており、JAがくるめが福岡市中央卸売市場の卸売会社「福岡大同青果」に出荷していました。

スポンサーリンク




Twitterでも情報が拡散!注意喚起

~こちらも読まれています~
×