その他のニュース

千葉、黒染めスプレー騒動の県立高校はどこ?弁護士会が警告書を提出!生活指導か体罰か?問われる学校の指導方法

2020年11月6日、千葉県の弁護士会が県内の県立高校で2019年3月に、女子生徒の髪先が赤みがかっているとして、生徒指導の教諭らがごみ袋をかぶせて髪に黒染めスプレーを吹きかけたことは「体罰に準ずる行為である」として、県教育委員会や学校に警告書を提出したことが明らかになりました。

近年、教師による「体罰」は大きな問題として取り上げられ、度を越える怪我を負わせる「傷害」事件も度々発生しており、この行動が今後にどのように影響していくのか。。

スポンサーリンク

千葉弁護士会が県立高校に警告書

この騒動の発端となった出来事は、2019年3月のこと。

当時、千葉県の県立高校で、女子生徒の髪先が赤みがかっているとして、生徒指導の教諭らがごみ袋をかぶせて、髪に黒染めスプレーを吹きかけるといった対応が行われたとされています。

この対応に関して、女子生徒の母親が弁護士会に人権救済を申し立て、今回の「弁護士会による警告書の提出」といった対応が行われました。

 
この件を受けて千葉県の教育委員会は、事実関係を認めた上で「同意に基づいた指導だった。詳細は学校に確認している」と説明をしています。

弁護士会側の見解としては、黒染めスプレーをかける行為は「精神的に大きな屈辱を与え体罰に準じる」として原則的に生徒指導に用いられるべきではないとしています。

スポンサーリンク


警告書が提出された千葉県の県立高校はどこ?

今回の騒動が起きている千葉県の県立高校について、現在までにその情報は明らかされていません。

2020年6月のことですが、以下のように似たような事例が同じ千葉県で起きていますが、この学校が同じ学校であるのかは現在までに不明です。

千葉県北西部の県立高校で、校則を理由に教員が女子生徒1人の髪に黒染め用のスプレーをかけたことが29日、千葉県議会文教常任委員会で明らかになった。同意を得たと説明する学校側と、強要だったとする生徒との間で主張が食い違っている。

県教委によると、生徒は新型コロナの緊急事態宣言解除で学校が本格再開した今月1日に登校した際、髪の明るさが目立ち「脱色、染髪は禁止」との校則に反するとして指導を受けた。

8日の再検査で改善が不十分とされ、学校側はスプレーで黒染めして登校するよう求め、翌9日も状況が変わらないとして教室とは別室で女性教員2人がスプレーをかけた。他に教員2人が同席。スプレーは生徒が持参していた。

常任委で質問した県議によると、生徒はこの間、美容院で1回、市販の洗髪剤も2回使い黒染めしていた。前年に髪を染めたことがあり、色が抜けやすかった。保護者は頭皮が傷むなどとして学校側に配慮を求めていた。生徒は保護者に「4人に囲まれ同意せざるを得なかった」という趣旨の話をしており、この出来事の後で学校を休みがちになっているという。

一方、県教委の聞き取りに学校側は「生徒の同意を得ており、強要していない」と主張。県教委は「学校側の対応を確認していく」とした。

スポンサーリンク




学校での黒染めスプレーは指導?体罰?生徒の違反の有無は?

弁護士会が警告書を出すまでに発展したこの事例、全国的にも同様の事例が多くあり、大きな問題となっているようです。

そもそも、他人の髪を勝手に染めるといった行為は「暴行罪」に問われる可能性がありますが、これまで指導の一環といったことで公にされずにいましたが、ネットの発展や、個人の情報発信(SNS)などが活発になってきたことで、こうした隠蔽されてきた事例が明らかになってきました。

あらかじめ校則で決められていることであれば、校則を守らない側に非があることになりますが、学校側の校則にも未だにおかしなものも多くあるようです。

例として、髪を染めることはNGとしつつも、「金髪の外国人留学生でも規則で黒染めさせる」といったように生まれつきの髪の色を指導として黒に染めることはOK、といった意味不明な主張をしている学校もあります。

 
こうした騒動を避けるために「地毛証明書」といったものを導入している学校もあるようですが、そうした背景があっても強制的に染められた、指導という名目で体罰(暴行)を受けたといった話も多くあり、一昔前まで治外法権化されてきた学校にメスが入りつつあります。

スポンサーリンク




ネットの意見は?

赤みがかっているのが生まれつきだったなら、生徒指導の教諭らは、有無を言わさずに懲戒免職でいいと思います。

そこまでやらないと秩序が守れないような学校なのだろうか。学力が非常に残念な生徒しかいない証明になりそうだ。
学校側の対応もおかしい。校則違反で停学を連発して退学させるなり学力不足で留年させるなり手はあるのに。

元々髪の毛が赤みがかかっている人もいる。生徒の態度がどうとか関係なく体罰はやってはいけない。
生徒の態度がどうのって体罰やDVを肯定する輩って自分は何をやっても許されると思い込んでいる。

校則違反なら停学なり退学なりで良いのでは?停学で出席日数足りなくなったらそのまま留年させればよい。
自分(親含む)のせいなので。真面目に校則守ってる生徒に示しがつかないからね…。
当然だけど、地毛なら染める必要はない。地毛なら悪いのは完全に学校側。

スポンサーリンク




最後に

千葉県の県立高校での強制髪染めを端に発した騒動。

現状では、明かされていない情報も多くどちら側に元々の原因があるのかなどが不明なため、引き続きこちらの件については判明次第情報を追加更新していきます。

~こちらも読まれています~
×