MENU
その他のニュース

【映像】ピーチマスク拒否男は誰。今度は伊東園ホテルズで騒動?その真偽は。マスパセおくのじゅんや氏の動画また広がる。

2020年9月7日、釧路空港発関西空港行きのピーチ機で、男性がマスクを拒否し、他の乗客に大声を出すなどして、安全阻害行為を理由に新潟空港で途中降機させられた騒動。

この人物が今度は、長野県の伊東園ホテルズの施設に宿泊時に、マスクの有無による騒動を起こしたとして話題となっています。

その真偽や騒動の内容はどのようなものなのか。

スポンサーリンク

マスク拒否、伊東園ホテルズで再び?

この騒動は2020年11月18日と19日におきていたようです。

ピーチ機内でマスクを拒否して降機させられた男性が、長野県内のホテルでも同様のトラブルとなり、その経緯をブログなどに公開したことで話題となっています。

大人数の警察が出動する事態となったこの騒動とは一体、どのような騒動だったのか?

スポンサーリンク




長野県、伊東園ホテルズの施設の騒動経緯

男性は11月18日、長野県の伊東園ホテルズの施設に宿泊するためチェックインし、夕食をとるためにバイキング形式の夕食会場にマスクを着けずに入ったことで、スタッフがマスク着用を要請しましたが、それを拒否。

拒否理由としては、体調や健康の問題を挙げたが、具体的な内容は言わなかったされおり、「法律上の規制はなく、マスクを強制できない」といった内容の主張をして、食事を続けたとされています。

この対応にホテル側は、他の客に心配をかけるとして、会場の端にある席に移動するよう要求するも、男性が応じないため、支配人が食事中に来て、客との約束を定めた宿泊約款に基づき、夕食代を返金しての退場を希望しました。

 
この騒ぎで、レストランの厨房から板前らも応援に来て、男性に詰め寄っての押し問答となり、現場が混乱して収拾がつかなくなったため、警察にも同席してもらおうとホテル側が110番通報し、松本署の警察官ら10人近くが駆け付け、警察を介した男性とホテル側との話し合いは深夜まで続いたとされています。

その後男性は、翌朝もマスクを着けずにバイキング会場に来たため、スタッフが入場を断ると、男性は拒否して揉み合い状態になり、タッフを振り切って入場しようとしたため、ホテル側はまた110番通報し、警察官らが駆け付け、男性とホテル側が再度話し合いをするといった状況に。

スポンサーリンク


ピーチ騒動の映像がまた広がる

こちらは、ピーチ騒動時の映像とされる動画です。

スポンサーリンク




ピーチ騒動後にテレビ出演で討論(回答)の様子

下記は「マスパセ」さんがテレビ番組に出演した際の映像です。

スポンサーリンク




今回の騒動について本人がTwitterやブログで報告

今回の騒動や、ピーチの件についてなどについて、本人がTwitterやブログでその詳細を報告しています。

・Twitter

・ブログ

 

スポンサーリンク


新たな騒動話題にネットでは批判殺到!

サービスを提供する側にも拒否する権利はあるかと思います。それをわざわざブログに書いてなんの意味があるのでしょうか。

周りが嫌な思いをするという考えが、致命的に欠落している。
ただ迷惑をかけたいだけの人種なのだろう。損害賠償請求をして良いと思う。

こういう人物を野ばなしにすることがコロナ拡散の原因では?こういう人物は氏名と勤務先を公表してほしい。
こういう反社会性の強い人物に注意する権利は誰にでもある。個人的に注意するのはかまわないんじゃないか?

これだけコロナが蔓延して、誰が感染しているか分からないし、
ましてや自分さえも感染してるかわからない事もあると言われているのに非常識な客すぎる。
人間であり大人なのだから、周りへの気遣い、お互いに他人との安心の為になぜ素直にマスクくらい出来ないのか。ホテル側は悪くない。

トラブルを起こして注目されることが目的のイカれたやつなのでは?返金じゃなくて、迷惑料をたっぷり取るべき事案かと。
ただでさえ、経営に苦労しているホテルなのに、こんなトラブルメイカーが現れても下手に出て
通常客のように扱わないといけないなんて、そして居合わせた客の方が返金して欲しい気持ちだったろうに。

お店はお店の最低限のルールがある。マスク着用義務という場合は、
それを理解した上で利用するかどうかを決めればよいだけで、法律が云々とかのレベルではない。
こういう輩やホリエモンのような社会的マナーを守れない人は、
マスクしなくても良いですよというお店に行けばよい。ただそれだけの話です。

~こちらも読まれています~
×