その他のニュース

【映像】安藤優子が炎上!その理由がヤバイ、、グッディ中継で熱中症のリポーターへの対応に批判殺到【放送事故】

8月19日に放送されたフジテレビ系の情報番組「直撃LIVEグッディ!」中、熱中症とみられる症状でリポートを続けられなくなった女性リポーターに対して行った安藤優子キャスターの対応が批判を集めています。

当時はどのような状態だったのか?情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


グッディの中継でリポーターが熱中症、対応に批判、、

この出来事があったのは2020年8月19日(水)に放送された番組中の出来事。

そのリポートが行われた時間は午後2時すぎで、時間帯は日中でも一番暑くなるといわれる時間帯、炎天下の京都、渡月橋の様子を伝えるものでした。

暑さで様子がおかしくなりつつあるリポーターに対して、笑いながら中継を続行させようとした行為が批判を浴びています。

事前に取材していた街の人の「ペットボトルを凍らせる」「キュウリを持ち歩く」などの暑さ対策を紹介していたが、「あと何だったっけかな…。暑くてボーッとしています」と思考が飛び、キョロキョロと視点が定まらないまま「(スタジオに)お返ししておきますね」と、リポートを中断しようとした。

これに対し、安藤キャスターは「返しちゃうの? 私、返されたのね?」と大笑い。

詰問され「準備していた話があと3つあるんですけど、えー…」と言葉が出てこない女性ディレクターに対し、さらに「もう1回お返ししていいですかー」と陽気に中継を続けさせようとし、万策尽きた女性ディレクターが「返しちゃいますよね。そうですよね…」と棒立ちとなった。

みかねた高橋克実さん、カンニング竹山さんがフォロー

危機を感じた番組のもう1人のMC、高橋克実さんが「休憩した方がいい」と割って入り、カンニング竹山さんも「早く車に入って休んで!」とし体調を崩したリポーターを気遣う一面があり、安藤キャスターとの差が大きく表れています。

今回の出来事に対して、ネット上では「完全に放送事故」「倒れるまでやらせるのか」と非難が殺到しており、Twitterなどもで大炎上しています。

安藤キャスターに関して「人間性を疑う」「キャスター失格」と厳しい声が飛んでおり、炎天下など危険な状況でのリポート自体を「やめるべき」という意見も出ています。

スポンサーリンク




グッディは9月で打ち切り!

問題となった「グッディ」の番組は2020年9月いっぱいで打ち切りとなる予定で、前番組の「バイキング」に吸収される形となります。

今回の件に関してフジテレビの関係者の談として以下の発言があったようです。

9月降板が決まったことで緊張感がなくなったとしか思えない。これまでは数字を気にして発言していたが、最近の安藤さんは自分の思ったことをそのまま発信しているイメージ。ある意味、これが〝素の姿〟なのでしょう。

安藤キャスターは過去にも度々炎上騒動をおこしていますが、終了までもうすぐの番組であることで気の緩みが出たのかもしれません。

スポンサーリンク

熱中症は命の危機

中継があった現地の気温は40度を超える、かなりの高温であり、炎天下の元で日が当たる場所で帽子などをかぶっていない状態であり、さらにマスクをしていたことでさらに体感温度は上がっていたと思われます。

この状態では熱中症に加え、呼吸困難などを起こしかねない状態であり、かなり危険な状況です。

また、映像ではごく短い時間だけのレポートであると思われるかもしれませんが、現場のリポートでは、スタジオからふられる前の準備からしておかないといけないため、実際には準備を含めてかなりの長時間を厳しい状況で待機していたと思われます。

場所は違うものの、熱中症での死亡は都内だけでも8月に入って100人を超えるほど危険なもの。

命に係わる状況においての対応に批判が集まる理由としては十分だと思われます。

スポンサーリンク




ネットでは安藤優子キャスターに批判殺到

いつも思いますか、台風も熱波も命の危険を冒してまで現場から伝える必要はないのでは。ましてやそれを継続させようとするなんて論外です。

安藤優子が他人を馬鹿にした態度を取るのはいつものことだけど、命に関わることにまでとは最低最悪。ずっと使い続けたフジテレビの問題。明日打ち切りでもいいよ。

この方の本質ですよ。検索すれば結構な事が出てきます。無神経な発言や態度はちょくちょく。どうせ降板ですし緩んでるだけでしょう。

安藤さんはスタジオの涼しい環境にいて相手のリポーターは炎天下の中で一生懸命伝えようとしている。
リポーターの状況をみて身体の心配してあげない所は日々の性格が出ているのでしょうか。
笑い話にするのではなく、もう少し思いやりのある対応をしてあげてほしいと思いました。

「私の若いころはそんなもんじゃなかった」と言う事が根底にあるのでしょうね。お婆ちゃんの若かった時と違い今の暑さは「異常」です。
それが夏の間ずっと続いている自分はエアコンの効いた部屋で作り笑いしてれば多額のギャラが貰えるでしょうが外の人間はそうもいかない。
死んだら責任とれるのでしょうか?「人を思いやれない人はTVに出すべきではない!」

まさに熱中症のレポートでわかりやすかった。涼しいところでいる上司や同僚の危機感のなさがさらに状況を悪化させる構図だ。
熱中症で意識がとんで無防備に転び骨折することもありうる。リスクをおかしてわざわざ取材に行く気温ではない。

スポンサーリンク




Twitter上では様々な意見

~こちらも読まれています~
×