その他のニュース

トウ皓文くんの容体は?三重県紀北町上里の大河内川で11歳男児が川で溺れ重体、、原因は何?場所はどこ?

三重県紀北町の大河内川で7月18日の午後、小学6年生の男の子が川底に沈んでいるのが見つかり、意識不明の重体となる事故が発生しました。

暑さも激しくなってきたこの時期、毎年、海や川遊びなどの水場での遊び中に死亡する事故が増える中、また起きてしまった事故、、

その原因は何だったのか?今回はこの事故について調べてみます。

スポンサーリンク


三重県紀北町上里、大河内川で11歳男児溺れる

この事故があったのは2020年7月18日(土)の午後3時20分ごろのこと。

三重県紀北町上里の大河内川で小学6年生の男の子、トウ 皓文くん(11)が川底に沈んでいるのを近くにいた男性が見つけ、119番があり、通報により駆け付けた救急車によって心肺停止状態で救急搬送されました。

皓文くん発見は、付近にいた40代の男性が午後3時ごろに1人でたも網を持って遊んでいるのを見かけていましたが、その後、男児の姿が見えなくなったことに気づき周囲を捜したところ、午後3時20分ごろ、川に沈んでいるのを発見し男性に岸に引き上げられました。

事故の原因は何?容体は大丈夫?

川でおぼれた皓文くんですが、当時家族に告げずにに川へ来ており、事故の1時間ほど前にひとりでタモ網を使って、魚やカニをとっている様子が目撃されていました。

現場の状況などから魚を捕る際に誤って川に転落して溺れた可能性が高いとみられていますが、さらに事故の原因が調べられています。

 
病院搬送時には心肺停止状態で搬送されていましたが、病院で呼吸や心拍は戻ったようですが、引き続き重体の状態が続いているとされています。

スポンサーリンク

小学6年生男児がおぼれた場所はどこ?

事故があったのは大河内川の川岸のようです。

詳しい場所については不明ですが、地図で見ると小石などの砂利で川の中ほどまで入っていけるような場所も多かったようです。

三重県紀北町上里 大河内川

スポンサーリンク




川遊びで溺れる子供続出にネットの声は

近くにいた男性が気にしてくれたから命は助かった。助けられた命、頑張れ!頑張れ!生きて!届きますように!生きて!意識が回復して、元気になりますように!!

20分で見つけてくれた人のおかげで心拍も再開したのかもしれない。後は、子ども自身の回復を信じたい。

我が子が小学校4年生になり、友達とバス釣りに行きたいと言ってくるが、怖くて許可を出せない。小学生の間は我慢させようと思いました。どうにか意識が戻ってほしいですね。

私は外仕事なので、時々川で魚取りしてる子供を見ます。「気をつけなあかんよー」って声をかけるときもありますが、「危ないからやめなさい」ってまで言えませんもんね。
でも、こんなことが起こると子供も気の毒ですが、通報した人も悔いが残りますね。

川のさくを乗り越えて、不安定な管の上に登って釣りをしていた小学生がいて、危ないなぁと見ていたら、
散歩していたおじいさんが危ないから止めろと叱ったのだけれど、その子は大丈夫でーす、と馬鹿にしたような言い方で聞く耳持たなかった。
もちろんライフジャケットも着けてない。他人で注意してくれる人なんて貴重な存在なのに…

早期の救助は子供のことを見てくれていた男性のおかげですね。
こうして他人の子供でも気にかけてくれている人は大変ありがたい存在ですが、最近はこうした声かけでも不審人物とされて警察に通報されたり(職務質問)、人とのつながりがどんどん希薄になってきている気がします。
以前はこの問題で迷子の子を見つけた方が警察に連絡をするも、警察が来るまでは一緒にいてあげられなかったこともあります。
事件などが多いためそうしたことに気を付けることも必要なことですが、難しい問題ですね。。

~こちらも読まれています~
×