MENU
その他のニュース

宝塚市、愛犬死亡のペットサロンの名前は何?トイプードル「ティファニー」トリミング中にハサミがのどを貫通で飼い主が提訴

2020年5月、兵庫県宝塚市のペットサロンで、トリミング中の愛犬がハサミで喉を傷つけられ死んだとして、飼い主の夫婦らがペットサロンを経営するトリマーの男性に対し、損害賠償を求める裁判を起こしたことが注目を集めています。

動物の美容院というべき場所でおきたとされる死亡事故、何が起きていたのか?

スポンサーリンク

兵庫県宝塚市のペットサロン、愛犬が事故?で死亡、、

この事故が起きたのは、2020年5月の中旬(20日前後?)とされています。

大阪府内に住む夫婦らが飼っていた8歳のトイプードル(名前:ティファニー、8歳)が、兵庫県宝塚市にあるペットサロンでトリミング中にハサミで喉を深く傷つく事故が発生し、動物病院で手術を受けるも、その怪我が元で約10日後に死亡しました。

この事故を受け、「通常のトリミングでは生じることのない深い傷を負わせていて重大な過失があった」として、大阪府に住む夫婦らが、ペットサロンを経営する男性に対し、慰謝料など約350万円の損害賠償を求める裁判を大阪地裁に起こしました。

この訴訟に対して店側は代理人弁護士を通じて以下のように伝えています。

「怪我をさせたのは事実だが故意ではなく、訴状が届いていないのでコメントは差し控えます。」

スポンサーリンク


怪我は故意?事故?双方で食い違う証言と主張

この死亡事故に関してペットサロンの店主は、飼い主らに対して下記のように説明をしたとされています。

「はさみを上向きにして顔の部分をカットしていたところ、ティファニーが急に伏せの体勢を取り首が傷ついた」

これに対して、ティファニーを治療した獣医師は「その程度では食道が切れるまでのけがにはならない」との診断したとされており、夫婦らは「店主がはさみでわざと傷つけた可能性がある」として訴訟に踏み切ったようです。
※怪我はのどを貫通するものであったとされています。

 
また、店側からは代理人弁護士を通じて説明して以下の説明があったともされています。

「顔の下が影になっていたのでよく見えなかったが、ティファニーがトリミング台から足を踏み外し、体重が前にかかったところに動かしたはさみが重なってしまったのではないか」

スポンサーリンク




死亡のトイプードルの飼い主らがSNSに投稿

今回の死亡事故に関して、飼い主とされる人物のInstagramと、NPO法人のTwitterの投稿がありました。

この投稿をInstagramで見る

. . ⚠️2枚目閲覧注意‼️. . 愛犬ティファニーがトリミング中に喉を刺され、3度の手術の甲斐も無く、2020年5月30日に8歳2カ月で息を引き取りました。食道を貫通、筋肉を切断するほどの異常で且つ不可解な怪我であったうえ、トリミング店の不誠実な対応により、家族全員が 苦しめられました。 愛犬が刺されて亡くなるまでの10日間、トリミング店から面と向かっての謝罪、説明は一切ありませんでした。また、手術の際には獣医が説明を求めたものの、「切った、覚えていない」との不可解な 回答しか得られず、責任感の欠片も感じることができませんでした。 特に衝撃的だったのは、愛犬が亡くなる当日、緊急で3度目の手術が行われることと、手の尽くしようがなければ安楽死が待っていることを伝えましたが、返事も無く病院に様子を見に来ることもありませんでした。 初めてトリミング店から自宅に連絡を受けたのは葬儀当日で、葬儀に参列したいとのことでした。やむを得ず了承しましたが、翌日「お別れとお詫びが出来て良かったです」 とLINEでメッセージが届き、愕然としました。元気だった愛犬を奪われた挙句に何の説明もなく、何のお詫びが出来たのでしょうか? この店の実態を見抜けず、愛犬を預けてしまったことを悔やんでおり、第二の犠牲者が出ないことを願っております。. . . #トリミング #犬好きさんと繋がりたい #愛犬家 #犬 #🐶 #❤️ #家族 #いぬすたぐらむ #dog #ペットロス #トイプードル #愛犬の死 #宝塚市 #トリマー #事件 #裁判 #謝罪 #ティファニー #死 #無駄に #しない #2度と #起きない #願う #祈る #🙏

tiffanymama.ky(@tiffanymama.ky)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

10月11日に愛犬ティファニーが(8歳)トリマー兼オーナー(男性)に、トリミング中に突然 伏せしたと言う理由それだけで、ハサミで首を食道まで貫通するほど刺され亡くなって100日を迎えます… 未だにいつものようにトリミングに出しただけで、こんなに辛く悲しい出来事が訪れるなんて夢にも思っていませんでした… トリマー本人から、ティファニーの首をハサミで食道まで貫通させ死にいたるような傷を負わせた本当の本当の理由、そして何故ティファニーが怪我を追うことになったのか教えて欲しいのですが… 何も覚えてないとの一点張り… 何も理解できない私たち家族はとても辛く苦しく悲しい思いでいっぱいです。 二次被害が起こらぬよう 拡散よろしくお願いします。

tiffanymama.ky(@tiffanymama.ky)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク




愛犬死亡事故のペットサロンはどこ?名前は何?

飼い主とされる人物らの投稿情報をもとに調べた際、「宝塚市 トリミング ペットサロンRISA」といったキーワードでの検索をすると1件のペットハウスの情報が出てきますが、裁判のために名前などは伏せられているようなので、こちらでも伏せています。

※ただし、口コミなどが1件のみで、上記であるのかは現状では確証が得られていないので注意。

スポンサーリンク




ペットサロンでの愛犬死亡事故にネットの反応は

トリミングの台から落ちて亡くなったってのは前にあったね。うちは猫だけどカットの時に鎮静剤をうつと言われたので自分でカットしてる。

うちの子も耳の付け根を傷つけられたり、切らないでと伝えていたお尻回りをカットされたりとかあった。
その時、なんの説明もなかったなー。こういう奴らって、犬猫はしゃべらないから伝えなければバレないって思ってそう。
故意じゃなかったからなんだって言うんだよ。

インスタで見た子かも!違う子だったらスミマセン。その子だったら本当に酷く痛々しいキズだった!
皮膚を切ったレベルじゃなくて、完全に喉を切った感じ!毛を切るような優しい力では絶対に切れないようなキズ!
でもトリマー本人(店長だった気が…)は認めていなくてちゃんとした謝罪もないとか…

トリマーだけどその言い訳は無理があるわ。流石に犬の体重がかかって刃先がそのまま刺さってそんな深い傷になることはないよ。
どんだけ鋭利な刃先してんだよ。故意に刃先が刺さるように固定したとかじゃないとね。
ただ、いくらなんでもこんなバレバレな怪我を負わすメリットがトリマーにもないから故意というよりは不注意が原因だとは思うが。

これ、喉を貫通してるんです。傷なんてもんじゃありません。貫通するって、どれだけ力がくわわったのか、、、
トリミングからかわいくなって帰宅するのを心待ちしてただろうに…
飼い主に喜んでもらうために、どれだけ拘束されてるのを耐えてただろうか…
自分のペットが同じような目にあわされたと思ったら、このトリマーに対して怒りがとまりません。

まず、顔の下にハサミが行ったとしても、刃先は自然と顔側から離すのが普通のトリマーの動きで意識せずにそうなる
トリミングのハサミを今日まじまじと見たけど、どのハサミも先端は角が取られていて尖っていなかったし、
切る瞬間以外、刃が閉じた状態をキープするのはトリミングの学校に入って犬の毛を切る前に教わる基本。
犬は勝手に動くものだし、どのトリマーだって怪我させないようにやっているので、どんなハサミを使ってどういう体勢でやってこんな事が起きたのか知りたい。

~こちらも読まれています~
×